MENU

人が人を呼び、仕事が仕事を呼ぶ会社

Replog!大阪のITサービス会社Rep1代表のブログ

戎祭とプライシングについて(1/2)

2014.01.12 カテゴリー: 仕事日記

なんとなく・・

いつごろからか毎年(2008年2009年2011年のログがある)大阪天満宮の戎祭に行くようになっている。

理由として、まさに「なんとなく」だ。大阪天満宮は

 ・事務所から近い
 ・人が多くない。

である。

「学問の神様」が商売繁盛の祝詞ねぇ。まさに、

  バイト

 じゃないか。

「大阪天満宮」は、「天神祭」「学業成就」で儲けているのではないか?

神様も「学問だけじゃ喰うていけん。」のか?神様も宗教法人であり、ある程度は商売でやっているのだ。2011年の天神祭参加のログにて、コメントあり。

また天満宮の近所には、それこそ本家の堀川戎神社があり、ちょっと遠慮しながら、細々と催しているところも健気でいい。

下記の食事の後に、「服部」にも行った。ここにも「天神」があり、また「戎祭」だった。まったくオイオイ・・な人通りだった。不景気や停滞ムードだと、まさに神頼みなのか。

これはこの神様、これはこれ、それはそれ、と日本の宗教観は都合がいい。


「餅は餅屋」もいいが私は

「神頼みの効果など、ない。」

と断言したい。「なんとかなるだろう」の典型である。

私が小学生の時、中学受験の際に、神戸のとある天満宮に親に連れられて行った。
子供ゴコロに、そのお参り中から

「不合格の自信200%」

だったが、予想通り、不合格だった。

大学受験は、それなりに自信があったので、神頼みしなくても合格した。

私の卒業大学の入試テスト結果に関しては、「国語」と「社会」で合格点に達しているはずだ。「英語」は当時からNG。

それが、事実だ。

さて、最近の年末年始は、10年来のビジネスパートナーと、同じ店でスシを食べている。

ところが、去年も同様に残り福後に訪ねた際、

 買った笹を、そのスシ店に忘れる。

となった。いつか取りに行こうと思っていたが

「まぁいいや。繁盛してる?」

「おかげさまで、してるっす。助かります。」

みたいな感じで店に再訪しても置いておき、以下フローの取り決めとなった。

1.新しい笹を、1/11の日に買う。
2.もちろん、値切る。
3.そのまま、スシ屋にいって、スシ食べる。
4.新旧を交換する。
5.古いものを天満宮に返しに行く。

2014 sasa.jpg
 証拠に撮っておく。

信心と、商売について


「えぇ!?笹、値切るの?」

 と、たまに言われるが、

「なんで?最終日だとさらに安くなるよ。」

 である。昔は

 買う者、売る者の口上が見せ所。

 値切った分(+アルファ)をご祝儀として、

 買った店においていく。というのが粋。

ということもあった。今の都市生活者にそんな人情沙汰はない。

天満宮で笹を買うのは、別になじみの出店でもない。
おそらく商店街の人か、氏子さんがハッピを着ているのだろう。

「これなんぼ? まけて。なんかつけて。」

実際、ウソみたいな値段がついている。単なる笹、ザルやん。
そこからの利益で、駆り出された方々のバイト代と、少なくなった寄進を賄う。

 帰りはどこにも寄っちゃいかん。福が逃げるから。

という類もあるが、100%迷信であろう。なんの科学的根拠もない。
「笹もって商売繁盛」ならだれも苦労しない。

なお、「科学」とは、

 100回実行したら、100回同じ結果が返ってくること。

と私は定義している。こういうと

 福田は、信心が無い

とも言われそうだが、

「どこの神に対しても、まったくない。

 が、信じている人がいる以上は、地域、信仰のしきたりには従うべきだ。

 顧客と従業者にだけは、信心を持つ。」

である。私が早世しようとも事故事件に巻き込まれようとも、

「バチがあたった。」などでは200%ない。

と言い切っておこう。

事実、私の弟など100%マジメ一徹、潔癖、神にも祈っていたようだが、病でさっさと亡くなった。

信心、過信、慢心、運、などは別の軸である。

「あいつは信心が無い」

 と言われる人間の、
  ・過信
  ・慢心
 は一つの傾向であるが、「万人の事実」ではない。混同はいかん。

そりゃ、宗教という集団行動から発生する利益もあるだろう。

私は、神への信心がない分、過信しないよう、慢心しないよう、戒めていかないといけない。

が、もちろん、なんとなくな、お参りはする。
神への依頼というより、自分自身に言い聞かせる類のものかもしれない。


が!

いきがっている私も、

「毎年買っているから、これで済んでいるのかもしれないな。」

という「とらわれ」が、「凡人」をさいなんでいる。
かといって事務所に、笹やら七福神などがいるのは、美観上もよくない。矛盾する。

戎さんは

商売=笑売のアイコン

としてはよい。が、枯れた笹が置いてあっても、

商売、神頼みっス

みたいで苦手だ。であるので、上記スシ屋も絡んだフローは自分の、

「なんとなく」

も解消でき、

「他人のため」

にもなってよろしい。この、

「なんとなく買っておこう、行っておこう」

こそまさに、ナントカ商法のカモである。で、買い手の必要性というか、惰性というか、打算の足元を見られたプライシングを飲むことになる。

プライシング(値付け)とは。

つまり、

 買い手が存在する、値段をつけること。

である。
買い手の最大化こそが、営業努力であったりマーケティングなわけだ。そして、

「値付けが一番肝」

であることは事実だ。
つまり、買う人がいれば、同じモノであっても、いくらでもいいわけである。

「なんでこれが、5,000円なの?」

 だとしたら

「買う人(その値段でほしい人)がいるから」

 ということだけである。

スシ屋の勘定も、

 ・時価
 ・伝票は一応あるのだが、明細はあってないようなもの

である。明細を細かくチェックするのは、無粋なのだろう。

そういう信心深さであったり、潔さ、人智を超えたものに謙虚になること、が大事なのかもしれない。

古来より、この狭い日本で肩寄せ合って生きる民族が、集ってハレとして祝い、定期的に穢れを削ぎ、戒めを再認識し、将来を祈る必要な儀式だったのだろう。

結局、経済(オカネのめぐり合わせ)も感情人情が作るのだろう。

が、最近は文明によって、対面的な接触はそがれ、ディスプレイ上の定量的なデータがまんべんなく提供され、違う感情の増幅増殖を加速させているようだ。

そういう感情を考えた時、

学問の神様が、友達である戎さんを自分のところで紹介、祭ってもつまらない。

と感じるのは私だけだろうか。
ここはひとつ、

学問の神様だからこそが作れる、アカデミックな商売の神

たとえばいまどきな

EBISU with MBA

とかをつくってはどうか。もとい、MBAが集まってもつぶれる会社は、つぶれる。
利益に対する、人的コスト、プライドが高すぎるからだろう。

が、この案も言ってはみたものの、

「人が集まる気がしない。儲かるとは思えない。」

つまり、

商売は、学問では語れない。
そもそも、「語る」モノではない。

というのが、10年経営をした私の感想である。

とはいえ、来年も大阪天満宮に行くのであろう。
「あのスシ屋のために」という言い訳と共に。

プロフィール

株式会社レップワン
代表取締役 福田兼児

Profile

関連リンク

記事カテゴリー

月別アーカイブ

2022年
2021年
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年