MENU

人が人を呼び、仕事が仕事を呼ぶ会社

Replog!大阪のITサービス会社Rep1代表のブログ

淡胆力 + ヒトを観るか市場を観るか

2011.11.16 カテゴリー: 仕事日記

今日は想いもがけない上京にて、東京往復を新幹線でしました。
そこで、Facebookでコンタクトが復活した高校1年生時の同窓、

株式会社ポッケ の代表、廣瀬クン+田所クン

と昼食を共にしました。二人とも、本当に変わっていない。
私のほうが当時より変わった。これでも明るくなった。そして、ときどきで自分を変えている。
そして彼らは、「あれ?」と拍子抜けするぐらい変わっていない。
住んでいるところも所沢。

久々に会ったからと言ってクン付けはおかしいから、普段通りに会話をしました。
同窓がそれぞれ個性ある活躍をしていると聞きました。

==
さて当の廣瀬氏、彼の経歴を聞くと、「おぉ!」と言う感じでした。
アイディアもいろいろもらい、

「こうも淡々と仕事を進め、発想するものか・・」

と、「経営者」としての一つの姿を見ました。

その、出会いや経験が彼に胆力をつけ、淡々度を加速させている。
特に思ったのが、彼は、

市場を観ている。

ということです。私は、

ヒトを観ている。

ことが多いです。どちらがいい、悪いではなく、視点の違いでしょう。

B to C でも、B to B でもヒトには変わりはないし、そのヒトも、市場に乗っている。

が、さらに言うと彼は

視線

も違う。
刺すようでもなく、虚空を泳ぐでもなく、その先を考えているふうです。
焦点が、遠く向こう、と言う感じ。

高校時分もそうでした。
体育会に所属するわけでもないが、スポーツ大会とかでは秘めたる闘志を感じるタイプ。

最初、オフィスにもお邪魔させていただきました。
新宿にあるめっちゃカッコいい(家賃がアホみたいに高い)ビルの中で、どうふるまっているのかな、と思ったら、

スタッフに、活発に挨拶や声掛けするわけでもなく、ここでも淡々。

それでいて、会社の業績も!!です。
私もある程度予測はしていたが、上回っていた。

「経営に答えは無い」

ということは一致しました。だとしたら、スタイル。
人それぞれです。考え方など、マネれるところは、マネようと思います。

一応、同い年。

プロフィール

株式会社レップワン
代表取締役 福田兼児

Profile

関連リンク

記事カテゴリー

月別アーカイブ

2022年
2021年
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年