MENU

人が人を呼び、仕事が仕事を呼ぶ会社

Replog!大阪のITサービス会社Rep1代表のブログ

スーツという鎧。

2015.10.27 カテゴリー: 仕事日記

ここ数年、スーツというものを着ていない。今後も着るつもりはない。

古くからのスタッフにどう?と聞くと、

 

 

「ぜひ。

 頂いたスーツとか来て仕事してると、なんかパワー貰える感じしますよね。」

 

 

という光栄な言葉を頂いたので、全て譲った。そして、葬式用の1つのみとなった。

 

 パワーか。。

 

2005年の独立当初は、「よっしゃ」とスーツをパターンオーダし(フルオーダではない)、

RIMOWAのブリーフケースとか持っちゃったりしたけど。今はどうかな。

 

 

「スーツは男の鎧。武器。」

 

 

とか言うが、着こなしていないと間抜けだ。高校生のブレザー姿の延長でしかない。

 

 

まず、スーツを着こなすには胸筋がいる。

胸筋がないならベストなどでサポートする。 それと採寸だ。

シャツが見える長さ、パンツのクッション、もちろん靴も。

 

出来合いのスーツで、出来あいの成果を期待するなら、

いっそ着ないほうがいいのではないか。

 

 

確かに、服装は礼儀で、自分を表す道具だ。

着すぎた鎧が守るのは、自分のプライド、立場、日常ではないのか。

 

 

益も仲もないのに、なんでもかんでも自己開示は不要だろう。

そこに機能が無いなら、慣習にこだわる必要はない。

プロフィール

株式会社レップワン
代表取締役 福田兼児

Profile

関連リンク

記事カテゴリー

月別アーカイブ

2021年
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年