株式会社レップワン 代表取締役 福田兼児

株式会社レップワン
代表取締役 福田兼児

プロフィール


派遣から始まるトータルサポート
株式会社レップワンの専門職、派遣サービス特設サイト
レップワンの実績検索ナビ
レップワンの実績検索ナビ
株式会社レップワン
会社公式サイトにリンクしています。
企業情報システムのノンストップ運用を支える、インフラに特化したIT技術者の常駐サービスを提供しています。
Replog! 株式会社レップワン スタッフによるブログです
株式会社レップワン スタッフによる公式ブログ
鋼鉄セキュアサービス
Cisco ASAシリーズで安心の日々を。
Oneway Good Communication from Osaka Japan
大阪近郊のおすすめ情報を英語で発信しています。
カテゴリー
バックナンバー
TOPページ > 2015年1月のエントリー一覧

昼・・・

とある待合にいた。国会中継が流れていた。音声は無い。

 

 

代議士がかわるがわる拍手に送られ、お辞儀を繰り返して登壇し、何かを読み上げ、訴えているようだ。

 

 

代表質問、という儀式らしい。

 

 

ホワイトボードも、プロジェクタも使わず、重要ポイントへの焦点もない。

 

 

フム・・・

 

 

・ 会議とは、決めるところ。

・ 質問とは、正しい回答、正しい実行ができる人に対してすること。

・ 議論とは、解決方法を模索すること。 

 

 

ではないのか。グチなら家族にでも聞いてもらえばよい。

 

 

読みあげるだけなら、原稿をネットにUpすればよいのではないのか?

なんたる、没個性プレゼンテーション。

 

 

この、単価の高い方々は頭も良くて、志も高いのだろう。

が、時間の使い方が異常に変わっている。つまり、 「ヒマ」 。

 

 

と確信した。

 

 

彼らも、「つきあい」「慣例」で国会に参加し、それが執務のうちなのだろう。

関係ないであろう議員もたくさん会議に参加している。

まさに形式美である。が、お国の難しい問題なので、集合知が必要なのかもしれない。

 

 

彼らは、コトをややこしくすることに使命があるシステム=仕組みだ。 

決議を彼らにアウトソースする仕組みにゆだねているのは、我々国民だから文句を言っても始まらない。

 

  

一部の国民(当たり前だが、投票した人)の代弁者であり、

儀礼的で冗長的な彼らの合議による決定が、対立や戦争を生み出してきたではないか、と思う。

 

 ※持論

  「投票に行きましょう」はいい。

  「拒否します」という選択肢が無いのはおかしい。

  だから私は選挙に行かない。棄権=拒否ということなのだろうか。

  拒否の票数が、得票数を上回ったら無効でいいのではないか。

  代議士が、「有権者」ではなく「投票する人」へおもねる政策を生み出すのは当たり前だ。

  「一票の格差」は、世代人口の差にもありえるのではないのか?

 

 

 

さて・・・

アルコール禁なので、「つきあい」はできなくなり、「酒宴」を企画することも一切なくなった。

もはや、自爆的に飲むこともない。今後もない。

 

 

家で、餃子を包みながら考え事をしてみたり、

gyoza.JPG

 

近くのワインショップでオーパスワンの試飲ができるよ。と知人を連れて行ってみたり。

opusone.JPG

 

クラシックを再び聴きだしたり。

シューマン:ピアノ協奏曲&ヴァイオリン協奏曲

シューマン:ピアノ協奏曲&ヴァイオリン協奏曲

 やはり、これはイカス。

 

 

生活のルーティンが、全く変わった。

 

 

ヒマ。

 

 

なんだが、子供時代に戻ったようだ。

 

 

欲望、享楽、地位、カネ、みせかけの責任など、人生の添加物によって、子供は大人に変わっていく。

 

 

遁世的?

 

 

おつきあい全開だった会社運営、

なれあい全開の人生運営、

を変え、結果を出さないといけない。

 

 

ともあれ今年は、 島めぐり 、をしてみようと決めた。


なんと、旧スタッフからさっきコメントを頂いた。

 

どなたかはわからない。誰か、せんさくもしない。とてもうれしいことだ。

 

彼が言う、「高い給料」とはリップサービスとして、

私としては卒業したスタッフに対して、以下の気持ちは常に持ち続けている。

 

 ・ 申し訳なさ

  ・生活、将来の超安定、成長を見いだせなかった。

  ・私の未熟さゆえの言動があった。

   →当時、私が熟慮・ハードワークして規模の拡大を計れていたら?

 ・こちらからは連絡は取れない

  ・活躍の報せをうわさに聞くことがうれしい。

卒業したスタッフが「恩返し、申し訳ない」ということは絶対になく、在籍してもらっただけでも、「私が恩に着る」のだ。

 

 

ステップは、権利である。

巣立った彼らは皆、当時の現場責任を果たしていた。将来の責任は、経営サイドにある。

 

 

期待をこめていただいたコメントに「おぉ」となった。

でも。。。

 

実質経営、営業を一人で運営しているから勘弁してよ。という言い訳、

ハードワークができない自分へのなぐさめ。で日々を過ごしている。

 ※一応、このエントリーをしながら、顧客ルータのconfigをつくったりはしているが、

  自分のスケジューリングの不味さであり、本当の起業家は寸暇を惜しんで仕事に励む。

  私にはそれはできないし、そういうスタイルではない。

 

「センスがよい」

 

という評価は率直にうれしい。これは、

 

「決断時に、(他の運営者の)雑音を、(一切)入れない」

 

ということに尽きる。

 

「こうだからこうじゃ。他人がどう思うと知らんがな。」

 

でしかない。

 

Keep Going My Way.

 

表現、表情は変わるかもしれないが、軸は今後も変わらない。どこかで再会した時、

 

「変わらないねぇ」

 

というのが、言われてうれしいことなのかもしれない。


今年のテーマとして、

  ・あせらない

  ・イライラしない

  ・怒らない

を掲げていたが、年始早々、エンジャパンのご担当者に怒っていた。

先方からすれば

 

「なんやねん、コイツ!」

 

だろう。 私が小者過ぎて相手にならんか。

 

 

広告=水物である。代表者の一番の仕事は、「採用」である。

 

ライティングへの妥協はしたくない。他社の「どうでもいいような似たような広告」

右にならえには絶対したくない。

 

運営会社としての企業倫理、媒体の広告文化との合間で、いやな思いをさせてしまったかも。

が、問題提議にはなったはずだ。

 

 

現広告のキャッチ、

 

「受け身ではなく、自ら手を挙げる人、活躍中」

 

ときれいにおさまっている。が、私の案としては、

 

 ・Are U in the black ?

とか、毒気のあるものにしたかった。彼らも、

 

 ・捨て身だから、ベンチャー。受け身なら、ただの中小企業。

 

など考えてもらった。ベンチャー=捨て身はまずいが。ちゃんと生存しないと。

 

「ブラック企業を掲載していると誤解を受ける」

 

とのことだったが、

 

「転職希望者がその程度のリテラシーしかないから、甘い言葉につられて転職に失敗するんじゃ」

 

と言いたい。転職の成功度合が一番高まるのは、「転職希望先からのスカウト」だろう。

 

 

「転職広告」は、転職活動に対して「量」を担保するものである。

不動産賃貸仲介屋みたいなもので、情報の量が武器であり、質、結果までに責任は持つ必要は無い。

 

私は借家派なので、なんども仲介屋と話しているが、

 

 「まともな頭脳、知性、品性 を持った仲介屋」

 

と話したことはない。

 

本当に欲しい、借りたい物件があったら、登記簿を調べてオーナーと直接交渉するのがいい。

必要なら弁護士を雇えばいい。それが毎度できないから、「仲介屋」という職業が成り立つわけだが。

 

広告は、「優良企業」「優良物件」がたくさんあるにこしたことはない。

非掲載企業がたくさん!とも言うが、本当の転職は、広告・仲介にはない。

 

「もちろん、転職してよかった!」

 

ということもあるが、「選択肢の中で」という話だ。ベターではあるが、ベストであるかはわからない。

それは、「転職の目的」による。 前提条件(その会社の状況、何を期待するか。自分がどういう人生を歩みたいか)にもよるが、転職はしない。というのも有利をひきつける条件となる。株で言うところの「長期保有」だ。 他社からスカウトされるような人材か否か。

 

 

話がふくらんだが、私が考えるに「水物営業」は、

  ・プロセスは定型化

  →プランで料金が違うのは当たり前だが、仕事の進め方を定型化してほしい。

 

  ・成果は非定型化

  →広告=活字が主になる以上、そこにどれだけの価値を見いだせるか。

    オートメーションによって繰り出される活字などありえない。

 

をすべきだ。

 プロセスを定型化したら、当然結果も定型化するじゃないか。

 

という意見もあるだろう。が、どうにもアナログな営業は苦手だ。

 

 

たとえば同じ水物として・・・

飲み屋は「気晴らし」だったり、会話の妙で、 「聞いてよ!」 を満たすサービスだ。

 

 

 「いらっしゃいませ~。まずこのカルテに記入ください。」

 

 

という飲み屋はない。そりゃカウンセリングだ。

 

客は飲み屋に、「解決」を求めていない。娯楽も入っている。時間の制約はない。もちろん、セットウン万円という「タイムチャージ」、ではあるんだが、目的がとてもあいまいである以上、手段を明確にする必要は無い。お相手探しならお見合いパーティにいけばいい。

 

 

しかし広告には、

 

「解決すべき明確な目的 / 目標」

 

がある。手段には、カネ、品質、納期。制約が伴う。

 

 

「web広告」

 

 

だからこそ現場営業、制作任せの、いい意味で情熱的、暗黙知的な手法は不要だと思う。

キャッチコピー一つにしても、膨大な創作物があろう。それをカテゴライズして、客に選ばせるのもありだ。

 

 

キャッチ、amazon で売ってないかな。

 

営業や制作が介在して、「こう思います」と言われても、

 

「何を知っているのか。」

 

となる。別に効果はいいねん。やりたいようにやる。

広告についてはある程度、先方の規則には乗った。

まだまだ書きたいことはあるが、どうしても活字にすると、削がれる部分もある。

【エンジャパンさんの広告】

 http://employment.en-japan.com/desc_711921/?aroute=1

また面白いな、と思ったのが「返報できるクチコミ機能」だ。

こちらも返報した。

「やりがい」は、他人と共有したり、できるものではないんじゃないか。

 やり甲斐 : やること、やったことに対する、効果、対価

価値を評価するのは、人それぞれのモノサシじゃないか。と思う。

 

 

自分独自のモノサシを持つ人、求ム。


今日、毎年恒例の年始会を行った。

スタッフの人数は減っているが、雰囲気はよくなっているのではないかと思う。

 

1月中旬から、en-japanさんに求人広告を出す。NWエンジニア、3名を採用予定。紹介動画を撮影した。

 事務所紹介動画

また、今年は権限移譲というか、予算を「委譲」する。

 

この10年、刹那的と言えるぐらい、まぁ考えも無しにオカネを使った。

「男芸者」という段位があるなら、師範を目指したい。

インセンティブプログラムを考えて、発表した。

http://www.rep1.co.jp/contents/doc/data/141229_FY15.pdf

FY15 インセンティブプログラム

ハーズバーグの法則によると、カネは必ずしも動機づけ要因ではない。

 

が、関係者と楽しくカネを使い、共に稼ぐ。会社を超えた仲間を創る。

よい循環を、仕事に結び付ければいいだろう。

 

今年のキーワード

 ・相互信頼

 ・カネ / ジカンを大事にする

 ・規模拡大

 ・スタッフ還元、委譲
だ。


2015年度始めのご挨拶

                           株式会社レップワン
                               代表取締役
                               福田 兼児

 新年が明け、株式会社レップワンはおかげさまで12期目を迎えました。ごひ
いきを頂いている方々に改めて感謝を申し上げます。前年2014年の売上は、創
業以来最高の売上となりました。原因としては、特定顧客の大型案件の中間会
社となったことによる一過性のものでした。当然、今年度は本来の姿に戻りま
す。「規模」は、会社能力の一つの指標です。今年度は「積極的採用」によっ
て内製の対応力を上げます。

昨年は、「執行役員制度」を設けました。ただし、制度を制定したのみで就任
した者はおりません。また今年度3月までには、事業継続の観点から私個人が
100%保持していた自社株を従業員に譲渡します。今までおざなりになりがち
だった部分に手をいれ、相互協力の意識、体制を強化し、事業継続性とその質
を維持するようにします。

さて、昨年度の合言葉は「大義、大局」でした。私自身、この人材ビジネス、
アウトソーシングビジネスの「大義」とは何か自問し続ける10年でした。
年月を経て、「生産性を上げることへの貢献」という解を得ました。我々が信
頼に足る外部業者として期待される役割を担うことが、我々の価値であり提供
する便益です。

また、「大義、大局」はモノコトを俯瞰的に見ることから始まると考えます。
事実を広く、客観的にとらえることで、今、本当にすべきことや、将来へのヒ
ントが見えるはずです。この10年を振り返ると「大義、大局」には遠く、近視
眼的な活動が多かったと反省しています。私の浅はかな思考・言動が原因でし
たが、経験を糧にします。

さて、今年の合言葉は

「信」
 
とします。なぜ、顧客と所属するスタッフはこの会社に期待をするのか。その
問いに応えるため、おごりを絶ち、初心に還って進みます。オカネと時間を大
事に使います。

今年もどうぞよろしくお願い申しあげます。
 

2015_sun.JPG
 今年の大阪城公園からの初日の出。晴れ。雲が多かった。


1
RSS登録