MENU

人が人を呼び、仕事が仕事を呼ぶ会社

Replog!大阪のITサービス会社Rep1代表のブログ

マトリクス・立体的な思考方法

2010.07.29 カテゴリー: 仕事日記

実際の出来事が、1次情報(事件)
それを誰かが言葉にするのが、2次情報(記事)
そこからさらに考える、検証するのが3次情報、4次情報、

最近よく、点と点をつなげて線にする。という表現がある。
 
さらに、線と線をつなげると面ができる。
面の中に線を入れると、マトリクスができる。
さらに、マトリクスを上方に伸ばすと、立体的な考えになる。

「こう言ったら、人はどう思うか・思うか」

物事を考えるときに、1次判断では単なる本能による感情だ。
2次、3次と考察を重ねることこそが大事だ。考える視点も変える。
そして考えた知恵を実行する。そのためには知識がもちろん必要だ。
それが無意識にできればすごい。

風がふけばおけ屋がもうかる。のはなぜか。

神保町の賢人は、すごいと思う。

プロフィール

株式会社レップワン
代表取締役 福田兼児

Profile

関連リンク

記事カテゴリー

月別アーカイブ

2022年
2021年
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年