MENU

人が人を呼び、仕事が仕事を呼ぶ会社

Replog!大阪のITサービス会社Rep1代表のブログ

誠実と正直は違うのか?

2011.12.07 カテゴリー: 仕事日記

最近、知人女性と食事をした際に、

「あなたのプロフィルに、”相手のことを考えた誠実な対応” とあるが笑ってしまった。」

と言われ、

「確かに、近年 (特にプライベートは) そうだな。」

心がけていること: 正直な対応

に変更しました。つい先日も、新卒者説明会にて

「君たちがこの時期、この会社の説明を受けているということは、就職戦線に異状あり、ということだ・・」
「就職、転職なんて運だよ。が、石の上にも3年だ。」

から始まり、社内担当者がびっくりしていたようです。
・・だって、そうじゃないの?

「フクちゃん、なんでも正直に言えばいいってもんじゃないよ」
「福田さんはもっと自分を高く売ったほうがいいんじゃない?」

というアドバイスもいただくことがあります。広辞苑によると、
 
==
誠実・・・他人や仕事にたいして、まじめで真心がこもっていること。

まじめ・・・真剣な態度。まごころがこもっていること。

真心・・・誠の心。いつわりのない真実の心。

正直・・・心が正しくすなおなこと。いつわりのないこと。かげひなたのないこと。
==

・・・なんだ、つまるところ一緒じゃないのか?
 

と思ったのですが、

誠実・・・

だけは「他人に対して」と目的語がついている。なるほどね。

プロフィール

株式会社レップワン
代表取締役 福田兼児

Profile

関連リンク

記事カテゴリー

月別アーカイブ

2022年
2021年
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年