MENU

人が人を呼び、仕事が仕事を呼ぶ会社

Replog!大阪のITサービス会社Rep1代表のブログ

We are COOL!!

2016.08.31 カテゴリー: 仕事日記

先日、とあるSES企業が破たんした。

とある派遣先で、その会社の所属人材への処遇が問題となった。

 「派遣スタッフは継続して契約したい。が、派遣元をどうするか。」

と、移籍先をめぐる水面下でのコンペティションとなっていた。

 

結果、当社を移籍先に選んでもらった。

競合は東証一部上場のSIerだ。歴史も資本もある。

 

が、フタを開けてみると、賃金提示額は当社が約100万円上回っていた。

 ※後出しはしていない。一発提示だ。

 

その方からは、

 

 「こんなに頂ける理由がわからない」

 

と言われた。私の回答として、

 

 「同一現場、同一単価で働いている当社スタッフと同額です。

 我々は何も無理していない。

 また、チーム化=管理工数が2倍になるわけではない。

 つまり、利益の弾力性も出る。

 だから、現行単価で今後のベースアップも可能だ。

 賃金を下げる理由、他社に合わせる理由など、どこにもない。」

 

 

自己評価が低い私だが、この時ばかりは

 

「(ワタクシ&この会社って) カッコE~」

 

と。

 

賃金で圧倒したのもあるが、SES会社によくある、

 

 

 ・わけのわからない帰社命令

 ・賃金が出ない自社業務

 ・薄っぺらい同調イベント、同僚意識

 

 

もう、時代遅れですよ。 

 

 

当社には全くない。その点も評価してもらった。

 

 

 エンジニアの魂は現場のみにある。派遣元にはない。

 

 

以前から言っていることを実現しただけなんだ。 

 

 

 ①コンサル会社は Up or Out

 ②NOW EVERYONE CAN FLY 

 

 

高付加価値、高賃金企業を目指す。

 

 

たいていの企業は、

 

 何なにをやったから、払う。

 

という、禄なり功の考え方だが、当社は、カネは先に払う。

 

  何をするか考えるのは自分。

 

  大人にマネジメントだ、教育だ。とか、

  やりたくないもの、伸びないものを与えたところでどうなるの?

 

  自分で考え、自分のために働くべきなんだ。

  カイシャの事業に必要な能力とのリンクがあればベター。

 

この会社も13年目。培った経験による、私の今のスタイルだ。

プロフィール

株式会社レップワン
代表取締役 福田兼児

Profile

関連リンク

記事カテゴリー

月別アーカイブ

2021年
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年