MENU

人が人を呼び、仕事が仕事を呼ぶ会社

Replog!大阪のITサービス会社Rep1代表のブログ

感情はガラパゴス化しないが。

2010.08.13 カテゴリー: 仕事日記

昨日、自転車で移動中にフト思ったこと。

「人材派遣業って大変ですね〜」

とよく言われて今までは、

「商品には、言葉と感情がついていますからね〜」

などと答えていたが、

「ヒトが商品であるということは、そこを工夫すれば、
 いくらでも磨きよう、変わりようがあるじゃないか。
 モノだと、生産ラインができてしまったら、そうそう変えれない。
 ウチのサービスは、人次第で変えることができるじゃないか」

ということに気づきました。なかなか前向きだ。

しかしその夜、IT業界の人と飲んだ時に、

「某クルマメーカーのカーナビは〜デンキが作っていて、その開発拠点は〜(関西の田舎)にあって、インド人が多い」

などと聞くと、マジか!です。東京ではよくインドの方を見かけます。大阪はまだかな、と思っていたのですが、海外の技術者の波がジワリジワリと押し寄せてきています。
 
ワインレストランで業界男性二人に、「福田さん、iphone、ipad無しはやばいでしょ。」と突っ込まれながら、スススと、

フリーランス検索サイト
http://www.freelancer.com/

なるものを教えてもらいました。英語だ。案件がオークションされている。
ソフト制作依頼をしても、インドコストは圧倒的に安いらしいです。まさに、ソフトウェアの時代。

感情=ソフトウェア
だとすると、肉体、存在=ハードウェア

かな。海外にある優秀なソフトウェアが入ってくる。もしくはハードごと。日本人の仕事が無くなっていく。大企業では海外での採用を主にする動きもある。
 

マネジメントだ、感情だ、と、とらわれていて、大きな流れに気づかない、見逃してしまうのは怖いなぁ、と思いました。

プロフィール

株式会社レップワン
代表取締役 福田兼児

Profile

関連リンク

記事カテゴリー

月別アーカイブ

2021年
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年