株式会社レップワン運営サイト
株式会社レップワン
ネットワークインフラに特化したIT技術者の常駐サービスを提供しています。企業情報システムのノンストップ運用を支えています。
Replog!株式会社レップワン代表 福田兼児のブログです
株式会社レップワン代表 福田兼児のブログです。
Oneway Good Communication from Osaka Japan.
大阪近郊のおすすめ情報を英語で発信しています。
カテゴリー/Replog!byStaff

最新エントリー/Replog!byStaff

バックナンバー/Replog!byStaff

Jan
10
2011

人はパンのみにて生きるにあらず 【RepWorks】

こんばんは、佐藤です。

先週の金曜日のことですが、社外からスーパーバイザー(ご意見番)をお招きし、2011年度の我が社の目標設定と経営戦略会議で様々なご意見を頂きました。

「3人寄れば文殊の知恵」と言いますが、常に同じメンバーが集まっての会議だと、少し視野狭窄になっている感もあったので、今回の会議はとても刺激的なものになりました。

特に会議の中で厳しく指摘を受けたのは「会社の目標や戦略が、将来会社のなりたい姿(ビジョン)に繋がっているのか」という点です。

2011年度の売り上げ目標を達成するのは何のためか
会社が社員に「こうあって欲しい」と示す行動指針は何のためか
今年の目標は何のために達成されなければならないのか
突き詰めれば、今、この仕事は何のために為さねばならないのか

それらは全て会社の「ビジョン」と「経営理念」に帰結するものでなくてはならない。

ちょっと経営やマネジメントの本を読めば必ず書いてあること、当たり前のことなのかもしれませんが、今までそれをおろそかにしていたことに改めて気づき、またその重要性を改めて実感した貴重な一日でした。

人は明日のパンなしでは生きられないが、未来を夢見ることができなければ生きる希望がない。そんな言葉が家路の途中で頭に浮かんできました。(誰かが言った言葉かもしれませんが、思い出せません)

今不安を抱えている社員がいるとすれば、それは会社の目指す未来がどこにあるのかがわからないからなのではないかと私は考えています。
「会社の夢(ビジョン)を言葉にし、行動と結果で社員に伝えていく」それが私が今年達成する大きな使命の一つだ。と決意を新たにした一日でもありました。
2011年1月10日 コメント(0)トラックバック(0)
このエントリーのトラックバックURL

コメント投稿
は必須項目です。(メールアドレスは公開されません)
名前
メールアドレス
URL
本文
レップワンスタッフブログ RSS登録
Cisco ASAシリーズで安心の日々を お問い合わせはこちら