MENU

人が人を呼び、仕事が仕事を呼ぶ会社

Replog!大阪のITサービス会社Rep1代表のブログ

マネー ボール、偏差値58と52

2011.11.14 カテゴリー: 仕事日記

マネーボール をさっそく観ました。

実は私は3年前、
当社社員のあまりのふがいなさ
(仕事の基礎知識や一般教養、やる気、変えようとする気など)が無い
をその者たちだけのせいにし、

今後、

「偏差値52以上の大卒!偏差値58以上の高卒しか会社に獲らん!」

宣言をしたときがあります。でも、その後に獲った、

「初めての有名私大卒」

の方でも

「えぇ!? 怒ったら泣くん?」

みたいなことがあり、方針を転換し、

・結局、自分を成長させなあかん
・そもそも、高学歴、高経歴は当社には応募してこない
・プライドや賃金が高い高学歴者もよいだろうが、実学的な勉強をした高専、専門学校卒
・やっぱり、口コミ入社が一番の評価実績がある
・他の会社で、安い労働環境、詰まったポストで活躍している人間をスカウト
・ほしい人材は、直接口説く
・見込みのある人間は、育つ環境を用意する。
・結局、最後はガッツも必要

などと考え、現在の取り組み、

「人を創る」

に至りだしました。
「俺って、全部もう創られているんだ。」と勘違いしている人間は、「創り直せない」。
もちろん、Yesマンを集めるつもりはありません。

ヒトとヒトが出会うことによる、いい化学反応。

これが大事です。もっと上を、世界を見よう。
 

ただ、会社の頭の部分は地頭がよくないといけない。
統計的には、高学歴のほうが知識、処理能力、一般教養は高い。
が、その結果が賃金と見合うか、と言ったら、全てではない。

じゃあ、ダイヤモンドの原石を見つけることも大事。

話がそれましたが、マネーボール。

現場を管理するマネージャには非常にオススメです。
プレイヤーも、「上がどんなことを考えているのか」
という視点を知ることは大事です。

ヤンキースの1/3程度の予算でチームを編成し、前人未到の連勝記録を立てた。
が、まだワールドシリーズでは優勝していない。

「オレは勝ちたい。でも、負けることはもっと嫌いだ。」

というようなセリフに共感します。以前も言っていました。
勝つことはできなくても、負けなきゃいい。

4年経って、少しは考えが進んだかもしれません。
が、コンセプトは守り続けているつもりです。
だから生き残ってこれているはず。

これを、全社に侵透させるのが、今の私の仕事です。

プロフィール

株式会社レップワン
代表取締役 福田兼児

Profile

関連リンク

記事カテゴリー

月別アーカイブ

2022年
2021年
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年