MENU

人が人を呼び、仕事が仕事を呼ぶ会社

Replog!大阪のITサービス会社Rep1代表のブログ

実は、人の足りないところに助けられている

2012.01.15 カテゴリー: 仕事日記

古参組のスタッフが退職することになり、自分の至らなさを痛感しました。

「え?今?」

と、信頼関係の薄さを再認識しました。
彼に優しい言葉はかけなかったが、素直にやってくれているな、と期待をしていただけに今回のは、結構ショックです。
 

原因があり、結果がある。
 

私は退職について留めさせることに力は使いません。
会社はともかく、顧客にだけは迷惑がかかるのだけは避けたいのだが、
同じ原因であれば、いずれまた同じことが起きる。

とある方からの言葉を思い出しました。

「人は、他人の欠点に助けられている。」

リーダシップ、マネジメントと叫ぼうが、無い人は無い人で役割がある。
皆ががリーダシップばかり持っていたら、船頭多くして・・の船になる。

同様に・・・
ユメがある人は、無い人に助けられている
カネがある人は、無い人に。
技術がある人は、無い人に。
英語が話せる人は、話せない人に。
etcetc

ヒトには役割があります。

そんな時、顧問税理士さんのメルマガを読んでいると、本田宗一郎さんの言葉の引用がありました。
 
————————————————————
“惚れて通えば千里も一里”という諺がある。

それくらい時間を超越し、自分の好きなものに打ち込めるよう
になったら、こんな楽しい人生はないんじゃないかな。

そうなるには、一人一人が自分の得手不得手を包み隠さずはっ
きり表明する。
石は石でいいんですよ。ダイヤはダイヤでいいんです。

そして監督は部下の得意なモノを早く掴んで伸ばしてやる。
適材適所へ配置してやる。そうなりゃ石もダイヤも、みんな本当
の宝になるよ。

企業という船にさ、宝である人間をのせてさ、舵を取るもの、櫓
(やぐら)をこぐもの順風満帆。大海原を和気あいあいと一つの
目的に向かう。こんな愉快な航海はないと思うよ。
————————————————————

Topの器以上に会社が大きくなることはない。

少し、助けられました。

プロフィール

株式会社レップワン
代表取締役 福田兼児

Profile

関連リンク

記事カテゴリー

月別アーカイブ

2021年
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年