• HOME › 
  • その他 › 
  • SIMカードに印刷されるMNOロゴの意義 part2
2016/02/3

SIMカードに印刷されるMNOロゴの意義 part2

このエントリーをはてなブックマークに追加

ということで、実際に入手してみた。

早朝5時から入場待機列に並び、10時の開場を待つ
まぶしいなぁ
ちなみに、この写真を撮った時間帯が一番寒いのです

CN_2015_1230_0702_35

戦じゃ!
CN_2015_1229_1240_07

とのことで、手に入れた物はこちら
CN_2016_0107_1921_23
Twitterのキャンペーンもやったので、ステッカーシールを頂きました。
ポスターも頂いたのですが、写真はありません。

さて、中身を見ていきましょう。
パッケージ
CN_2016_0107_1926_07

パッケージ中身
CN_2016_0107_1922_30

SIMを取り外してみたところ。
CN_2016_0107_1925_07

SIMの裏面
CN_2016_0107_1924_33

お値段3000円。会場で手に入れられたことプライスレス
500MBプリペイドで3000円は正直高いですが、まぁ今回は目をつぶりましょう。
※IIJmioプリペイドパック 2GB 3791円(税抜)(16年1月時点)

さて、通信品質ですがIIJmioのスピードテストとかレビューとか腐るほどあるので、
そっちをご覧ください。 プリペイドと本契約とも変わりはありません。

以上で年末、SIMカードを買いに+通信調査をしに、 有明に行ってきた話でした。

・・・え?通信調査?

この記事を書いた人

なかのひと

なかのひと

レップワンの中の人。よろしくどうぞ!
ページトップ