MENU

人が人を呼び、仕事が仕事を呼ぶ会社

Replog!大阪のITサービス会社Rep1代表のブログ

お隣からやってきますた。

2011.12.02 カテゴリー: 仕事日記

「え、〇〇出身?東京人じゃないじゃん。」

と、にわか大阪人が言ってみる。

日本国内で格付けし合っても、大和の民は大陸からの移民じゃないか、と思います。私も顔つきからして「大陸系」、、モンゴロイドバチバチです。なので、国籍に対する抵抗はないです。

もっと大きな視点で、「日本、とか、アジア」でモノを考えれるようになりたいなぁ。

さて昨日は、韓国ビジネスプラザ商談会 に行ってきました。

以前、なぜだかわからないが、電話がかかってきて、来てくれ、ということだったので、マイドーム大阪だし、近いから行ってみるか、と。3つの企業さんとお話をしました。

・電磁波モーションセンサー
・5Gbpsの無線 でデータを飛ばす(最近のケーブルレスTVの技術はこれか、と)

その中で、翻訳機 を開発している、GLOBAL TALK さんが熱心でした。
出されている製品は 「G-SAY 16」と言います。韓国ではトップ販売の翻訳機だそうです。たしかに便利だ。16か国語を、会話パターン、ストーリーで翻訳してくれます。

「日本でどういう販売をするんだ?」

と聞いたら、

「代理店契約などはいらない。仕入れて、売ってくれたらいい。」

とのこと。

「メーカや販社が価格を維持しないと、価格競争になるじゃないか。ブランド作れないじゃないか。」

と思ったのですが、面白そうだからサンプル品を買ってきました。私は小売りには手を出しません。出せません。が、

「将来を見とおして、その製品を創れる人から安く仕入れて、暴利を取らずにしっかりと売っていく」

というのは商いの原点だな、と改めて思いました。

あちらのDirecor さんと、通訳さん(みんな韓国の方)と。
korean_business.JPG

プロフィール

株式会社レップワン
代表取締役 福田兼児

Profile

関連リンク

記事カテゴリー

月別アーカイブ

2022年
2021年
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年