MENU

人が人を呼び、仕事が仕事を呼ぶ会社

Replog!大阪のITサービス会社Rep1代表のブログ

評価結果と理不尽さ

2011.12.29 カテゴリー: 仕事日記

「人事考課をせねばいけません。
 ・信賞必罰なのか、
 ・やってもやらなくても同じなのか、
 ・やって失敗して評価が下がるより、やらないほうがいいのでは
 ないか」

 などとお客様に相談していたら、

「社会自体が不条理なんだから、評価自体に理不尽さが伴うのは当然なこと」

と言われ、「おぉ」と思いました。

そのお客様は、トップシェアメーカーの役員様です。
毎度、「おぉ」な言葉を頂けます。
 

==
私が考えるに、そもそも人が人を裁くことなどは、本質的にはできない。
時代や環境によってさだめられた、「人が勝手に作った法律」が基準になっている。

・戦時中は、覚せい剤も合法だった。人を殺してもよかった。
・大麻取締法が厳しいのは、同様の効果が得られる酒と違って簡単に栽培でき、
 課税がしにくいから。
・昭和初めまで、「間引き」もあった。
 etcetc

さて・・・人事考課は

会社の人事機能がつくった、「勝手な社内法」によって社員を評価する。
だから、指標をできるだけ明確にするために
 ・定量的 = 数字 = 誰でもわかるメジャー
 ・定性的 = 感覚的、計れない
を、とってつけることになる。

そして、

賃金に反映する

ことが重要になる。

賃金は上がっていれば文句は出ないが、下がっていれば文句は出る。

成長が矛盾を内包する。だから企業は成長しなければいけない。
横ばいは衰退を意味する。下降は死を意味する。

また当然だが、評価時点では結果がでている。その評価に対し

低い者には、「今後への期待」
高い者には、「維持とさらなる向上」

を、直接説いてあげればいいのだろうが、とても苦手だ。

「人から言われる前に自分でやりゃいいのに・・」
 と思ってしまう。

なので去年から、

http://www.rep1.co.jp/contents/doc/data/FY10_Rep1_SkyPaper_open.pdf
 勝手な分析資料(pdf)

を作成して、結果を論じている。

設定した未来・目標とのギャップを評価という形で計るわけだが、
「過去」からの結果を「今」論じても、「未来」が拓けることなどはない。
きっかけにはなるかもしれない。

だから、

「やった?やらなかった?」
「できた?できなかった?」

を毎年ブツブツ言うわけだが、いいかげん飽きてきた。でも

「自己責任だよ。」

と放つほうにも、自己責任はあるわけだ。

「自己責任だからね。」

といって、
社員を活かさず殺さず雇用し続け、価値のない会社にするのも、自己責任。

だから、「メッセージとして、評価を下す。」
 

なにかいい方法はないものかなぁ。

プロフィール

株式会社レップワン
代表取締役 福田兼児

Profile

関連リンク

記事カテゴリー

月別アーカイブ

2022年
2021年
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年