MENU

人が人を呼び、仕事が仕事を呼ぶ会社

Replog!大阪のITサービス会社Rep1代表のブログ

感性 と ルール。

2014.09.15 カテゴリー: OFF・食

それはキミの、「感想」 「感情」 「日記」 だよね? じゃなくて、

「事実を明確な理由とした自分の意見。 で、次にどうするか。したいのか。相手がどうすればいいか。」

がほしいんだよ。判断ができないから。

 

と社内で言うことが多い。言われたほうはムカつくだろう。が、

 

 「感情 “だけ” で仕事をするな」

 

ということだ。

過ぎたって、変えれぬことをグダグダ愚痴り、建設的ではないコメント(前に向かわない=時間を止める)は、

聞いている時間がムダだ。遊びの時間だったらいいけれど。

 

さて、感情的なイベントである「☆の会」はスタッフに好評だった。

 

140911_star_restaurant.JPG

 男ばかり。 それもいいじゃないか。持論として、

  地図が読めない女性に、NWエンジニア業は不可能である。

 がある。空間把握能力は男性のほうが遺伝的に長けているのだよ。

 もちろん、地図が読める女性には務まるだろう。

 

 

料理は、「おぉ!」という感動の連続。43年余の、 「経験 × 知識 × 数学 × 感性」だろうか。

貸切はよかった。 不相応な我々ではあったが、伝説の店主は優しく応対していただいた。

1年後もぜひ、皆でいきたいものだ。

 

 

こちらのお店は、コースで2万円超だ。が、考えてみたら新幹線の東京往復で3万円以上するわけだ。ムダな出張を減らせば、飲み屋へのODAを避ければ、だれでも手が届く店ではないか。

 

 

となると、「誰といくか」 が問題であり、「いってみたーい」という、同伴ヅカイをする店ではないような気がする。

 

 

さて、この2か月ほどピアノを練習した。以前に外人の演奏をここで紹介した、「the way it is」 はとても好きな曲で、

ちょっと「弾いてみたいな」と思っていた。日本人のソロ動画はないんじゃないか。と、初公開だ。


the way it is piano solo in OSAKA !  相変わらずリズム感がない。動画を撮っていると固くなるね。

さて、感性だけで経営はできない。好き+努力だけでカネを稼げるのは、1%程度の芸術家、アスリートだろう。

 

かといって下請け人生に甘んじていては、面白くはない。

過剰な感性、感情はムダだが、人生の引き出しを増やす。

青臭い愛情や友情は苦手だが、無いわけではない。

 

ピアノを弾いていると、過去の美化というか、謝罪というか、頑張っている人が、よくよぎるので書き出してみる。

 

 ・ 別れたパートナーや、共にいった場所、時間

 ・ 亡くなった弟へ、できなかったこと

 ・ リハビリを頑張っている、ジムのトレーナー

そういえば、先日亡くなった作家さんが、「男は女々しい生き物」と言っていたなぁ。

 

経営者とはいえ、理屈と経済合理性だけで生きているわけではない。ムダな時間、感性もたくさん持っている。

 

在籍するスタッフが、プロとしての仕事人であることと、豊かな感性、多くの引き出しを持つ人であってほしいな、とは思う。

プロフィール

株式会社レップワン
代表取締役 福田兼児

Profile

関連リンク

記事カテゴリー

月別アーカイブ

2021年
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年