株式会社レップワン 代表取締役 福田兼児

株式会社レップワン
代表取締役 福田兼児

プロフィール


派遣から始まるトータルサポート
株式会社レップワンの専門職、派遣サービス特設サイト
レップワンの実績検索ナビ
レップワンの実績検索ナビ
株式会社レップワン
会社公式サイトにリンクしています。
企業情報システムのノンストップ運用を支える、インフラに特化したIT技術者の常駐サービスを提供しています。
Replog! 株式会社レップワン スタッフによるブログです
株式会社レップワン スタッフによる公式ブログ
鋼鉄セキュアサービス
Cisco ASAシリーズで安心の日々を。
Oneway Good Communication from Osaka Japan
大阪近郊のおすすめ情報を英語で発信しています。
カテゴリー
バックナンバー
TOPページ > 2008年2月のエントリー一覧

速い・・・速いぞぅ!!イー・モバイル
日本最速は伊達じゃない。

20080220211804.jpg
 
ISP手続きも不要、セットアップも超簡単。
日本は世界で一番ブロードバンド速度が速いらしいですね。
最近の携帯通信キャリアさんのサービスには驚かされることが多いです。

ウーム・・・
情報過多ではあるが、感謝感謝。


今日、イトーキさんからフリーアドレスタイプのデスクが納品されました。
 
08022021.jpg
 
派遣スタイルの場合は、なかなか事務所に帰ってくることはありません。しかし、帰ってくるところは必要です。気に入った品、やっと導入できました。

開発環境も整ってきました。ここからクリエイティブな仕事を創造していきましょう。
あとは東京事務所だ!


お客さんこれでどや!!
 

20080210141349.jpg
 

10円て・・どこのビールやろか。話題のfrom 中国 かなぁ。大阪市内(下町)で撮影。
それにしても完全に原価割れているはず。
 

「いい味 どっさり 安いねん」
 

味と盛りに自信のブッチギリコピー。
原価割れは、広告宣伝費。
 

レップワンもコストパフォーマンスには自信あり!
だけど、たまに自信がゆらぐこともあり!
 

オキャクサン、ギジュツシャサン、オトイアワセ、マッテルヨ。


人材派遣業、システム運用受託業を行いながら、とにかく毎日「次のネタ」は探し続けています。
 

@ITの記事 IP電話+Salesforceで低価格なCTIシステムを構築
 

の記事です。
 

日ごろ、会社の電話は全て私が受けるのですが、
 
 
・不必要な営業電話
 

が多い。
 

また世間では、電話を利用した詐欺なども多い。
 

そこで、CTIに注目して、
 

法人には、ブラックリスト機能付きの電話受付システム
個人には、ホワイトリスト機能付きの電話受付システム
 

を考えていました。
 

法人の場合は、発信元番号を一元データベース化して、関係の無いような営業電話は一切シャットアウト。
 

実際、レップワン事務所の電話機には、「出ない」グループを作っています。
一度電話を受け取って、事業と関係のない方の営業電話の番号はそこに登録します。
それ以降、その発信者番号からかかってきても表示が「出ない」なら電話に出ない。本当に用事ならメールでもFAXでもアプローチしてくるでしょう。
 

個人の場合は、関係者データベースを持ち、そのデータベースの登録者のみしか本人につながらない機能。
 
発信者が通知されない、など身元が明らかでない電話は、センターに転送し、
個人秘書(のような機能)が代理応答して、身元が明らかで、必要であれば取り次ぐ。
知らない人であればお引取り願う。
 

インターネットの世界では、メール送信元のブラックリスト(ORDBとか)は共用されています。その電話版です。
 

だけどそもそも、こういうサービスはキャリアも行うべきじゃないでしょうか。
 

紙の電話帳を作ることにもあわせて、電話番号の完全データベース化。
というより、申し込み者データベースは絶対持っているはず。
そこに、申し込み者にとって、必要な番号、必要でない人の印をつけてあげればいい。
 

電話を使った詐欺だなんだ、ってキャリアは一切責任はない。
でも、止める努力は必要なんじゃないでしょうか。
 

私がこのサービスを思いついて、サービスネーミングも
 

「電話革命」 略して「デンカク」
 

まで行きましたが、
 

・誰がデータベースを作る?
・誰がどうやってリストを更新するのか?プッシュ?プル?
・システム不通時の緊急用連絡の確保は?保守、保障は?
etc
 

と、ウィルス対策システムのような運用が必要になることが判明。
ウチの会社の規模じゃ実現が難しい。
 
それでも実現をと、レップワンベースで試算をはじくと、めっちゃ高い料金体系になり加入者が見込めない。
 

これからもいままでも、必要なシステムだと思います。
 

本業も大事。次も大事。
こういう企画書がいくつもありますんでたまに書いていこうかな。


大阪に雪が積るのは久々でしょうか。日本の四季やなぁ〜。
 

20080209132908.jpg
(大阪城近くの大川で撮影)
 

さて、
 

レップワンではFindjob!をメインに求人をしています。最近は他媒体出稿も考えています。
そのFindjob!のページに
 

SOHO・業務委託の求人情報ページ
 

があるのを初めて見ました。
 

SOHO・業務委託の対極にある、「労働者」という働き方は今後、変わるはずです。
 

国家存続を前提にした、徴税とその使途、社会保険システムが不信・破綻している現在、
 

「会社には頼れない」
 

だけではなく、
 

「国にも頼れない」
 

という意識を全ての日本国民は持つべきです。
 

そして、自分一人一人の力を信じるべきです。
 

自信が日本全体に欠けている。だから日本は元気が無い。
  

昨今、社会保険システムの崩壊が叫ばれていますね。
私も会社を始めてからスタッフの手続き全般をしていて、3年前からその仕組みに疑問を感じています。
  

制度そのものは否定しません。
保険加入によるメリット(健康保険・出産・休業・年金など)もありますから。
 

ただ、徴収システムがわかりにくすぎる!ムダが多すぎる!
 

と言いたい。
 

もちろん、社員から預かった社会保険控除はしっかりと毎月納付しています。納税も顧問税理士の方と協力してしっかり行っています。おかげでちまたの社労士さんぐらいに年金について詳しくなりました。社労士さんでさえ最近の社会保険ルールには手こずる、と言うのを聞いたことがあります。
 

そもそも、 
 

「なぜ、徴税と社会保険(税)の二重取りが許されるのか?」
 

と思っています。確かに使い道が違うからだとは思うのですが。
 

各種税金にしても、社会保険にしても収入や戸籍状況をベースに納付金額を算出するのです。理由があってそうなっているんでしょう。
(それぞれに控除が発生するので、計算対象となる金額は違っています)
 

でも、税金・社会保険、一元化したらいいじゃないですか。
 

何千億円以上をかけて国税電子申告・納税システム(e-tax)を作るなら、その前に
全国民・全納税者のID管理+収入と税金・年金番号との紐付けをしたらいい。
 

各種税率Upによる、税収を上げましょう
 

ではなく
 

徴税システムを徹底的に見直して、徴税コストを下げ、とりっぱぐれを無くしましょう。
=使える税金増えます。
 

です。
 

会社内部も同じ。
社員の納税・納付システムのために自前資源やコストで仕組みを作らないといけない。

 
私は今後、システムの効率化は急速に進むと思っています。
 

民間の企業の合併・提携・連携がたくさんあるように、省庁も再編によって、今までは縦割り行政であったものが一度に管理されるようになる。
 

法人が、法務局で登記すると同時に、その登記番号が納税番号、社会保険番号となり、さらには労働基準監督署にも関わる番号になる。そんな時代が近々くるんじゃないでしょうか。
 

日本の法人数を300万、人口を1億3000万人
 

としたとき、多く見ても合計は1億4000万IDで済む。
このIDを何桁の英数字で管理しましょうか。
運転免許証みたいに、優良納税者はゴールドカードを与える。
 

それは行きすぎです!
 

話がずれました。もとい、そんな時代に、
 

「受託内容の完成責任義務・納税義務を一人で完遂する1つのワークスタイル、個人事業主」
 

と考え、
 

労働者、個人事業主、という契約形態ではなく、
 

どちらが顧客にとってはメリットがあるのか?
コストパフォーマンスがよいのは?
 

と、決断権限者は考えるのではないでしょうか?
 

だからこそ、レップワンは個人事業主が安心してしっかりと働ける環境を準備したい。
契約形態に関係なく、汗を流し、頭を使い、結果を出す人間が評価を得れる会社にしたいと考えています。


12
RSS登録