株式会社レップワン 代表取締役 福田兼児

株式会社レップワン
代表取締役 福田兼児

プロフィール


派遣から始まるトータルサポート
株式会社レップワンの専門職、派遣サービス特設サイト
レップワンの実績検索ナビ
レップワンの実績検索ナビ
株式会社レップワン
会社公式サイトにリンクしています。
企業情報システムのノンストップ運用を支える、インフラに特化したIT技術者の常駐サービスを提供しています。
Replog! 株式会社レップワン スタッフによるブログです
株式会社レップワン スタッフによる公式ブログ
鋼鉄セキュアサービス
Cisco ASAシリーズで安心の日々を。
Oneway Good Communication from Osaka Japan
大阪近郊のおすすめ情報を英語で発信しています。
カテゴリー
バックナンバー
TOPページ > 2018年6月のエントリー一覧

ここ数週間、社内外にプリプリ文句ばかり言っている。

 

  レイシスト?

  ミソジニスト?

 

差別に興味はないが、やってるのは「仕事」なんだ。

それが現実で、「オカネ」なんだ。

 

端的すぎる、思いやりがない、といわれるが、

 

 ・感謝し合ってるけど、賃金が上がらない会社(カネ渋る客)

 

 ・ホメもねぎらいもないけど、賃金上げる会社(継続する客)

 

だったら、後者を目指したい。仕事はやって、できて当たり前。

 

 

エリート同士の民主制による遠慮より、

独裁の鉄血が成果を生むことがあるのは歴史が証明している。

(タイミングが大事だが)

  

 

仕事の精度とは、

 

誰に・・

 ・粒度(どれくらいの粒度が必要か)

 ・密度(どの範囲までか)

 ・頻度(どんな頻度でか)

 

 

「売上は、単価、客数、購買頻度」の応用。

 

何事も分解すれば、要素が見えてくる。最短で突っ走るのが生産性ということ。

 

点じゃなくて、線なんだ。 

そういえば、料理についても

 

 ・大阪人はまずいと文句を言うが、また来る。

 ・京都人はまずくてもほめるが、二度とこない。

 

という皮肉もある。

 

が・・・

  

「文句を言う」

って、そういうことじゃないですかね。

 

疑問や批判、対案なきところに改善はないです。


1
RSS登録