株式会社レップワン 代表取締役 福田兼児

株式会社レップワン
代表取締役 福田兼児

プロフィール


派遣から始まるトータルサポート
株式会社レップワンの専門職、派遣サービス特設サイト
レップワンの実績検索ナビ
レップワンの実績検索ナビ
株式会社レップワン
会社公式サイトにリンクしています。
企業情報システムのノンストップ運用を支える、インフラに特化したIT技術者の常駐サービスを提供しています。
Replog! 株式会社レップワン スタッフによるブログです
株式会社レップワン スタッフによる公式ブログ
鋼鉄セキュアサービス
Cisco ASAシリーズで安心の日々を。
Oneway Good Communication from Osaka Japan
大阪近郊のおすすめ情報を英語で発信しています。
カテゴリー
バックナンバー
TOPページ > 2015年3月のエントリー一覧

絶妙のタイミングで遠方でLCCが墜落したようだが、私には関係も影響もない。

この秋に、人生初の欧州旅行を画策している。

同様にLCCのエアベルリン、ブエリングに乗る予定なので多少身の回りの整理をしてから乗ろう。
 

ともあれ、事故前に書き出した記事であり、後学、共有のためにエントリーする。

hooligan.JPG 

フーリガン での 輪行 on Peach について

 

■持ち物

 レンチ(4mm、5mm)、エンド、輪行用バッグ、ハンディ空気入れ、

 

■キッティング(慣れれば外し、組み立ても10分程度でいけるようになる。)

 1.後輪を外す。レバー 一発でできる

 2.変速機部分を5mmのレンチで外す。緩衝できる部材(古Tシャツとか)で保護

 3.エンドを付ける。

 4.ハンドルをゆるめる。

 5.サドルもゆるめる。

 6.空気も抜く(機内での気圧の関係)。

 7.外した部材を適当にボディに固定し、輪行バッグに入れる

  思い切りはみ出しているが、受け付けてくれた。

  Peachの場合は事前にコンタクトセンターで「自転車があるんじゃい! 」と予約しておく。

  cocoon.jpg


【ノウハウ】
 Peach で 輪行の際、特に気を付けること。

 那覇空港のLCCターミナル(貨物便と共用)には、ゲートがあって自転車で乗り付けられない。

 余裕をもったスケジュールを組み、

 国内線ターミナルのバス乗り場4番から、LCCターミナル行バスにおとなしく乗車すること。

 

 バスを追っかけて、「乗せて!」と言ったが、運転手から「バカかこいつは」扱いをされる。

 ゲートにいる警備員に

   「どうやったら入れるんだ!」

    と聞いても

   「入れません!」

  という、ビックリする応酬が行われる。こら! How をきいとるんじゃ。

 

   安物買いの銭失い、とはこのことだわ。

 


   ガックシの中、ホテルを空港近くで取り、朝8時のANA便(JALは好かん)、

  正規料金 (しかもピーク運賃)で寝て帰阪する。


 
 
【損失】
 1. レンタカー代(名護~那覇空港):約7,500円
2. ホテル代:6,000円
3. ANA 正規料金(那覇~関西):40,800円
 
 
  約6万円・・・
  
  
  この利益を稼ぐのにどれだけ時間と手間がかかるか!
 
 
【結論】
 ぶつぶつ言うなら、「空飛ぶバス」に乗るなよ。ということだ。
 
 だんだんとPeach客層の、「深夜バス感」に疲れてきている。

 今回の損失の元を取るまでは乗り続けたい。

 が、レガシーの「特割75」などを利用すれば、変わらないんだよな~。

 めげずに4月も輪行で島めぐりする。来月はANAだが!
 

 





■ぶつぶつ・・・その1

 飛行機に乗り遅れた(人生初)後の、徒労感たるや!
 


 peach_naha.jpg

 

 3万円超え?

 人の足元を見たダイナミックプライシング。思わずキャプチャした。


 Peachには優秀な、「プライシングマネージャ」がいるらしい。
  ※ホテルなど、プライシングマネージャという職があるのだ。

   

   つまり需要予測と価格戦略。
   プライシングは商売の一番の肝なのだ。
 


 こういうこともあるんじゃないかと、2,3日前にチェックして
 いたら、その時は1.5万円程度だった。倍以上に上がっている。
 
 

 くやしさを胸に、帰阪後すぐに、

 

 求人広告会社(en-japan)に 2回 / 60万円 の求人広告掲載を申込む。

 担当営業を変えてくれ、と言ったにもかかわらず、

 零細企業には、「御社と私をわかっている」と主張する同じ担当がつく。

 60万円の商品なのに、素晴らしい。

 

  「キミの仕事には軽重がないのよ。つまり、客が何を大事にしているか全くわかってない。

   ・何について言うのか

   ・結果とその理由

   ・で、どうするのか。どうすればいいのか。

  エクセルで伝えたいことを一覧化してくれ。そうすれば抜け、漏れはないだろう。」

 

  とコミュ障全開で毒づく。


  Findjobにも、ポチッと掲載する。
  

 


 仕事はある。人がいないんだ。

 

 は、どこも同じ。

 

 

 どういう企業で人は働きたいのか、ということを考えるべきなんだろう。

 

 当社は本質を大事にする企業でありたい。足の引っ張り合いなどとんでもない。

 

 

 ともあれ、6万円の損失 + ふざけんな Peach(いくつかの改善要求) !
 
 
 が、私の枯れた心に火をつける。その2に続く。


タイトルは楠木健教授が定義していることだ。

 

「一人で自転車で島めぐり? 何がおもろいの?」
 

 

とも言われるが、私にとってみれば、
 
 

「~会の主宰?幹事?うん百人の社長?部長?

 大変そう。とてもできんなぁ。」
 
 

となる。

 

「キミはイタリアンが食べたいの? 僕は中華。じゃあ、別々に食べればいいよね。」

 

となってしまう。

 

 

アンタ代表じゃないか! であるが、人数、関係性の問題。

「自分に頼られないスキーム作り」を常に意識する。

 

 

畳と女房は新しいほうがいい。

ワインと女房は古いほうがいい。
 

 

どちらが良い、悪い / 正しい、正しくないではなく相性。
私は、自分一人で自転車をこぎたいタイプなのだ。
 

 


yoron_4.JPG
 船(クイーン コーラル プラス)の場合は、1,020円を払って洋室2等にアップグレードしたほうがよろしい。
 和室2等はちょっとさびしい。


yoron5.JPG

 沖永良部島 伊延港。南風が強いと当初予定の和泊港には着かない。

 あの西郷隆盛が流刑になった島らしく、上陸の碑があった。

 敬天愛人、か。人に担がれる天命、天分があると大変だわな。

  

yoron6.JPG

 沖永良部島でのワンショット。ここはハワイか、と見まがう。 

 島を一周コキコキ。 来る価値あった! と。


6月に知人と英検準1級を受験することにした。
 

ずらした年末年始休暇という主張で、島めぐり第1弾。

 
やっぱりピーチ。自転車を積んで、鹿児島に飛ぶ。
フェリーで、沖永良部島、与論島とめぐり、
沖縄からまたピーチで帰ってくるという行程だ。
 

yoron_1.JPG 
 マリックスラインを選択する。桜島。

 

yoron_2.JPG
 荷揚げ、荷積みはさながら戦場だ。RORO船のランプから初めて自転車と共に乗った。
 船会社のお兄さんたちはとても優しい。
 

 
 yoron_3.JPG

 日の出。奄美大島。

 

 

旅先で、普段とは違う景色や人と触れ合ったほうが、
仕事にとっても、よい啓示に合うのではないか。
話のネタにもなるではないか。
 
 
どこか息苦しい、マンネリな日常に、疑問を感じる。
もっと、気安くていいのではないか。
きっと、楽しいのではないか。
 
こんなにちがう ヨーロッパ各国気質 32か国・国民性診断

こんなにちがう ヨーロッパ各国気質 32か国・国民性診断


先日、こちらの本を読んでいた。

著者の強烈なレッテル張り具合が面白い。フィンランド人など、宇宙人扱いされている。

各国の当たり前の違いにビックリした。ノルウェーでは、個人の所得から何からオープンらしい。

 

日本での当たり前は、世界で当たり前ではない。

都会の当たり前は、田舎では当たり前ではない。


男女関係というものは、労使のように利害関係 や思考回路 が原則として平行線である。

と、考えてしまう。

 フィル・コリンズ easy lover

   彼女はやめといたほうがいい。手におえないよ。という歌。

   イントロでピョンピョンはねるのがかわいい。 

 

 

さて・・・そんなことはどうでもよく、最近気づいたことに

 

 

決裁権のある顧客(DMU=Decision Maker Unit)や、

関わる重要な方々の中で、だんだん年下が増えてきた!

 

 

ということだ。

 

 

顧客のリーダクラスであったり、評判の仕事人だったり。

私は今年40歳、30代の将来ある方々が増えるのは当然だろう。

 

 

 「あれ、76(ナナロク)世代ですか! (つまり私の1つ下)」

 

 

というやりとり、機会はどんどん増えるはずだ。

 

 

昨夜、接待後に一人で軽く食事をしていると、今時の若者が隣だった。

彼らの多少大きな声で、内容が聞こえてきた。医師だった。

 ※カウンターで、急患がどうこうとか、若さゆえに仕方がないだろう。

  そのうちに、個室族になるはずだ。

 

 

若くしてリーダーとなる、高邁な職業に就く彼らは、

若かりし頃、今の不断の努力によって、覆りがたい将来が約束されている。

 

私も最近、専門外のことに関しては

 

年下のプロフェッショナル

 

にゆだねることが多くなった。

 

 

当たり前だが、今後の時代は、若い彼らが創っていく。

役割を終えた or ラインから外れた80%以上の働きアリは、

巣を創ることはできず、去るか、ロータスイーター、消費者になるしかない。

 

はっきり言って、

 

 

40代になると、その後のキャリアにさほどのブレはなくなる。

ほとんどの50代など、(過去のキャリア)の惰性で走って(歩いて)いるに等しい。

 

 

過去の話をするようになったら、冷静に周囲を見渡してみよう。 

 

 

「年下・・・」

 

 

というバカげたプライドは早々に捨てることだ。

 

 

なぜなら、現在市場価値はあなたより

(努力を怠らない、時代にフィットする)彼らのほうが高いから。

 

人間の普遍性は、年齢と共に重みも出るだろう。

もちろんろくな経験・責任・努力が無ければそれもでないが。

 

 

今の将来は、過去・現在が創る。

 

 

まさに、慣性の法則。

 慣性=習慣

 感性=感情

が今を創る。プロセスが同じなら、結果は見えている。

 

それを覆す(つまり、過去を覆す)には、よほどの努力か、環境変化が必要。

 

 

ということだ。

 

世界中のエリートの働き方を1冊にまとめてみた: グローバルエリートは見た!投資銀行、コンサル、資産運用会社、プライベート・エクイティ、MBAで学んだ15の仕事の極意、そしてプライベートの真実

グローバルエリートは見た!

 

こちらの本の舞台はともかく、語り口が軽妙で自宅のトイレに置いてある。

便座中にたまに読むが、

 

 「(相手を見抜き)年下に気持ちよく抜かれ、フォローすること。」

 

と、快活に指摘している。

 

 

さて、前半の結果であり、オマケのような残りの人生をどうするか。

バカバカしく生きるのも、一念発起するのも自分次第なのだが。


世間の英雄や、化け物のような金持ちがたくさんいる北新地において、

私の顧客価値などゴミみたいなものだ。

 

 

そんなレッドオーシャンに、色恋しにいっているわけではなく、

 ・世間の景気のいい人たちを見に行く。どんな業界がどうやって儲けているかネタを聞く。

 ・で、ちょっと聞いてヨ。

なんだけどねぇ。

 

以前からそのスタンスに変わりはない。四惑。ブレなし。

過去の引用1引用2

 

3558cea087639a13-358612-1.jpg

 

 

さて・・・

ストレス発散を逃げることでしかできない私とは対極の顧客と初めて食事ができた。

 

 

まず、一番うれしかったのは、別れ際に握手を求められたことだ。

二人の会話は、おもねるでもない、変な同調もなかったはずだ。

 

走っている、走ってきたトラックが違う。

交わることもない。 といって、共通項や共感が無かったわけではない。 

 

本音の話、「あっ!」という気づきの話。そういう話が一番楽しい。

 ※私がお酒をやめ、パーティは卒業!というのもあるから、タイミングが良かったのだ。

 

 

「福田さんは素直じゃないようだね。」

 

 

 と言われ、「えっ」と聞き返した。

 

「私は、 "素直"だから、(仕事面での)他人の指摘に対して自分を変えれる」

 

だと思っているんですが。

 

 

「素直というのは、ありのままを受け入れる。ということじゃないかな。

 何かにつけ怒っていても仕方がないでしょう?」

iStock_000007986598Small.jpg 

 

という談。 なるほど。

 雨や過去を嘆いても、文句を言っても仕方がない。受け入れるのみ。

という感じか。

 

確かにその方は、「過去は振り返らない、懐かしむこともない。」と言っていた。

 

まずは、受け入れる。

それから、どうするか。

 

その他、

 ・ストレスと同居する。

  部下が辞めると、それはショックだ。やりたいことを創れなかった。

  が、逃げても、向かっても仕方がない。

  ストレスは、頭の中にある。

  逃げれない。

 

 ・さみしさを感じない

  さみしくなる環境にいないからわからない。

 

 

毎日がハレの、キタではあまり聞けない至言の数々。

今、日常をいかに楽しむか。 

 


孤高といったら、他者を受け付けないようで響きが悪い。とても温和な方だ。

独立独歩が確立しておられる。

 

またご一緒するのが楽しみだ。 

 

 

んで、今日もキタ。年度の変わり目。

今年は、我ながらのびっくりのスケジュールだ。

 

 

カラオケは苦手なんだよなぁ。宴会、会食は半分仕事だろう。 

が、カラオケ=二次会って「半分趣味、嗜好」の領域だと思う。

 

つまり、興味のない(なくなった)人にはどうあっても関係ないこと。

もともと好きではなかったが、

 

カラオケ = 歌い手、聞き手 = チームプレイ。

 

があって成立するものだから苦手なんだろう。

 

顧客が歌い出したら、思わずタンバリンを手に取ってしまう悲しい性。

オトコ芸者は卒業だ。今後のためにも、対応策を練らねば。

 

 

仕事のストレスを、花街で。

花街のストレスを、仕事で。

 

 

か。


12
RSS登録