MENU

人が人を呼び、仕事が仕事を呼ぶ会社

Replog!大阪のITサービス会社Rep1代表のブログ

金沢行路で見た美田と教育

2013.11.28 カテゴリー: OFF・食

メランコリックな風景

無事、講演を終え金沢から帰阪した。

列車からの風景からは、日本の原風景のような美しい田んぼ、瓦ぶきの日本家屋がたくさん見えた。遠くには両白山地の連峰が雪化粧をしている。

郷愁、感傷的というか、メランコリックというか。
なぜ、こんなに列車は居心地が悪いのか。

風景を楽しむのはよい。そこに映る家屋にそれぞれの家族の生活があり、現実がある。車窓では「横」をみる。その、「現実」に長く座らされ、見せられることが、違和感を禁じ得ないのだろう。

たぶん私は、家族というユニットへの意識が希薄で、適切な距離感がわからないままこの年になっているからだろう。


車なら、「前」を見ていないと危ない。

飛行機なら、離陸した瞬間から、

「あ、都市が小さくなっていく」

と、「(眼)下」を見る。

そこにある人も生活も感じなくなる。雲の上には誰もいない。現実世界は見えない。束の間の、シャバ外がある。
もちろん、キャビン内はシャバである。ヒエラルキーもあるが、外地についてしまえば、

「知ってるひと、道、なーい。」

となる。


美田を失うこと

講演については、担当教授から「ちょっと高度だ」と言われた。

内容について、再度考えた。

「学生は、失った経験がまだまだ少ない。」

ということに気付いた。
我々は仕事や日常生活を通して常に、何かを選択して、何かを失っている。

選ぶということは、他方を捨てるということだ。
トレードオフの関係。

オカネ、経験、家族、を得る代わり、必ず何かを失っている。
時間は必ず失う。

何もかも得る、などはできない。
学生は、まだまだ「得る」ことの割合がおおいのだ。失ったことなど、しれている。

「失うこと」

を学んだ時、知った時こそ、人は一皮むけるのではないかと思う。

帰りの電車で、美田をボゥと見ながら、

「子孫に美田を残すな。教育を残せ。」

と考えていた。

 みんなが選ぼうとする既にある美田より、
 みんなが選ばない小さな野山に、あなたに合う価値はあるかもしれませんよ。

ということを伝えたかった。

プロフィール

株式会社レップワン
代表取締役 福田兼児

Profile

関連リンク

記事カテゴリー

月別アーカイブ

2021年
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年