MENU

人が人を呼び、仕事が仕事を呼ぶ会社

Replog!大阪のITサービス会社Rep1代表のブログ

蜜月の次は何月か?

2012.08.05 カテゴリー: 仕事日記

「いい時にこそ、悪い時のことを考える。する。」
 

というのは、松下翁の言っていたことです。最近の私のテーマは

「この会社(レップワン)に新しい社長が来たら、まず私を解雇し、何から取り組むだろうか。」

を、考えながら運営するということです。また、私の予想、行動準備として、

現在の顧客の8割は、早くて3か月後、遅くても2年後には、取引を継続していただいていない。

という意識を持ち出しました。

かといって、新規顧客開拓に注力することではないです。1:5の法則もある。
緊張感、ということです。

影響に耐えうる会社を創らないといけない。
真の付加価値あるパートナーを目指さないといけない。
 

あの、ジャパネットさんも何年目かで、売上の5割を持っていた大口顧客との取引終了があって、必死に乗り切ったと何かで読みました。

Empowering song lately.


 〜君が必要とするなら、僕は正しいことをしているんだ。
   

蜜月。honey moon.
月と地球は互いに引っ張り合うから安定している。
 

ひるがえり、二つが近づきすぎると、境界を越えた多寡を産む。
期待と尊敬に始まり、甘えに終わる。
 

かつては終身雇用が当然だった、労使の蜜月が今は昔。
労働問題は隣家の火となっています。
 

モノ・コト・ヒト・トキ を常に客観視できる距離感は、プロの証ではないかと意識しだしました。
 

離れれば離れるほど、見える全体像は広く大きくなる。
近ければ近いほど、その細部の精巧、大変さがわかる。
 

美術の鑑賞と同じです。
ビジネスや会社も、自らの作品のようなものです。

我々の作品制作を実行できるチームと、自分、を作っていこうと思っています。

プロフィール

株式会社レップワン
代表取締役 福田兼児

Profile

関連リンク

記事カテゴリー

月別アーカイブ

2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年