MENU

人が人を呼び、仕事が仕事を呼ぶ会社

Replog!大阪のITサービス会社Rep1代表のブログ

2022年度始めのごあいさつ

2022.01.01 カテゴリー: 仕事日記

株式会社レップワン
                                  代表取締役
                                  福田 兼児
 
 新年が明け、株式会社レップワンはおかげさまで19期目を迎えました。先期も安定し
た売上を記録することができました。かかわる方全てにあらためて御礼申し上げます。
 
 昨年、労働/委託契約を開始したスタッフはすべて紹介か、当社運営ページへの応募・
採用となりました。採用数は多くはありませんが、その精度は高く、スタッフが持ち込
む案件によって取引先も増える好循環が起こっています。我々が営む労働者派遣やSES
は「市場への直接サービス」は行っていません。
 
 「派遣労働 / 請負」という間接サービス
 
  を
 
 「市場の勝者、適者」に寄り添っていくビジネス
 
です。当社顧客は「市場で選ばれた」方々であり、安売りや相見積もりを我々に強いる
顧客はおりません。当社の位置づけ(ポジショニング)は、
 
 低社格 > 当社 > 高社格
 
という「中位の中継ぎ会社」です。「他社に入ってみたが、違っていた。」という労働
者に対して「救済機能」、上位会社への「射出機能」がある会社を目指しています。
 #むろん当社所属にベストメリットがあれば一番よいことです。
 
ただ「賃金」への継続取り組み、「適切なベースアップ」に強い懸念を感じております。
昨今「賃金相場」が上がり始めたことを感じます。つまり「同じことをでももらえる単
価・賃金が異なる。」ということです。
 #見せ方を変えているだけの会社もあります。
  例)「コンサルティング会社」というネーミングの「上流工程SES会社」など。
 
値段には当然、需要(IT産業の吸収力)供給(労働人口不足)による市場原理はありま
すが現状、
 
 カネ余り=通貨量
 
によっても引き起こされているはずです。私は、
 
「投資(マネーゲーム)と、事業(労働や生産)のカネの価値の再定義」が必要
 
と考えています。これだけ金融緩和がされ
 
 色がついたカネ = 資本家用の投資用マネー
 
が供給されればピケティ氏の言った、
 
 資本収益率(投資リターン) > 経済成長率(事業や労働によるリターン)
 
は当然です。営業日カレンダーを毎年作っていますが、実質の営業日率は実に2/3。
 
 時間を売る労働者 と 時間に関係なくカネを働かせる資本家
 
では差がついて当然でしょう。もちろん、ハードワークによって資産を得た方々を否定
することはできないし、してはいけないことです。
 
ただ、持たざる労働者階級が内部闘争(安売り、階級・世代闘争)をしている間に資本
階級は飛躍的、確実に資産を増やしています。資本家に圧倒的に有利な富の不均衡が続
いていいのか。私は、富裕層への税率云々ではなく、
 
 国内全体の賃上げを目的 > 国民全員でのプライシングルールの総見直し
 
が必要だと考えています。
 #私は社会 / 共産主義者(体制論者)ではありません。
  もっと身近な生活意識や行動での変化を訴えるものです。
 
今までの日本国、日本人でヨシとされた、
 
 安ければならない。かしずかなければならない。
 
 過干渉、説明過剰、過剰設計、過剰管理、感情過多・・・etcetc
 
という原理を変える時が近づいています。生産性が低いのも当然でしょう。まさに「パ
ーキンソンの法則」、仕事の自己増殖・自家中毒です。疑似労働、偽設計/実装はまさに
会社を蝕むウィルスです。疑似労働を廃し、適切な資源の配分、配置によって労働者階
級を時間(精神)とカネ(環境)の両面で豊かにすることは、巡って資本家層の安定・
安心に返ってきます。
 
資本家層は相対的には高額な納税をしていますが、全体での「税収減」「自己責任」と
いう放逐は社会の劣化を招きます。
 
 ・階層の固定化(機会の不平等、特に若者。)
 ・利権の連鎖(集権による財政メリットの偏在)
 ・ホワイトカラーの量産>一次二次産業の空洞化>実習生という名の移民(治安悪化)
 
メディアやYoutuberの扇情活動の裏で「見ないふりをしてきたが誰も避けられない現実」
は確実に社会に影響を及ぼし始め、もはや止められないでしょう。過去を設計、維持した
数で勝る団塊世代が若年世代を強いる現状は健全でしょうか?国民の価値観が文化を作り
ます。
 
そこで今年の言葉は、「慎独」とします。さて昨今、人間/仕事の関係はインターネット
(SNS、比較サイト、クラウドソーシングなど)により
 
 「近くて深い」より、「遠くて浅い」関係
 
で成り立つ社会となっています。人類誕生以来、このようなコネクション社会は初めて
でしょう。
 
 血縁 > 地縁(地域) > 学縁・会縁・職縁(学校・会社・職業)
 から、ネット縁(趣味・異性の出会い・同調社会)へ。
 
すでに来ているのは「現実社会での無縁」です。かつて過剰に「近くて深かった」会社
での関係も、テレワーク、フリーランス、オンラインでの取引完結によって「遠くて浅
い関係」が望まれています。
 
このように技術革新によって時代の地盤や条件が変わっている中、「会社の意義」とは
何でしょうか?ウィルスに耐性を作る本質は
 
 「他人からのワクチン(対処療法、バラマキのカネ、利権)」
 
  ではなく
 
 「免疫を得るための自分の日頃の行動(節酒、運動、栄養)と知恵(読み解く力)」
 
です。与えられた環境で無菌生活を送れば、適応力が低いのは当然でしょう。
 
小さいが、静かにしなやかに生き残る会社を目指しています。

プロフィール

株式会社レップワン
代表取締役 福田兼児

Profile

関連リンク

記事カテゴリー

月別アーカイブ

2022年
2021年
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年