MENU

人が人を呼び、仕事が仕事を呼ぶ会社

Replog!大阪のITサービス会社Rep1代表のブログ

NOW EVERYONE CAN FLY 2

2014.01.22 カテゴリー: OFF・食

I was in Kuala lumpur.

酒を止めたから、加齢か、体質が変わった。皮膚科に行ったら、

「寒冷ジンマシン」

と診断された。夜間に走ったり、早朝にウロウロすると全身にジンマシンがでる。
ヒスタミンがどうとかこうとか。

体質が変われば、考え方も変わる。

 同じ人と、
 同じような場所・時間に、
 同じ酒を飲んで、
 同じことを話しても、
 結果は同じ。

改めて振り返ると、

「あれは、なんだったんだ」

というコトになるだろう。そういった

「絶対的に漫然としていて、答えのでない時間を共に過ごす」

ことも必要かもしれないが、時間は平等だ。
では、自分が変わるしかない。酒を飲まなくなった私は他人から、

「つまらないヤツ。」

といわれる覚悟はある。だから

「引き出しを持っておかないと、本当につまらないヤツになる。」

という危機感がある。相手に益を与えれない人間にだけはなりたくない。
また、どうせ飲むなら

「Let’s get a Party! 仕事など忘れて、果てしなくいけ。」

だ。

会席で仕事の話しかできないのは、無粋ではないだろうか。
酒を飲まないとできないようなこと(たとえば、カラオケとか)で、一定時間以上、過ごすことは、ムダではないだろうか。

今回のニ国目で気づいたのだが、

日本は、娯楽の選択肢がとても多い

こともあるだろう。

教養とか、趣味とか、チャレンジという経験の交換こそ、価値ある話、時間ではないだろうか。でも、そういう話が私には少ない。

また、イロだ、コイだにしても、一周した感はある。

 No one is perfect.
 Someone is the best.
 But it’s just a trick.

と考えている。異国に着いたときのほうが「ニヤリ」と、心躍る。

若いときに、「留学」をしなかった。
当時、気づけなかったのは痛恨の極みである。
が、もししていたら、ろくな人生を送っていなかったかもしれない。
となぐさめ、今の境遇に感謝をしている。そして、

以前より気になっていた、エアアジアに乗った。
 
aia asia LLC.JPG
 クアラルンプールのLCCターミナルに着く。これが市内から想像以上に遠い。

”was” ということは、「いた」ということである。
エアアジアのサイトを何気なくいじっていたら、

from 関西 to クアラルンプール
 =15,800yen

だったので、「安 !」と思って購入した。

プロモーションが走ると、さらに安くなっている。
搭乗の2週間前程度にUpgradeの紹介メールが来る。フルフラットになるシート、優先搭乗がつく。それを申し込んでも合計3万円程度だ。

petoronas.JPG

 ペトロナスタワー。
 よく見える場所に泊まっていたので、のぼらなかった。

たかだか「旅」でその国の表層を切り取って、知った顔をするのは好きではないが、
「新たな発見、経験」を得て、「考える」きっかけになることは事実だ。

一人旅は、自分でいろいろ考え、行動しなければいけない。
空いた時間に、話し相手もいない。

向き合った時間と状況を、どう自分の今後に活かすか、ということだ。

プロフィール

株式会社レップワン
代表取締役 福田兼児

Profile

関連リンク

記事カテゴリー

月別アーカイブ

2022年
2021年
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年