株式会社レップワン運営サイト
株式会社レップワン
ネットワークインフラに特化したIT技術者の常駐サービスを提供しています。企業情報システムのノンストップ運用を支えています。
Replog!株式会社レップワン代表 福田兼児のブログです
株式会社レップワン代表 福田兼児のブログです。
Oneway Good Communication from Osaka Japan.
大阪近郊のおすすめ情報を英語で発信しています。
カテゴリー/Replog!byStaff

最新エントリー/Replog!byStaff

バックナンバー/Replog!byStaff

Jan
18
2011

Rep1 Talk Session 【RepWorks】

こんばんは、佐藤です。

先日、我が社で少し面白いイベントを企画しました。

題して「Rep1 Talk Session」

「先行き不透明な時代の中、高い意識での自主自律、利他尊重によって、生きがい・働きがいを得、仕事で実績を残されている方をお招きして、私たちの気づきを作る」というのが会の趣旨です。

記念すべき第1回は某アルコール飲料メーカーにて第一線の営業マンとしてご活躍されているS様をお招きし、営業マンとしてのご自身の視点、体験からの様々なお話をお聞かせいただきました。

お話の中で私が率直に感じたのは、第一線で活躍しておられる方が日々実践されていることは他の分野、職種であっても応用できるような、シンプルで汎用的なことだということ。
そして私との最大の違いは私が「こうなりたい、できるといいな」と思っていることを"当たり前のこと"として日々実践しておられるということです。

また、S様は「営業職はクリエイティブじゃなければ務まらないんだ」とおっしゃっておられましたが、これもまさに我々エンジニア職にも言えることだと私は思っています。


さて、今回は記念すべき第1回のTalk Sessionのまとめとして、S様のお話から特に私が感銘を受けた10の項目を
クリエイティブな○○になるための10の心得」としてご紹介させていだたきます。

1.役職ではなく役割を演じる
  • フラットであったり流動的な組織で必要なものは階層組織による規律ではない。
  • 一人一人が自分自身の「役割」を把握し、最大限の力を発揮することで最大の効果が生まれる。
2.たたき台、たたかれ台をつくる
  • 達成したい仕事、数字があるならまずは自分で青写真を作り、仮説を立て、できるだけ細かい部分まで落としてみよう。
  • 非の打ち所のない資料を作る必要なない、そこから議論を広げる余地があるほうがよい。
3.信頼は100マイナス1はゼロであることを心得る
  • 長年かけて築き上げた信頼関係もたった1回信義を守れなかったことで崩壊することがある、それほどに信頼関係は大切なものだと意識する
4.自分バイオリズムを把握する
  • 自分が最もパフォーマンスを発揮できる時間帯はいつなのか、パフォーマンスが落ちる時間はいつなのかを把握しよう、バイオリズムに応じて適切な仕事がある。
  • 大切なことは「重要だが緊急でないこと」をやる時間をいかに確保するかであり、自分自身を把握することで1週間先、1ヶ月先、1年先を見越した計画を立てることである。
5.数字を分解して考える
  • 大きな数字は小さな数字の積み重ねである
  • 数字を見せる相手や期間によって必要な数字のチャンク(まとまり)は異なる
  • 個人の目標数値を考えるならば、「人当たり、1件あたり、1日あたり」そこまで分解して考えることでやるべきことが明確になっていく
6.相手を納得させるには時に「何を言ったか」よりも「誰が言ったか」のほうが重要な場合もある
  • 「○○さんが言うんだからそうだろう」と相手に納得してもらえる人になろう。
  • 相手を納得させるには自分の言葉に「説得力」「実績」「情熱」がなければならない。
7.情報の共有と発信を率先してやる
  • 情報は常に共有し、自ら発信することを心がける
  • 発信するためには自分がそのことについて深く理解していなければできないため、自分自身の理解を深める助けにもなる
8.自分の習慣を相手の習慣にする
  • 例えば、顔も知らない営業マンなら誰が来てもお客様にとっては同じ
  • ならば○曜日の○時頃に必ず訪問するようにしてみる
  • そうすれば自分の習慣は相手の習慣となり、自分を主体として相手の行動をコントロールすることができる
9.将来のために生え抜きの6番バッターを育てる
  • 今ある頼りにしている顧客(売上が最も高い等)のケアも重要だが、それ以上に将来の4番バッターになれるポテンシャルの高い顧客を開拓/育成してゆくことが大切
10.指示ではなく提案する
  • 「指示」では意思ある人は反発し、意思なき人は考えずに動くだけの組織になる
  • 私はこう思いますが「いかがでしょうか」「あなたはどう思いますか」と「提案」することで議論や意見が生まれ「考える人」を育てることができる

いかがでしょうか、これを読まれた方の心に何か一つでも残る言葉があれば幸いです。

この「Rep1 Talk Session」今後も不定期に会を重ねていきたいと思っています。
講演者側だけではなく、私も話を聞いてみたいという社外の方も参加者としてお招きしたいと思っておりますので次回開催にご期待下さい。


2011年1月18日 コメント(0)トラックバック(0)
こんばんは、佐藤です。

先週の金曜日のことですが、社外からスーパーバイザー(ご意見番)をお招きし、2011年度の我が社の目標設定と経営戦略会議で様々なご意見を頂きました。

「3人寄れば文殊の知恵」と言いますが、常に同じメンバーが集まっての会議だと、少し視野狭窄になっている感もあったので、今回の会議はとても刺激的なものになりました。

特に会議の中で厳しく指摘を受けたのは「会社の目標や戦略が、将来会社のなりたい姿(ビジョン)に繋がっているのか」という点です。

2011年度の売り上げ目標を達成するのは何のためか
会社が社員に「こうあって欲しい」と示す行動指針は何のためか
今年の目標は何のために達成されなければならないのか
突き詰めれば、今、この仕事は何のために為さねばならないのか

それらは全て会社の「ビジョン」と「経営理念」に帰結するものでなくてはならない。

ちょっと経営やマネジメントの本を読めば必ず書いてあること、当たり前のことなのかもしれませんが、今までそれをおろそかにしていたことに改めて気づき、またその重要性を改めて実感した貴重な一日でした。

人は明日のパンなしでは生きられないが、未来を夢見ることができなければ生きる希望がない。そんな言葉が家路の途中で頭に浮かんできました。(誰かが言った言葉かもしれませんが、思い出せません)

今不安を抱えている社員がいるとすれば、それは会社の目指す未来がどこにあるのかがわからないからなのではないかと私は考えています。
「会社の夢(ビジョン)を言葉にし、行動と結果で社員に伝えていく」それが私が今年達成する大きな使命の一つだ。と決意を新たにした一日でもありました。
2011年1月10日 コメント(0)トラックバック(0)
2011年度始めのご挨拶
株式会社レップワン
アウトソーシング部 課長
佐藤 聖賢

 新年あけましておめでとうございます。レップワン社員を代表し、年始のご挨拶をさせていただきます。

 昨年は私を含むマネージャ陣にとって「マネジメントとは何か、組織とは何か」を深く考えさせられた一年でした。沢山の試行錯誤、失敗もありましたが、それは全て飛躍のための試練だったと信じています。その試練を力に変え、2011年は我々だからこそできる人材サービス、ITサービスを社員一丸となって創ってまいります。

さて、今年の我が社の合言葉は「主体」ですが、なぜ主体であろうとするのか。
私の答えは、そのほうが絶対に「面白い」からです。

どんな仕事に対しても、楽しそうに取り組む人、会社こそが、次から次へと仕事を頼まれ、成長することができる。そして自分自身も、周りからも「面白い会社だね」と言われるような会社を創っていきたい。それが本年度の私の仕事人としての目標です。

かのヘンリー・フォードはこのように言っています。

『「できる」と信じるのか「できない」と信じるのか、どちらも結果は完全にその通りになる。
(Whether you believe you can or believe you can't, either way you're right.)』

大切なのは「必ずできる」と信じ「面白がって」やり遂げること。
2011年のレップワンにご期待下さい。本年も何卒よろしくお願い申し上げます。


2011年1月 4日 コメント(0)トラックバック(0)
こんばんは、佐藤です。

わが社ではこの10月より社員のスキルアップ施策として
トーマツイノベーションさんの定額制セミナーを利用しています。

今日はわが社の時間外労働三銃士が
「時間力/仕事の5力」【基礎】タイムマネジメント
というタイトルのセミナーを受講してきました。

35にもなって「基礎」かよ!なんて言わないで下さいね。
何せ私が最も苦手とするものの一つがこの「タイムマネジメント」なのです。

常駐先の業務を終えて、開始時間5分前に到着すると、会場はほぼ満席
(定員は50人ぐらいかな?)、年齢層も様々です。
社会人経験10年以上の人が8割ぐらいだったのはちょっと驚きでした。

さて、このトーマツさんのセミナー、何が素晴らしかったかというと
1.知行合一(ちこうごういつ、ちぎょうごういつ)がモットーである。
2、「研修のゴール」を最初にしっかりと説明している。
3.講義資料がシンプルでコンパクト(知識を詰め込むタイプのセミナーではない)
4.学んだことを実践するための「シンプルしかけ」がついてくる

同社の代表の白潟氏はとてもシンプルで効果の高い「しくみ」をテーマにした書籍を
出版されているのですが、セミナーで自分が求める知識を得、それを実践し、チェック
するための「しくみ」を紹介する、というシステム(これもある意味「しくみ」ですね)は
目からうろこが落ちる思いでした。

ここまでお膳立てされてしまってはやってみるしかありません。
セミナーが終わって3人が集まり、今日のセミナーで紹介されたシンプルしかけのうち
一つをやってみよう、という話をしたところ、偶然にも3人の意見が一致しました。

そのしかけとは「じかん上手(初級編)」
1.明日やるべきことを漏れなくリストアップする
2.やるべき順番をつける
3.終わったら都度終了チェックを入れる

なんともシンプル!しかし3人の意見が一致したということは、3人ともこれができていない
ということなんですよねきっと。

というわけでレップワン時間外三銃士、まずは「じかん上手(初級編)」を一ヶ月続けて
みることにします。

結果と効果のほどはまたこのブログでご紹介できればと思います、お楽しみに。



2010年10月26日 コメント(0)トラックバック(0)
こんばんは
自分が社長なら是非誰かに「宴会部長」という肩書きを名乗って欲しいなと常々思っている佐藤です。

みなさん、名刺の肩書を自分で考えたことはありますか?

山澤君や岩城君が既に書いているように、この度我が社では「名刺の肩書を自分で考えてよし」という試みをやってみました。

自分はこうなりたい、こう呼ばれたい、そういう思いを込めて自分の肩書きを考えるきっかけを持ってほしかったという意図だったのですが、皆それぞれになるほどと思う理由があってなかなか興味深いですね。

さて、私はというと

「ITマネジメントイノベーター」

という肩書きを考えてみました。

イノベーターというと大げさに聞こえますが、ITシステム運用の現場はおそらくどこも解決すべき問題・課題、もっと効率化・最適化できる業務が宝の山のように眠っています。
それを一つ一つ発見し、改善・解決していくことこそが、突き詰めるとITシステムを利用している人の生産性・利便性の向上、ひいては幸せに繋がると私は思うのです。

改善・省力化・効率化を突き詰めると運用の仕事がなくなっちゃうじゃないか!
と思われる方もいるかもしれませんが、私はそうではないと考えています。
今起こっている、あるいはこれから起こるであろう問題・課題を解決したその先には何があるのか。

それは「今よりももっとよいシステム・サービスを作ろう」という取り組みから生まれる新たな課題(チャレンジ)ではないかと私は思います。

そもそもITというのは何のためにあるのか。
大げさな言い方をすると「使う人達を幸せにするための仕組み」こそがITであり。
そうでないITは存在意義を失っていくことでしょう。

ITマネジメントを改善していくことを通して人々の幸せに貢献する。
そんな思いが「ITマネジメントイノベーター」という肩書には込められています。
2010年7月13日 コメント(0)トラックバック(0)
12
レップワンスタッフブログ RSS登録
Cisco ASAシリーズで安心の日々を お問い合わせはこちら