株式会社レップワン 代表取締役 福田兼児

株式会社レップワン
代表取締役 福田兼児

プロフィール


派遣から始まるトータルサポート
株式会社レップワンの専門職、派遣サービス特設サイト
レップワンの実績検索ナビ
レップワンの実績検索ナビ
株式会社レップワン
会社公式サイトにリンクしています。
企業情報システムのノンストップ運用を支える、インフラに特化したIT技術者の常駐サービスを提供しています。
Replog! 株式会社レップワン スタッフによるブログです
株式会社レップワン スタッフによる公式ブログ
鋼鉄セキュアサービス
Cisco ASAシリーズで安心の日々を。
Oneway Good Communication from Osaka Japan
大阪近郊のおすすめ情報を英語で発信しています。
カテゴリー
バックナンバー
TOPページ > 2014年3月のエントリー一覧

青臭い言葉は苦手なの。


今日MTGをしていた、全国1位2位を争う凄腕営業Womanに

「フクチャンは、さびしいオーラが全身から出てるよね」

と言われ「そうなのか」と認識した。
よく、「背中がさみしそう」とは言われる。

で、「こういわれたんだ。」と知人に聞いたら

「ほれっぽくて、あきっぽいだけでしょ。
 いつも楽しそうに遊んでばっかじゃない。」

と、言われた。ともあれ、そこにあるのは

事実(数値化)
 と
現実(解釈)

しかない。

明日は全正社員スタッフを招集してMTGを行う。以下を作ってみた。



そう、明日から生まれ変わろうーっと。


プロダクトアウト的なマナー

最近、知人に

「あなたは短気だが、謙虚だ。」

と言われ、へー。と思った。

神経質なのだが、先日から連続でレストランで苦手なことがあった。

1.食べている時に、クチャクチャ音をたてる人間

2.退席時、イスを引いたら戻さない人間

3.(巷で)歩きたばこをする人間


私にとって「ありえない人」であり、とび蹴りを見舞うか、「お前はバカか」と正面から言いたいのだが、しない(できない)。

が、こういう周囲を顧みない(みれない)人間に限って、
プロダクトアウト的な特殊能力があったりする。そこは見つけ、認めないといけない。

「あいつは、マナーも守れないドキュンだが、技術だけはあったりする。」

ということだ。もし、それ(他人より強み)もないなら、ただのバカだ。

さて、マーケットインで周囲を必要以上に気にし過ぎても、小さくまとまってしまう可能性がある。一生下請け。それはそれでありだが。

派遣、アウトソーシングというマーケットイン型企業を運営していると、心構えまで小さくなりがちだ。


組織変更の必要性について

この時期は、組織変更、人事異動の時期で、顧客サイトをながめている。

当社顧客は基本的に一部上場企業が多いが、超大企業ほど3月に集中し、その中でもフットワークが軽い企業は、期の途中でも人事異動をポンポン出している。状況に対応しているのだろう。

そもそも、

”組織”というのは目標達成の手段。

である。つまり、

発生した事実や予測という発生事(Issue)
 に対して
何をする(what)
 があって、
それを皆で理解し(Communication)
 そのうえで
実現に向かうための手段が組織(Support)
 ということだ。その中に、マネジメントやら、コミットメントとかが出てくる。

当然、大企業も「組織ありき」ではない運用をしているのだろう。

大きな企業と、小さな会社とは、存在意義や行動原則が違ってくる。
たとえば、オーケストラ、とトリオみたいなものだ。

人数も、目的も、活躍する場所も、成果物も違う。

ビル・エヴァンス トリオはトリオだから成り立っているのであって、
オーケストラではないのだ。

当社は、トリオのような小ささでいい。
市場にいかに存在感を出せるか。ということになるだろう。


I Will Say Goodbye
I Will Say Goodbye  ビル・エヴァンス


てめぇブランドで仕事をしよう


一人迷っていると、顧客から

・フクチャン、お酒復活したんだって、今夜どう?
・フクチャン、こんな会社どう?サービスとか参考になるんじゃない?

と言っていただける周囲がある私は、本当に幸せだと思う。

そう、「フクチャン」でいいんだよ。

私のポリシーとして、

 会社名で仕事をしない。
 私は、あなたと仕事をしているのだ。


がある。

「お疲れ様」「お世話になっております」という方々と、
 会社を卒業した時、付き合っているか?
 統計を取っても、「付き合っていない」というほうが多いだろう。

そんな人と飲みに行って楽しいか?

定時を過ぎたら、会社は関係ないのではないか?

fukuta drink.JPG
  3年前のショット。8kgやせているわけで。
 
また、メールでも初回は別として、絶対に会社名を付けない。
誰から来たか、送信元を見りゃわかるじゃないか。

奇妙な日本語だと、

「ABC会社の、某です。」

と応対することが多いだろう。

”ーの、” というのは所有格である。会社の所有?マサカ!!

英語だと、

I'm Kenji Fukuta from Rep1 Corp.
 or
I'm salesperson work for Rep1 Corp.

とか、

from(ーから)
for(ーのために)

であり

's(−の)
of(ーの)

ではない。

I'm K Rep1's Sales Person.

という表現などない。


 Ben's Brother - Let Me Out


久々にMSTP。

スイッチングプロトコルじゃないですヨ。
ったくITってやつは単語ばかり増える。

求人出しているけど、応募が来ない。
魅力がないか、工夫が足りないのだろう。

「求人広告」=つまりは広告

という直接的手法自体が時代遅れである。

選択肢が多様化し、その比較がしやすく、
意志決定のプロセスが単純なこの時代に、
売りたい側(求人側)から意見をプッシュ。

という非常にチープな方法である。

やはり、一番固いのは、紹介だろう。
先ほど、創業以来初めて、チラシを作ってみることに決めた。


MSTPフレームワークと、チラシ目的を考える。

flyer 140425.jpg
あなたの顧客は、
 ・必要
 ・欲しくて
 ・好きな、もの(人)
から買う。

さて、売り手側から考える。

【MSTP】
・我々は何ができるのか、どんな市場に参入か?(Market)
・で、我々は、それを誰に売る(売れる)のか?(Segmentation)
・で、我々は、どこまで満足させるのか?(客の Targeting)
・で、我々の売りは何か、差は何か?(Positioning)

【目的】
チラシによって、ちょっとでも知名度向上か、
Webへの誘導か、直接問い合わせ、フロント商品の作成なのか。


間接的な活動を行うことによって、
直接行動への成約率、期待する製品への成約率を高める。

ココロの前に胃袋をつかめってか。よし、これでいこう。


Mar
19
2014

いいこと書いてた。

トップとは、だって。

誰からか不明なコメントも秀逸


12
RSS登録