株式会社レップワン 代表取締役 福田兼児

株式会社レップワン
代表取締役 福田兼児

プロフィール


派遣から始まるトータルサポート
株式会社レップワンの専門職、派遣サービス特設サイト
レップワンの実績検索ナビ
レップワンの実績検索ナビ
株式会社レップワン
会社公式サイトにリンクしています。
企業情報システムのノンストップ運用を支える、インフラに特化したIT技術者の常駐サービスを提供しています。
Replog! 株式会社レップワン スタッフによるブログです
株式会社レップワン スタッフによる公式ブログ
鋼鉄セキュアサービス
Cisco ASAシリーズで安心の日々を。
Oneway Good Communication from Osaka Japan
大阪近郊のおすすめ情報を英語で発信しています。
カテゴリー
バックナンバー
TOPページ > 2014年6月のエントリー一覧

アンヘドニア?不感症。

数か月前に心療内科にいったら、「アンヘドニア(無快楽症候群)」と言われた。もっとも、重い症状があっての診断ではない。数年に一度学術的アプローチから自分の精神状態を判断してもらう。前回は8年前で、当時も同じ診断を受けていた。異常に「~べき」が強いというテスト結果がでているらしい。女医さんも年を取ったなぁ。

先日、スタッフの女性と2名で食事をしたときに、こんな会話があった。


福田)この年になると、たいていのことは経験してきたので、不感症になりがちなんですよ。で、新しいことをするんだけどすぐに飽きる。

スタッフ)だったら、経験から得たことで、同じことでもその感度を上げたり、見方を変えればいいんじゃない?モノサシは自分しだいでしょ?

福田)なるほど! ※相変わらずビシっと言う女性に弱い。

国政に携わる人

先日、知人に誘われて食事+勉強会に行った。10余名でテーブルを囲む。

「先生、先生」

と呼ばれる人がいたので、

「あの人、誰なんですか?」

と聞いたら、

「国会議員さん」

とのこと。マジ?

初めて2mの至近距離で聞いた、少し話した。やはり話がうまい。肌ツヤ、血色、存在感からして人物そのもの。その口調、内容は論理(アタマ)ではなく、人の感情(ココロ)に訴えるのだ。人を動かすのは最終的には感情(ココロ)だ。

さまざまな感情によって歪められた、利権の主張、事実の解釈をなんとか解決しよう、国のために。という使命感を半端なく感じる。氏の名前は記さないが、帰宅後にwikiってみたらスーパーエリートな経歴+スーパーな政治家さんだ。信じられん。

こういう方が小さい食事会にも顔をだし、地元選挙区の10万戸以上の家々を訪問し、自らを訴え、当選している。「先生」は、参加者全員と握手をしてテーブルを去った。力強い握手だった。

私は、選挙や政治に興味はない。ワールドカップにも興味はない。自分が知らん人たちと、その人たちの舞台を応援することはない。知っている人で、内容に納得ができる場合は、ちゃんと応援する。が、先の方は、選挙区を超えて、政党を超えて、個人として一票を投じたい方だ。男が惚れる人というのはこういう人のことを言うのだろう。

二度とないであろう機会に感謝し、備忘する。


・初選挙で、看板、カバン、地盤もなかった(看板は知名度を、カバンはカネを、地盤は後援組織を指す)。

・(領土問題の時)政治家が守るのは、国民の安全と財産。村の議会での争いはケンカだが、国同士のケンカは戦争になる。軍人の問題にはしない。外交で解決する。

・中国と誠意ある外交姿勢を見せない、最初にあたらないから、問題がややこしくなる。

・TVの前や、講演で話すときは、「無私簡素」を心がける

 無私:うまくやろうとしない。 簡素:できるだけシンプルに。

など。

不感症な自分に、「!」を与えられる会だった。最近は、自宅でピアノの練習をしている時が一番、飽きない時間だ。自分の使命とは何か。いまさらピアニストではあるまい。

会社とそれに関わるいろいろな人、コト、モノ。意義や使命感のある仕事をしたい。

眠そうな外人が「the way it is」を、ピアノでカバー w/ キレイなアレンジの動画。


フクチャンがオリジナルなんでしょ?

先日、神保町の賢人との会話で、

「あれ?髪を伸ばしてるの?」

「いろんなエトセトラがありまして。」

「フクチャンがオリジナルなんでしょ?なんで変える必要があるの?」

「そっかー。そうですよね!!」

とやっぱり切った。
どうも、違和感があったんだよな。不活性毛根の増加によって、あきらめなければいけないこともある。



プアなイノベーションより、優れたイミテーション。よりよい会社とは何か?

この6月は、思うところあって、就業規程をいじっていた。思うところとは

「ゆるい」×「感謝」

ということだ。

「ゆるい」について

この10年、ギーギー言っても別に会社の売上が大きくなるわけでも、スタッフのモティベーションがあがるわけではない。

自分に合ったスタイルを模索している10年だった。そもそも、

「どうでもよくないか? そんなこと意味あるの?」

というタイプの人間だ。が、立場上、管理上そういうわけにもいかず、正論・ルールで運用している。

それを

「緩めたほうがよさそうだ」

が、これからの時代にフィットしている。

「感謝」について
また、スタッフの現場での頑張りに敬意を表する。先日、久々に通勤時間帯の電車に乗ったが「なんという、色彩の無い世界だ」とさみしい気持ちになった。日本的な横並びのネットリした会社にはしたくない。前だけを向いて、個人力を伸ばす会社にしたい。という意図がある。

 ・金曜日の終業時間は16時(来年1月からは15時とする)

 ・トラベル休暇の拡充(1日5,000円の手当、来年から増額予定)

 ・出張旅費の例外ルールの明文化(10分検索して、定められた宿泊費が出てこなければ上限を超えて宿泊予約OK)

と周知し、7/1から運用することにする。

会社も作品だ。当社がオリジナルでいいじゃん。法律を守ったうえで。

当社の就業規程は全て私が作っている。文章の構成・校正もそうだ。適宜、スタッフからのチェックは入れてもらっている。当社の勤務規程を参考まで。赤字が今回の改定部分。

http://www.rep1.co.jp/contents/doc/data/kinmu_kite.pdf

勤務規程


同じ人が、同じコトを、同じヤリカタで、だらだら仕事しているヒマ、飲んでいるヒマあったら、いろいろ学んだほうがいいんじゃない?

自省も込めて、「さっさと帰る」会社にしていく。

木を切ってください。という依頼に対して、すぐに森に走りに行く人間は創りたくない。

相手の要望をちゃんと聞き、定量化したうえで、チェーンソーを調達するのか、協力員を調達するのか。

2年以上前に創った資料があったのでアップする。表現をゆるく、比喩で表現しているんだけど、当時はまったく伝わっていなかった。今も伝わっているかはわからない。ほんと、時間はあっという間だ。

kikori.png


1
RSS登録