株式会社レップワン 代表取締役 福田兼児

株式会社レップワン
代表取締役 福田兼児

プロフィール


派遣から始まるトータルサポート
株式会社レップワンの専門職、派遣サービス特設サイト
レップワンの実績検索ナビ
レップワンの実績検索ナビ
株式会社レップワン
会社公式サイトにリンクしています。
企業情報システムのノンストップ運用を支える、インフラに特化したIT技術者の常駐サービスを提供しています。
Replog! 株式会社レップワン スタッフによるブログです
株式会社レップワン スタッフによる公式ブログ
鋼鉄セキュアサービス
Cisco ASAシリーズで安心の日々を。
Oneway Good Communication from Osaka Japan
大阪近郊のおすすめ情報を英語で発信しています。
カテゴリー
バックナンバー
TOPページ > 2015年5月のエントリー一覧

女性スタッフと食事をしていて、

 

 「カゲのある女性はモテる。」

 

という一つの結論になった。 古来より人間も

 

 ・オスは狩猟をして食物をとって家族に与える。

 ・メスは家庭を守って、子を育てる。

 

という動物的遺伝子が刷り込まれている。

当然、永く多くエサを取ってこれるオスがモテるわけだ。

メスはそういうオスとつながるために身づくろいをする。

 

 

一目惚れの科学 (ディスカヴァー携書)

一目惚れの科学 (ディスカヴァー携書)

 理屈で男女差を論破してしまう面白い本。

 

 

女性と男性は、視覚能力が違うという。

 

 男性は、動くものを認識し、空間を捕える能力に長ける。

  ⇒だから、電車や車など動くモノが好き

 女性は、色を彩かに認識し、各種コーディネートをする能力に長ける。

  ⇒だから、服、化粧品、宝石などの装飾品が好き。

 

つまり、男女は見えている風景が違うのだ。

 

昨今の男女参画平等社会の中でも、

 

 「この女性は自分では獲物を取ってこれなさそうだな。」

 

という対象に、私も含めたバカな男性は

 

 「ハイ、これ!」

 

と、コロリンチョ。なわけだ。

 

 

もちろん少数派の「男みたいな女性」もおり、「結婚できない、彼氏がいない」とのたまっている。

多くの男性からすれば、「キミは一人でエサを取って生きていけるではないか。」と思って敬遠してしまう。

 

 

 ・ カゲ、ウレイ

 ・ ハカナサ、シオラシサ

 ・ ウルオイ、ツヤ

 

 

を女性の3大モテ要素としよう。息の長い女優を見ても、その傾向はあるはずだ。

なので、

私のようにモテない{モテたくもない}男性は、逆張り(強く、理屈っぽい女性)をターゲットにすればよろしい。

気がバッチリ合うか、忍の一文字か、戦争になるだろう。

 

 

もといそんなことより、その帰りの新幹線で

 

 

「ここ数年、他社、法律、誰かが創ったルールを見すぎて、こうしなければいけないんだ。

 他がこうだから、この程度でいいんじゃないか。」

 

 

という判断、行動を多くしてしまった。つまり、「べき論」。

 

会社を創った当初は無知と若さゆえに

 

「これでいいやん。こうしたいねん。」

 

と進んでいた気がする。

適度に会社がまわり、守りや惰性に入っていたのだろう。

 

 

昨日知り合った化粧品卸や通販を営む32歳の社長が、

 

「疑問を感じて行動すると、成果がとたんに悪くなる」

 

と言っていて、「そうだそうだ。」と思った。とある社長は、

 

 

「一時、 乳首がピンクになる化粧品を1万円で売ってたんだ。仕入れが1,000円。

 飛ぶように売れたよ。

 

 当たり前だよね。ピンクの着色剤が入ってんだから。 

 

 塗ったときだけピンクになるんだ。で、塗り続ける。

 つかまる前に売るのをやめたけどね。」

 

 

男女関係も商売も、相手の欲を満たすことが原点だな、と改めて思った。


当社の接待では、一次会は一定以上のところにお招きする。

「一人5,000円(税別)以内にまとめてね。」は、会議費(社内MTG)だ。

 

 

一軒で一人あたり2万を超えることもままあるが、w/女性な店 との相対比較では星の店すら安い。座って*万てどういうことやねん。 

 

 

もとい、消費 / 浪費とも言われるが、投資と考えよう。 

飲まない(飲めない)、唄わない(唄えない)ので、二次会は帰りたい。 

 

 

年を取ると舌も鈍る、我、や独りよがりの解釈が強くなる、執着も出る。 

若いうちに経験しておけば、経験(失敗)からの余裕ができる。

が、経験したからと言って、思わぬ否定主義に陥いらないようにしないと。

知識と経験をいい形で蓄積すればいい。 

 

 

春の人事異動がひと段落したもようだ。例のスーパー社長と会食した際に、

 

「組織というものは、目標ありきでその達成手段として形成されるのではないのか。大企業の異動は、組織ありきになっている気がするのだが。」

--------- 

■参考:P&Gメソッド(ちょっと改)

---------

 1.Target Planning 正しい目標設定をする。具測達一。
   具体的・・・数字、固有名詞、時間で明確に表現する。
   測定可能・・途中経過が測定可能であること。
   達成可能・・達成可能であること。ストレッチは120%まで。

           いきなり140%は難しい。
   一貫性・・・長期的な目的、目標に向かってブレがないこと。"


 2.Communication 目標設定を関係者に正しく伝える。

 3.Support 目標達成ができる組織 / 体制作りをする。

 4.Award 達成したらどうなるか、どうするか、関係者に伝える。

 5.Review 途中判定し、修正をしていく。

 6.Commitment 関係者の達成への約束レベルを計る。

           低いようなら目標設定を変える。

---------

 

と質問をすると、

 

 

「確かに、 組織は戦略に従う。 というチャンドラーの言葉もある。

 が、戦略を決めるのは組織、でありその文化 だ。」

 たとえば、チャレンジングな会社は、そのような目標を立てるだろう。

 保守的な会社は、違う戦略を取るだろう。

 また、業界の立ち位置、組織の構造がどうなっているかにも寄る etc・・・」

 

 

と、さすがの考察で勉強になる。

 

組織は戦略に従う

 

この本らしい。高いから買わないけど。

 

そういえば、こんなノートを創ったりしたこともあった。

Leader's Key Note vol.1  

私の失敗としては、社外にチャンスを求める、創るべきタイミングで、

社内の重箱のスミをつついて、成長機会を止めた。ということが言える。

 

 

しかし、時間はかえってこないし、その選択をしたのは私だ。

 

 

当社の戦略(何をして、何をしないか)においては、他社は関係なく、

 

 「ムリ・ムチャ・ムダしない」

 

ことが重要としている。

 

「食べるために生きる」

「楽しむために生きる」

 

という感じだろうか。一昨年から考えていた、社内にこういうキャンペーンをはった。さっそく、スタッフには好評のようだ。

 150522_lunch.jpg

 

私は 「昼食を上司、同僚や部下と毎日共に」など、絶対に御免こうむる。

 

 

実際、スタッフとも昼食はしない。

伝えたいこと、聞きたいことは業務時間中に聞く。昼食時間を拘束(指揮命令下)してはいけないのだ。

 

が、事務所の周りでも奇妙な光景が多い。

それを社会性(翻って、カイシャ性)というのだろうか。

 

 

生きるために、食べるのではないステキな時間、食事は大事だと思う。


2012年新卒入社の1名の退職手続をする。

 

 ・あと30~50万円、年収設定を間違えていなければ流出は無かった。

 ・年50万円程度の年収差で1年いてくれるなら安いものだったし、それだけの人材であった。

 ・しかし、常駐で得れる経験値に限界はあるから3年で送り出すことは妥当だった。

 

 

頭を使わない慣例評価、賃金設定による失敗を悔やむ。

 

年収500万円以上の設定には、職能に対して自分なりのしきい値をもうけてある。

が、正しいのだろうか。

スタッフ全員、現設定より50万円多く支払うべきなのだろうか。

   

DSCN3556.JPG

 事務所テラスからの景色。

 

 

 

最近、年収が*千万~*億とかいう社長の方々と連続で会っている。

 

とある社長(積年の浮気がばれて、家じゅうの食器が割れた)は、

 

 

 「スタッフに、月に50払うと定着率、ガンバリは維持される」

と言い、

 

 

とある社長(売上2億の時に、2億の設備投資をした)は、

 

 「ビルの警備員さんが、そのビルのテナントの社長になることはないが、

  警備会社の社長になることはあり得る。だから、IT担当はアウトソースする。」

と言う。

 

 

それぞれの社長の本質であり、経験や考えによる決断をし、指揮を執る。 

 

社長という方々は、想像にがたい金銭的損失や、精神的負担を負いながら戦い続ける。 

 

翻って私は、極小なことにクヨクヨすることが多いが、見習って行こうとおもう。


1
RSS登録