MENU

人が人を呼び、仕事が仕事を呼ぶ会社

Replog!大阪のITサービス会社Rep1代表のブログ

Social性 は必須か

2010.08.16 カテゴリー: 仕事日記

偶然、このブログの2007年のエントリーをご覧いただいた中国のソフト開発会社の総経理 から日本語で連絡を頂いた。北京から日本語で。そういう時代なんだ、と改めて思いました。

さて昨今、ソーシャルサイト、ソーシャルアプリなどが流行っているが、

Social = 社会的

と言うことで、匿名だろうが、実名だろうが、人やその人が発信した情報同士をつなげますよ、ということだろうか。さて、昨今話題のfacebook です。たまに見ます。最近こちらで、卒業以来、音信不通だった友人と画面上で再会がありました。
 
国際結婚をし、子供もいることがわかり、おめでとう、と。画面右側の「知り合いかも」で知ったわけだが、他にも知り合いらしき人がいる。どこから見つけてくるのか、何かロジックはあるのだろうが、少し気味が悪くもある。

また、同様に若かりしころ、友情よりかアグレッシブな時があり、繁華街や飲み会などで自分セールスをしていたのだが、
 
「ドラゴンレーダーみたいに、女性ステータス(ヒマ中:青、帰宅中:黄色、彼氏いる:赤)がわかれば成約率上がるのに!」
 
と思っていた。ところが昨今のITインフラ、アプリはそれを可能にしている。

面白法人カヤック、居場所がわかるiphoneアプリ・・・

同様の機能はドコモの「イマドコサーチ」でも十分できる。場所がわかり、さらにfacebookと連携して実名が特定され、ステータスを入力して状況がわかってしまえば、下手なことはできない。当然、

「気(電源)を消す」

ことによってレーダーには映らないのだが。
 
もちろん便利な使い方もできそうだ。営業マンに持たせたら、上司から見た「生産性安心レーダー」になってしまうではないか。プライベートで気が気でないではないか。
 
Social関係のサイトやアプリは、人と人をめぐり合わせる一つの方法であり、その場ではおのおのが持っている、要素の効果的な交換があってこそだと思う。
 
また自分クロニクルのように、「あの時ってこんなだったな」という振り返りも明日へ一つのきっかけだと感じた。どうせ再会するなら、「こんなことやってんだ。」と胸をはりたい。

プロフィール

株式会社レップワン
代表取締役 福田兼児

Profile

関連リンク

記事カテゴリー

月別アーカイブ

2021年
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年