株式会社レップワン運営サイト
株式会社レップワン
ネットワークインフラに特化したIT技術者の常駐サービスを提供しています。企業情報システムのノンストップ運用を支えています。
Replog!株式会社レップワン代表 福田兼児のブログです
株式会社レップワン代表 福田兼児のブログです。
Replog!株式会社株式会社レップワン マネージャーによるブログです
株式会社レップワン マネージャーによる公式ブログです。
Oneway Good Communication from Osaka Japan.
大阪近郊のおすすめ情報を英語で発信しています。
カテゴリー/Replog!byStaff

最新エントリー/Replog!byStaff

バックナンバー/Replog!byStaff

Nov
06
2009

"date" 日付・時刻の表示 @LCD -Linux Command Dictionary- 【山澤】

どうも、山澤です。

前回前々回と date を使って日付や時刻を設定する方法について書きましたが、今回は date を使って日付や時刻を表示する方法。

スクリプトを書いてると日にちや時間だけを取り出したいこともあるので、そーゆー時に役に立つかと。



**************************************************

■1.日付と時間を表示させる

とりあえず、そのまま打てばシステムの日付と時刻を表示してくれます。

# date
2009年 11月  6日 金曜日 01:18:56 JST



■2.表示する形式を指定する

+(プラス)の後に形式を指定することで、必要な情報だけとか好きなフォーマットで表示できます。指定の仕方は下記。(man から引用)

 時刻フィールド
%H     時 (00..23)
%I     時 (01..12)
%k     時 (0..23)
%l     時 (1..12)
%M     分 (00..59)
%p     AM あるいは PM のロケール
%r     時刻、12 時間 (hh:mm:ss [AP]M)
%s     1970-01-01 00:00:00 UTC からの秒数 (標準外の拡張)
%S     秒 (00..60)
%T     時刻、24 時間 (hh:mm:ss)
%X     ロケールによる時刻の表現 (%H:%M:%S)
%Z     タイムゾーン (例 EDT)、あるいはタイムゾーンが決定できないならば無し


 日付フィールド
%a     ロケールの省略形の曜日名 (Sun..Sat)
%A     ロケールの完全表記の曜日名、可変長 (Sunday..Saturday)
%b     ロケールの省略形の月名 (Jan..Dec)
%B     ロケールの完全表記の月名、可変長 (January..December)
%c     ロケールの日付と時刻 (Sat Nov 04 12:02:33 EST 1989)
%d     月内通算日数 (01..31)
%D     日付 (mm/dd/yy)
%h     %b と同じ
%j     年内通算日数 (001..366)
%m     月 (01..12)
%U     日曜日を週の最初の日とした年内通算週 (00..53)
%w     週のうちの曜日 (0..6) (0 が日曜日)
%W     月曜日を週の最初の日とした年内通算週 (00..53)
%x     ロケールの日付表現 (mm/dd/yy)
%y     年の最後の 2 つの数字 (00..99)
%Y     年 (1970...)


 文字フィールド
%%     文字 %
%n     改行
%t     水平タブ


例えば、こんな感じ↓

# date '+%Y/%m/%d (%a) %H:%M'
2009/11/06 (金) 01:49


ファイルのバックアップ取るときなんかにも使えます。

# ls -l
合計 4
-rw-r--r-- 1 root root 1915 11月  6 02:02 file

# cp -ip file file.`date +%Y%m%d`

# ls -l
合計 8
-rw-r--r-- 1 root root 1915 11月  6 02:02 file
-rw-r--r-- 1 root root 1915 11月  6 02:02 file.20091106


曜日とかロケールに依存するものは、環境変数 LANG の値を変えることで英語表記とかに出来ます。

# LANG=en_US.UTF-8 date '+%a,%d %b %Y %T'
Fri,06 Nov 2009 01:57:28

ちなみに、↑こんな感じでコマンド実行時に同一行で変数の設定を行うことで、 そのコマンドに対してのみ有効な変数を設定することが出来ます。;(セミコロン)で区切らないのがポイント。


**************************************************

次も date コマンド。何カ月前とか何日後とかの日時を指定して表示させる方法について書きます。


コマンド一つとっても奥が深くて大変。

調べてて楽しいから良いんだけどhappy01
2009年11月 6日 コメント(2)トラックバック(0)
このエントリーのトラックバックURL

▼この記事に対するコメント

major league chart you've procure

|投稿者:Jill Leak|2010年12月13日 17:58|

You made some clear points there. I looked on the internet for the subject matter and found most people will go along with with your site.

|投稿者:David Eads|2011年1月18日 13:09|


コメント投稿
は必須項目です。(メールアドレスは公開されません)
名前
メールアドレス
URL
本文
レップワンスタッフブログ RSS登録