MENU

人が人を呼び、仕事が仕事を呼ぶ会社

Replog!大阪のITサービス会社Rep1代表のブログ

Lotus-eater 2 Which airline do u like?

2012.06.29 カテゴリー: OFF・食

Airline 考。

昨夜、TVショーのカンブリア宮殿でJALの稲盛さんが出演されていらっしゃいました。

純粋民間企業の当たり前感というか、787の件などANAさんに完全に先に行かれている感があり、「フーン」という感じです。

TV東京とJALは、双方の筆頭株主でもあった糸山英太郎さんでもつながるわけで、否定的なショーはしないんではないかな。メディアはいつも誰のためにあるのかなぁ。

かつてのナショナルフラッグは、もともと頭や品性のよい方々がJALスタッフとして安全航行をされておられる。でも、顧客主義、コスト感覚を邪魔していたのが「下手なプライド」なわけです。
 

飛行機に乗ることが多くなった際、

・たまたまweb画面がわかりやすく、予約がしやすかったのがANAだった
・なんとなく青色が好きだった

という理由で、ANA派です。沖縄や国内地方便はJALグループさんも使います。
 

日経トップリーダで、星野リゾートの星野社長が

「客からのアクセスのしやすさが重要だ。」

とおっしゃっていました。

それはwebサイトであり、店頭接触であり、顧客がタッチしやすい環境のことでしょう。

マーケティングの4Cで言うところの、

Convenience

です。
少なくとも当時のJALグループはそうではなかった気はします。
 

また今週の週刊現代で、スカイマークの西久保社長が発言しておられました。先だっての、

「サービスコンセプト」

でにぎわせた会社です。誌の中で、

「我々はサービス業ではなく、輸送業者です」

と言い切っているのにびっくりしました。

「航空産業=サービス業」

というのは一つの解だったはずです。

西久保さんは、愛想笑いを浮かべながら提供するFSAに対して、
はっきりとしたベンチャーとしてのポジションを取っておられます。

「当社は子会社を作っていません。大企業や同業他社は山ほど子会社を抱えていますが(中略)。つまり、子会社をつくるということは、もっとも仕事が非効率になる形を産むのです。」

「新興のベンチャー企業というのは、ごく特定のニーズに対してできるだけ強くアピールするスタイルで商品をつくっていかなければならない」

顧客が感じる対費用効果の向上と、社員の業務の幅を広げ賃金を上げること。
 この追及が互いにハッピーになる(意訳)。

と言われている。かっこいいですね。
 

私は、FSAに乗った際に強制的に供される機内食は苦手です。
カロリー過多になるでしょうが。
CAさんに断るのも気を使う。
何回乗っても、スマートにふるまえません。マイレージで乗せてもらっているからかな。
 

LCCが気楽でいいです。以前、LCCについて言っていました
8月にピーチアビエーションに乗るので今から楽しみです。

さて、改正派遣法が、10月施行目標に周知が進められています。
マージン開示など、レップワンの事業当初から行ってきたことで、
 

「改正?ラッキ〜。どんとこい!」
 

という気持ちです。
 

LCC的 ハケンベンチャーとして、しっかりフライトやっていきます。

プロフィール

株式会社レップワン
代表取締役 福田兼児

Profile

関連リンク

記事カテゴリー

月別アーカイブ

2021年
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年