株式会社レップワン 代表取締役 福田兼児

株式会社レップワン
代表取締役 福田兼児

プロフィール


派遣から始まるトータルサポート
株式会社レップワンの専門職、派遣サービス特設サイト
レップワンの実績検索ナビ
レップワンの実績検索ナビ
株式会社レップワン
会社公式サイトにリンクしています。
企業情報システムのノンストップ運用を支える、インフラに特化したIT技術者の常駐サービスを提供しています。
Replog! 株式会社レップワン スタッフによるブログです
株式会社レップワン スタッフによる公式ブログ
鋼鉄セキュアサービス
Cisco ASAシリーズで安心の日々を。
Oneway Good Communication from Osaka Japan
大阪近郊のおすすめ情報を英語で発信しています。
カテゴリー
バックナンバー
TOPページ > 2014年4月のエントリー一覧

外から日本を見れる方々

先日、機会を得て、

・留学生ネットワークを創ろうとする人

・日本最大の広告代理店(つまり電通)の人

現在、日本に4つある外資系ホテル(つまりリッツカールトン)の秘書さん

と話す、飲む機会があった。

・「Globalization」とは、強い国=アメリカに合わせることではないはずだ。

 日本人が主導する多くは、その自虐史観教育からか、すぐに自らを否定して、合わせにかかる。双方のいいところを持ち寄ったらいいのではないか。

・新聞やメディアは、国民の価値観を創るのが仕事なんだと最近気づいた。

 僕の価値観は一次情報を取って、自分で創りたいから、新聞も読まないし、流れにも乗らない。

ということを言っていたら、その会にまぜてくれた。

3名はそれぞれアメリカの大学を卒業している。アメリカで学び、かの国の良い点悪い点を知ったうえで日本に帰ってきた人たちだ。初めて会った方々だが、主張も強く、論理的だ。あっという間の時間だった。

帰りを共にした電通の方に、

・私はマイクロカンパニーを経営している。小さい企業と大きな企業では役割も価値も違う。

 前者はトップダウンで規模は小さい。後者は合議制でスケールが大きい。

ということを話したら、

面白い統計がある。アメリカでは退役軍人が一般企業に流れることが多い。軍には、

 ・空軍・海軍

 ・陸軍・海兵隊

の4つがあるが、受け入れ後の株価をトラッキングしていると、

 ・前者2つを受け入れた大企業

 ・後者2つを受け入れた中小企業

の株価が上がっている。その逆は下がっている。

これは、「交戦権の幅の違い」からくるものだろう。1つの命令、攻撃の影響、範囲が違うからだ。

他にも、アメリカ留学生の現地での悲哀、ニューヨークのピアノバーの話、BMWとメルセデスのブランドの違い、などマスを相手にしている方々のとても楽しい話を聞けた。日本の伝統工芸を世界に広めるプロジェクトを主幹されているらしい。

物事は大きく、広く考えよう。

国内や社内での隣人とのギャップなど、ささいなことじゃないか。


病気の功罪

先日よりまた、扁桃炎をやっている。今年に入って体調を崩す類が4回目。加齢か。禁酒のよい機会。

 功:物理的にできることが少なくなるので、やることを絞れる。定時退社。

 罪:もともと情熱タイプではない。発熱によって放熱され、さらにトーンダウン。

その中で昨日、アイエンター社が主催する、

SESで売上を最大化し、調子の良いうちにビジネスモデル転換する方法

をうかがいにスカイビルに行った。

参加前に決めていたことがあった。日曜、月曜とまずい外食2連発をひいてしまった。

魚が臭い、お好み焼きが不味い、ってどういうことや。

挽回策として、★を取っている、福島は「まき埜」でソバを食べるということだ。

7年ほど前にスダチ蕎麦を訪ねて以来。が、病の舌では味がいまいちわからん、というオチ。

さて、アイエンターさんは当社と同じ2004年創業らしい。3年少々で、SES売上10億超という、とてつもない会社だ。頭がボーっとしながら聞いていたが、

 ・進化(次ステップ)に恐れずに進めるか
 ・商材が変われば、顧客もかわる
 ・営業(新規開拓)の大事さ

ということだった。

入江社長が

 ・これからは、一社勝ち抜けの時代ではない

と、おっしゃっていたのが印象に残った。そして、「スマートフォン研究会」を主宰しているらしい。

氏は私の一つ上らしい。講演後にご挨拶をした。

ビビって、私は声になっていなかった気がする。「スゲー」と、まさにカリスマを感じた。

世界がちゃう。背も高く、男前で、にじみでる意志力が違う。ゴルゴ13みたいな人だった。

会社運営もまさに「楽しむ」をやっておられる。

「ま、僕は僕だし。」

と、ボーっと、次の顧客に書類を届けに、自転車をこいでいた。


上客の名言

最近、あらためてハッと気づかされて、意識していることがある。

「人間は誰しも、黒い部分(怒り、嫉妬 etc)はある。

 その感情自体は自然なことであり、問題ではない。

 問題は、その黒いところをどう表現するか、だ。

 その表現によって、事後が全然違う。」

という言葉。その方(70歳を超えてモテなくなったという超人)曰く


たとえば、他の男性に恋人を取られた時、

「なにしてけつかんねん!**したろか!」

と心では思う。が、思っていても、心で泣いて、

「そうか、行っておいで」

と、対応する。

一息ついて、もう一人の自分で自分を見る。「あぁ、生きているんだ」と思う。

iStock_000003668902Small.jpg

深い・・

そういえば私も仕事をするうえで、「顧客からのNoにこそ、気持ちよく応対」は心がけてきた。

絶対に追客しない。理由は聞かない。理由は考えたらいくつかわかる。言ってくれる関係性を築いておく。

「断られ上手」こそ、次につながる。と考えているからだ。


ハイコンテクストな言葉、日本語。

この時期はゴルフへのお誘いが多い。が、1日仕事となるのがいただけない。

スループレーが当たり前、とか、もっと広く気軽に楽しめればいいのに。バッグの積み下ろしとかも一人でできる。エントリーの手段が増えたのはよい。海外ではスルーが基本。他人とゴルフをしても、同伴はプレーのみだ。コンペなどでの懇親はわかる。さまざまな方が来られていて、違いを知るよい機会だ。

さて、下のような文章にイライラするのは私だけだろうか。ホームコースに新たに掲げてあり、ブ然と撮影した。世界の言語には、ハイコンテクスト,ローコンテクスト という分類がある。コンテクスト、つまり文脈のことだ。

乱暴に言うと、

ローコンテクスト:言いたいことズバリ

ハイコンテクスト:あいまいな表現を含む。

golf precaution.jpg

・何を一番してほしいのか。
 「必ず」と何度も、「注意」しても「行動」が大事。

・「声」という語の冗長
  声の発声?

・必要ない、背景の詳細。
 何番ホールかは不要じゃないのか?

==

こういう看板を作るぐらいなら、値段の割にかなりイマイチなご飯を改善してほしい。

 食事に注意!

だ。

「コースやサービスはしっかりしてますけど、ご飯はいまいちですよ。」

とお断りを入れて同伴者を誘っている。このようなインギンで、冗長的な表現が、

 「紳士的」

というなら仕方ない。私の日本語力の欠陥だ。

日本語は、ハイコンテクスト、いわゆる膠着語。て・に・を・は、がすべてを決める。語順は関係ない。

英語は、ローコンテクスト、いわゆる孤立語。言葉の順番が重要。たとえば、


Caution!
You should say 'Fore' when your ball headed away beyond this course.
If you didn't say that,you may have to compensate for someone's injury.


と、これまた長い。英語は、てにをは、つまり助詞がない。関係代名詞やら前後の関係性が必要である。

日本でのゴルフ文化は特殊な発展をしているようだ。SNSで、プロフィル写真がゴルフをしている人間とは、深くかかわる必要は無い。と決めている。

 あんたは、プロか!

そこには、"自意識"が顕れるからネ。

私の周囲のシングルさんには、「ドヤ」はいない。努力は、一人で隠れてするもんだ。

隣や前に打ち込んだら、
フォアって叫べや。
この、****!


って、ゴルフ場の人も書きたいだろうに。

日本語も効率よく使えば、通じやすい。かくいう私の資料も、顧客やスタッフからは評判がよくない。

これも「注意」「Precaution」が必要。


陽のあたる道を歩く人

昨日、卒業大学の在関西OB・OGのゴルフコンペがあり、優勝した!

グロスは91だった。思いやりハンディキャップ(28!)をもらっていたため。
後述のシステムのため、
それはそれは優勝を狙っていたので、超うれしい。

そうそうたる方々の前で気のきいたスピーチができず、少し悔しい。
次回の幹事となるが、それは全く苦じゃない。

とある先輩の送迎を買って出た。
その方は、大阪北ヤードや丸の内再開発を手掛ける方だ。
最初にお会いした時から、

「さわやかすぎるんですけど!
 こんな方いるんだ!」

という、陽のオーラを持った人だ。キャンパスの中心にいるような方。
美魔女の男版。

「人が街を創る」
「これからの時代は、Give&Give」

とおっしゃっていたのがとても印象的だ。この方が言うと説得力がありすぎる。

先輩のオーラは、
人と会い、対話し、創ってきた、見られてきた、からこそできることだ。

グランフロント大阪がそろそろ1周年ということで、
pdfを頂いたので、宣伝に協力させていただく。


http://www.rep1.co.jp/fukuta/docs/140305_granfront_web.pdf
グランフロント 大阪  まちびらき1周年

コンペ参加者は、9.5割以上私より年上の方々だ。
それぞれの人生の年輪を見る、勉強する、良い機会だ。

仕事や、生き方は、その人間の表情・オーラに出る。

実は、
当社(というか私)+協力会社さんで作った「同窓会システム」を来月リリースしようと思う。

これは言えることだと思うが、


同窓会に、いきいきと参加する方々は、
人生を、仕事を楽しんでいる人。
 (余裕であり、実績であり)

だ。

まさに
、システム名を何にするか、最後に考え中だった。

勝ち組.com

とか、エグイ名前も候補だったが、

太陽.
jp
イキイキ.com
Keep.jp

などもいいんじゃないか、とまさに考えが変わった。
日本や関西に集うイキイキ人たちが、集う、つながるためのツールだ。


当社のスタッフが同窓会に行って、

「はぁ?なにやってんの?」

とならないような会社でありたいな。

と一人で運転しながら思った。


その夜はワーイ!祝ってヨ!と飲みに行って、賞金はまさに泡と消えた。


12
RSS登録