MENU

人が人を呼び、仕事が仕事を呼ぶ会社

Replog!大阪のITサービス会社Rep1代表のブログ

日本一の賞金王になるだ

2009.04.27 カテゴリー: OFF・食

昨日日曜日は「つるやオープン」開催日でした。
 

近くでやってるやん、とチケットを入手して、いそいそ午前中だけ見てきました。
トーナメントを観戦するのは初めてです。いわゆる、「ギャラリー」。やはり見たいのは、
 

「しんご〜、しんご〜」
 

というわけで、片山選手の組が来るのを6番ホールのティーグラウンドで待っていました。
(例のMr.ツヨポン事件、私はもちろん、「擁護に異議無し」です。)
 

もとい、よくよく考えてみれば、プロゴルフ選手というのは、
 

「賞金王、賞金女王」
 

という「獲得賞金」で順位が決まる、えらくわかりやすい仕組みです。
 

「月給王」「納税王」「罰金王」
 

とは言わんわな。
 

さて、そこに立っていると、すぐそばを賞金ランカーが通っていくのです。
これは素敵だ。すぐそこに競技者がいるのは臨場感があります。また、彼らに「プロの風格」を感じました。
 

特に横尾 要選手。えらいハンサムです。
奥さんがあの「かとう れいこ」なのもうなずける。
 

横尾選手と同じ組に、富田雅哉選手がおり、目の前を通り過ぎて、ティーショットまでずっと見てました。正直、初めて知る選手で、容姿を見て、
 

「軽いなぁ〜」と思ってみていました。
 

そして、用事を済ませて帰ってきてからTV中継を見ると、その富田選手、Topやないですか!
16番でイーグルを決める時の顔、明らかに午前と顔つきが変わってました。
 

「強い意思が結果をたぐりよせた」
 

ことを感じました。
 

優勝を決めて涙ぐんでいる姿、「ちゃらくないっす」。
 

また、今シーズン前に師匠の田中秀道選手から叱責されたエピソードを見て、今後の富田選手はウォッチリストに登録です。
 

しかし、プロの弾道。ほんまCMみたいですよ。
ボールが悲鳴を上げるとはこのこと。一見の価値ありです。

プロフィール

株式会社レップワン
代表取締役 福田兼児

Profile

関連リンク

記事カテゴリー

月別アーカイブ

2021年
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年