MENU

人が人を呼び、仕事が仕事を呼ぶ会社

Replog!大阪のITサービス会社Rep1代表のブログ

生存、安全、帰属、承認、自己実現 その2

2013.05.02 カテゴリー: OFF・食

先に、石鎚山から書きます。結論としては、

「生存」、「安全」が、場合によって脅かされる状況に
身を置くことで、気づくことがある。

ということです。

私も含めた、軟弱デスクワーカーは、空調のきいた事業所内でパソコン作業や会議をしている。

よほどのことがない限り、その生存や「身体的な安全」が脅かされることはない。

ただし、「精神的な安全」は脅かされている。「ウツ病」などはその典型だろう。

かといって、ITエンジニアは人の命を預かるような職業ではない。
システム(機械)のために、命を縮める可能性がある職業だ。

ishi_18.JPG

 西日本最高峰らしい。

今回、情報を収集した結果、「面河(おもご)ルート」から登ることにした。国民宿舎を予約するとき、

「ひょっとしたら残雪があるかもしれない。軽いアイゼンは一応持ってきてください」

 と言われ、「!?」となった。 マジ登山やん。

ishi_09.JPG
 面河峡 

 6:30に宿舎を出発する。
 周りには誰もいない。頂上までは4時間以上かかるらしい。

最近、近くの人に、

「山登りはじめましてん」

というと、「なんでまた・・」みたいな反応が多い。

ishi_11.JPG

 歩いて2時間弱で尾根っぽいところに出る。
 写真右、遠くに見えるのが山頂だ。

そこで最近、いろいろなエグゼクティブの方からヒアリングし、

「エグゼクティブのための、ストレス対処マトリクス(仮称)」

の作成を試みだした。完成したら、またUpしようと思う。

さて、登山の面白み、知れることとしては、

 ・準備が、(とても)大事。
 ・判断が、大事。
 ・気を抜かない。調子に乗らない。下山時の事故が9割。
 ・一人(安全上、本当はよくない)で、いける。
 ・(晴れていれば)景色がきれい、それなりの(健全な)達成感。

ishi_13.JPG

 トラバースをテクテク登っていく。

石鎚山のよいところは、

「目標がはっきり視認できること」

であろう。山頂が見えるので、進捗が楽しい。仕事でも、

目的、目標、進捗のみえない業務やプロジェクトほど、ヒトを疲れさせるものはない。

前回の、六甲縦走は「はぁ?」と試練の道だった。それに比べ、今回は快適だった。

しかし!

ishi_12.JPG
 初心者の私には、試練の道がいくつかあった。

ishi_29.JPG

 もし、この会社のスタッフが行くと言い出したら、

 「私は全力で止める」

 何かあった場合、会社としての安全衛生義務、対顧客への責任、社内戦力ダウン。etc
 じゃあ、

 「お前は何で行くんだ。何かあったらどうすんだ。」

 ということになるが、

 私の代わりは誰でも務まるだろう。売上をあげているのは、現場の彼らだ。
 私以外の誰かのほうが、好成績を出せるのではないだろうか。

  「私が(誰かが)いなければ、進めない会社」というのはよくない。

下山時に、2人の山ガールとすれ違った。
彼女たちは、先導者つきとはいえこの道を通ったかと恐れ入る。

かといって、安易に山に行かせるわけにはいかないなぁ、と思いながら下りていた。

つづく。

プロフィール

株式会社レップワン
代表取締役 福田兼児

Profile

関連リンク

記事カテゴリー

月別アーカイブ

2022年
2021年
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年