MENU

人が人を呼び、仕事が仕事を呼ぶ会社

Replog!大阪のITサービス会社Rep1代表のブログ

怒らないで、変えていく。

2012.08.14 カテゴリー: 仕事日記

怒らない。
 

今年の頭から取り組んでいることでして、まだまだ道半ばです。
気持ちが冷めていても、態度や口調が怒っているからです。
 

しかし、だんだん、だんだんと、わかってきました。
またこの本を読んで、「おぉ!」と思うことが多かったです。下記フセンも更新です。

しつもん仕事術
しつもん仕事術

私のPCのデスクトップには、今年頭から、↓のフセンを張っています。
編集しながら、意識するようにしています。

==
丁寧語!距離感。上場企業のトップクラスはみなそうらしい。

●マリオットのホテルマネージャの学び
 「従業員には顧客と同等に接せよ。
  さすれば従業員はあなたが接したようにお客様に接するだろう。」

 距離は、客観的に全体を見渡すために必要である。
 全体が見えれば、細部の役割がわかる。

 なんのためか、という意義の徹底が必要。
 意義を仕事に反映させるのは、「仕組み」である。
 失敗に切れても一過性。仕組みがなければ何もかわらない。

 なぜできなかったことを怒るより、質問をする。

 「間違いはOK。どうやったら、次できる?」

 「当方からのリクエスト
 (依頼の理由、期待する成果、相手の役割)」
 を明確に伝える。

 相手の納得が無ければ、絶対に行動には続かない。
 体を動かすのは、ココロ。

 理解(頭) → 納得(心) → 行動 (体)

●ガリレオ ガリレイ
 「人にものを教えることはできない。
 自ら気付く手助けはできる。」

自分はえらくないしたいしたこともない。
7年間えらそうに言っても、誰も何も変わらない。
==

今年の頭から、社内への距離感を意識しだしています。
しかし、ともすれば、相手への

・無関心
・あきらめ

にもつながっていくことがあり、

「はて・・・どうしたものか。」

と思い出していました。

そこで大事なのが、質問です。
 

10年前、私に仕事のいろはを教えてくれた方(この方。現在は独立をされました。)の語り口を今も鮮明に覚えています。それは一言、目を見て、

「順調?」

と言うのです。
氏のキャラクターにふさわしい、明るいタッチでした。言われたほうは、会話へのきっかけができる。

例えば、

「大丈夫」

という言葉の後ろに、

! を付ければ、安心を。
? を付ければ、確認を。

を他人に印象付けることでしょう。

「福田は相当に、スタッフの面倒をみない」

とお客様からも言われます。
本当に苦手だし、今後もする予定はありません。基本、
 

「自分でできることは、自分で気づけ。やれ。」
 

です。
 

その人にできない仕事は、やってこない。依頼されない。

だから、
できないこと、気づいていないことを押し付けるより、
 

「質問によって気付きを与えること」
 

のほうが、相手のココロに落ちる、と、思いだすようになりました。

他人と過去は変えれない
 と言っていました。pdf、7年前にすでに作っていたとは信じられん。

しかし、
 

自分と未来は変えれる。

と、改めて信じれるようになってきました。

この何年か、会社の業績自体は足踏みをしていますが、
確実に、よい方向に変わっているのではないか、と信じています。
 

が、変える、変わるためには努力が必要なんだよなぁ。
とても、苦手なんだよなぁ。

プロフィール

株式会社レップワン
代表取締役 福田兼児

Profile

関連リンク

記事カテゴリー

月別アーカイブ

2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年