株式会社レップワン 代表取締役 福田兼児

株式会社レップワン
代表取締役 福田兼児

プロフィール


派遣から始まるトータルサポート
株式会社レップワンの専門職、派遣サービス特設サイト
レップワンの実績検索ナビ
レップワンの実績検索ナビ
株式会社レップワン
会社公式サイトにリンクしています。
企業情報システムのノンストップ運用を支える、インフラに特化したIT技術者の常駐サービスを提供しています。
Replog! 株式会社レップワン スタッフによるブログです
株式会社レップワン スタッフによる公式ブログ
鋼鉄セキュアサービス
Cisco ASAシリーズで安心の日々を。
Oneway Good Communication from Osaka Japan
大阪近郊のおすすめ情報を英語で発信しています。
カテゴリー
バックナンバー
TOPページ > 2014年1月のエントリー一覧

カップルでゴルフとか。


ゴルフ練習場で
カップルが練習している。
彼氏が彼女の後ろの打席で練習している場合、

「そのカップルはうまくいっている。」

らしい。男女の生理構造的にも、納得がいく。


つい先日、いつもの練習場に行ったら、いつもの打席付近で、


・・以前の彼女が、彼氏と練習している。



・・・いや

   そういうサプライズ、いらんし。




目を疑ったが、間違いないようだ。

まさに「ハトが豆鉄砲」で、フロントに打席の変更を申し出る。

”うまくいっている”ようで何よりだ。

ともあれ、

女性は愛されてナンボ。

である。もとい、マレーシアの話。

ルックイーストの成果。マジメな方々。

マレーシアでもゴルフをした。
日本より、サウジャナCCを予約する。しきいが高いゴルフ場とは知らず、
のん気に出かけたが、パブリックホリデーらしく、朝から大混雑だった。

当日は、メンバーさんとゴルフ場のマネージャとラウンドする幸運にめぐまれた。
こういう「幸運」は相変わらず、持っている。


3some at saujana.JPG
 スタート時間にも服装にもルールがある。ある意味、非常に日本的だ。
 また、日本人プレイヤーも多い。前も後ろも、そのまた後ろも日本人だった。
 聞けば、2,000人が通う日本人小学校がCCの近くにあるらしい。


ご一緒したお二人とも、超エリートなのだ。
一人は、アーキテクト、一人はバンカーご出身。

ルックイースト政策によって、マレーシアは日本を見本に成長した。
そういった文化、文明の交流が、マレーシアを

「日本から、愛される国」

にしているのだろう。

ペトロナスタワーも、1棟は、日本のゼネコン、1棟は韓国のゼネコンが作った。
KLIAは、日本の建築家が設計した。
ゴルフ場も、日本のゼネコンが多く作った。

外国の技術、文明を自国に取り入れ、
資源と安い労働力によって作った製品を輸出する。
モラルも高い、英語も、皆話す。
守るべきところ、文化は守る。

tansit station.JPG
  のどかな、空港(KLIA LCCターミナル)最寄の駅。
 鉄道車両は、シーメンス製だったかな。

cisco at KL.JPG
 家電販売店にて。
 見慣れたメーカーが、消費者向けの展開をしている。
 日本では、そのメーカの消費者向け展開はない。
 競合が多いからだろう。


”MM2H”というビザを取って、セカンドライフをマレーシアで過ごす日本人も多い。
タクシーの運転手が言うには、

「日本人の観光客は少ないが、仕事で来る人と、リタイアした人が多い」

residence at KL.JPG
 タクシーの運転手が、「日本人が多く住む街」と言っていた。
 確かに高級っぽい。

・資源(天然資源、労働力、安い土地など)があるから、愛される
・勤勉だから、愛される。

ある意味、「女性っぽい」のだ。


アーキテクトの息子さんたちは、
「カナダに留学して、カナダで仕事をしている」という。

ひょっとしたら、

我々(日本人)が、愛する彼女(マレーシア)の目線は
既に、他人(異国)に向いているのかもしれない。

マネージャの息子さんは、マレーシアエアラインのパイロットらしく、

「次、KLに来るときは、もちろんマレーシアエアラインを使いますよ」

と彼に言ったものの、特にとりえもない

 私のGive

はなんだろうか?と考えさせられた。


だから、私は女性にもてないのだけれど。


I was in Kuala lumpur.

酒を止めたから、加齢か、体質が変わった。皮膚科に行ったら、

「寒冷ジンマシン」

と診断された。夜間に走ったり、早朝にウロウロすると全身にジンマシンがでる。
ヒスタミンがどうとかこうとか。

体質が変われば、考え方も変わる。

 同じ人と、
 同じような場所・時間に、
 同じ酒を飲んで、
 同じことを話しても、
 結果は同じ。

改めて振り返ると、

「あれは、なんだったんだ」

というコトになるだろう。そういった

「絶対的に漫然としていて、答えのでない時間を共に過ごす」

ことも必要かもしれないが、時間は平等だ。
では、自分が変わるしかない。酒を飲まなくなった私は他人から、

「つまらないヤツ。」

といわれる覚悟はある。だから

「引き出しを持っておかないと、本当につまらないヤツになる。」

という危機感がある。相手に益を与えれない人間にだけはなりたくない。
また、どうせ飲むなら

「Let's get a Party! 仕事など忘れて、果てしなくいけ。」

だ。

会席で仕事の話しかできないのは、無粋ではないだろうか。
酒を飲まないとできないようなこと(たとえば、カラオケとか)で、
一定時間以上、過ごすことは、ムダではないだろうか。

今回のニ国目で気づいたのだが、

日本は、娯楽の選択肢がとても多い

こともあるだろう。

教養とか、趣味とか、チャレンジという経験の交換こそ、価値ある話、時間ではないだろうか。でも、そういう話が私には少ない。

また、イロだ、コイだにしても、一周した感はある。

 No one is perfect.
 Someone is the best.
 But it's just a trick.

と考えている。
異国に着いたときのほうが「ニヤリ」と、心躍る。

若いときに、「留学」をしなかった。
当時、気づけなかったのは痛恨の極みである。
が、もししていたら、ろくな人生を送っていなかったかもしれない。
となぐさめ、今の境遇に感謝をしている。そして、

以前より気になっていた、エアアジアに乗った。
 
aia asia LLC.JPG
 クアラルンプールのLCCターミナルに着く。これが市内から想像以上に遠い。

”was” ということは、「いた」ということである。
エアアジアのサイトを何気なくいじっていたら、

from 関西 to クアラルンプール
 =15,800yen

だったので、「安 !」と思って購入した。

プロモーションが走ると、さらに安くなっている。
搭乗の2週間前程度にUpgradeの紹介メールが来る。フルフラットになるシート、優先搭乗がつく。それを申し込んでも合計3万円程度だ。

petoronas.JPG
 ペトロナスタワー。
 よく見える場所に泊まっていたので、のぼらなかった。



たかだか「旅」でその国の表層を切り取って、知った顔をするのは好きではないが、
「新たな発見、経験」を得て、「考える」きっかけになることは事実だ。

一人旅は、自分でいろいろ考え、行動しなければいけない。
空いた時間に、話し相手もいない。

向き合った時間と状況を、どう自分の今後に活かすか、ということだ。


なんとなく・・

いつごろからか毎年(2008年2009年2011年のログがある)大阪天満宮の戎祭に行くようになっている。

理由として、まさに「なんとなく」だ。大阪天満宮は

 ・事務所から近い
 ・人が多くない。

である。

「学問の神様」が商売繁盛の祝詞ねぇ。まさに、

  バイト

 じゃないか。

「大阪天満宮」は、「
天神祭」「学業成就」で儲けているのではないか?

神様も「学問だけじゃ喰うていけん。」のか?神様も宗教法人であり、ある程度は商売でやっているのだ。2011年の天神祭参加のログにて、コメントあり。

また天満宮の近所には、それこそ本家の堀川戎神社があり、ちょっと遠慮しながら、細々と催しているところも健気でいい。

下記の食事の後に、「服部」にも行った。ここにも「天神」があり、また「戎祭」だった。まったくオイオイ・・な人通りだった。不景気や停滞ムードだと、まさに神頼みなのか。

これはこの神様、これはこれ、それはそれ、と日本の宗教観は都合がいい。


「餅は餅屋」もいいが私は

「神頼みの効果など、ない。」

と断言したい。「なんとかなるだろう」の典型である。


私が小学生の時、中学受験の際に、神戸のとある天満宮に
親に連れられて行った。
子供ゴコロに、そのお参り中から

「不合格の自信200%」

だったが、予想通り、不合格だった。

大学受験は、それなりに自信があったので、神頼みしなくても合格した。

私の卒業大学の入試テスト結果に関しては、「国語」と「社会」で合格点に達しているはずだ。「英語」は当時からNG。

それが、事実だ。

さて、最近の年末年始は、10年来のビジネスパートナーと、同じ店でスシを食べている。

ところが、去年も同様に残り福後に訪ねた際、

 買った笹を、そのスシ店に忘れる。

となった。いつか取りに行こうと思っていたが

「まぁいいや。繁盛してる?」

「おかげさまで、してるっす。助かります。」

みたいな感じで店に再訪しても置いておき、以下フローの取り決めとなった。

1.新しい笹を、1/11の日に買う。
2.もちろん、値切る。
3.そのまま、スシ屋にいって、スシ食べる。
4.新旧を交換する。
5.古いものを天満宮に返しに行く。



2014 sasa.jpg
 証拠に撮っておく。


信心と、商売について


「えぇ!?笹、値切るの?」

 と、たまに言われるが、

「なんで?最終日だとさらに安くなるよ。」

 である。昔は

 買う者、売る者の口上が見せ所。

 値切った分(+アルファ)をご祝儀として、

 買った店においていく。というのが粋。


ということもあった。今の都市生活者にそんな人情沙汰はない。

天満宮で笹を買うのは、別になじみの出店でもない。
おそらく商店街の人か、氏子さんがハッピを着ているのだろう。

「これなんぼ? まけて。なんかつけて。」

実際、ウソみたいな値段がついている。単なる笹、ザルやん。
そこからの利益で、駆り出された方々のバイト代と、少なくなった寄進を賄う。

 帰りはどこにも寄っちゃいかん。福が逃げるから。

という類もあるが、100%迷信であろう。なんの科学的根拠もない。
「笹もって商売繁盛」ならだれも苦労しない。

なお、「科学」とは、

 100回実行したら、100回同じ結果が返ってくること。

と私は定義している。こういうと

 福田は、信心が無い

とも言われそうだが、

「どこの神に対しても、まったくない。

 が、信じている人がいる以上は、地域、信仰のしきたりには従うべきだ。

 顧客と従業者にだけは、信心を持つ。」


である。私が早世しようとも事故事件に巻き込まれようとも、

「バチがあたった。」などでは200%ない。

と言い切っておこう。

事実、私の弟など100%マジメ一徹、潔癖、神にも祈っていたようだが、病でさっさと亡くなった。

信心、過信、慢心、運、などは別の軸である。


「あいつは信心が無い」

 と言われる人間の、
  ・過信
  ・慢心
 は一つの傾向であるが、「万人の事実」ではない。混同はいかん。

そりゃ、宗教という集団行動から発生する利益もあるだろう。

私は、神への信心がない分、過信しないよう、慢心しないよう、戒めていかないといけない。

が、もちろん、なんとなくな、お参りはする。
神への依頼というより、自分自身に言い聞かせる類のものかもしれない。


が!



いきがっている私も、


「毎年買っているから、これで済んでいるのかもしれないな。」


という「とらわれ」が、「凡人」をさいなんでいる。
かといって事務所に、笹やら七福神などがいるのは、美観上もよくない。矛盾する。

戎さんは

商売=笑売のアイコン

としてはよい。が、枯れた笹が置いてあっても、


商売、神頼みっス


みたいで苦手だ。であるので、上記スシ屋も絡んだフローは自分の、

「なんとなく」

も解消でき、

「他人のため」

にもなってよろしい。この、

「なんとなく買っておこう、行っておこう」

こそまさに、ナントカ商法のカモである。で、買い手の必要性というか、惰性というか、打算の足元を見られたプライシングを飲むことになる。

プライシング(値付け)とは。

つまり、

 買い手が存在する、値段をつけること。

である。
買い手の最大化こそが、営業努力であったりマーケティングなわけだ。そして、

「値付けが一番肝」

であることは事実だ。
つまり、買う人がいれば、同じモノであっても、いくらでもいいわけである。

「なんでこれが、5,000円なの?」

 だとしたら

「買う人(その値段でほしい人)がいるから」

 ということだけである。

スシ屋の勘定も、

 ・時価
 ・伝票は一応あるのだが、明細はあってないようなもの

である。明細を細かくチェックするのは、無粋なのだろう。

そういう信心深さであったり、潔さ、人智を超えたものに謙虚になること、が大事なのかもしれない。

古来より、この狭い日本で肩寄せ合って生きる民族が、集ってハレとして祝い、定期的に穢れを削ぎ、戒めを再認識し、将来を祈る必要な儀式だったのだろう。

結局、経済(オカネのめぐり合わせ)も感情人情が作るのだろう。

が、最近は文明によって、対面的な接触はそがれ、ディスプレイ上の定量的なデータがまんべんなく提供され、違う感情の増幅増殖を加速させているようだ。

そういう感情を考えた時、

学問の神様が、友達である戎さんを自分のところで紹介、祭ってもつまらない。


と感じるのは私だけだろうか。
ここはひとつ、

学問の神様だからこそが作れる、アカデミックな商売の神


たとえばいまどきな

EBISU with MBA

とかをつくってはどうか。もとい、MBAが集まってもつぶれる会社は、つぶれる。
利益に対する、人的コスト、プライドが高すぎるからだろう。

が、この案も言ってはみたものの、

「人が集まる気がしない。儲かるとは思えない。」

つまり、


商売は、学問では語れない。
そもそも、「語る」モノではない。


というのが、10年経営をした私の感想である。


とはいえ、来年も大阪天満宮に行くのであろう。
「あのスシ屋のために」という言い訳と共に。


おめでとう、おめでとう、と。

人生折り返しも過ぎたら、特にめでたくもない。1年の「節目」がついた。
例によってずらした休暇をとるから、年末年始は休まない。

自分の管理会計結果から、昨期の数字を棚卸し、今
への年間計画へ反映する。
できるだけシンプルなポリシーを決める。
各種の事務作業がある。
賃金も「禄」であるのか、「位」であるのかを考え、設定せねばならない。

多くはない従事者のための一連の事務作業に人を雇う余裕もないし、
自分でやったほうが早い。11年目ともなれば慣れてくる。
が、いまだに発見も多い。

circle kabu.JPG
 丸いカブ、モチ。丸すぎるやないか。


今年、FY14の数字。

目標値=(
期待値(上)と最悪値(下)の中間値×70%=おおよその現実値)
    ×120%

ではじいている。


が、かなりグルーヴィな数字だ。
期首として、かつてない値が出された。


もし、人としての成長が無ければ、
「キー!!」とヒステリックに騒いでいそうだ。

こんな小さい会社で、

自己資本(Public Equity or Private Equity を入れていないという広義)
で、こうなのだ。
他人資本の投下がある会社の運営など、とんでもない重圧なのだと感じる。


が、思考停止の3パターン、

 ・なんとかしろ(丸投げ)
 ・なんとかなる(過信)
 ・なんとかしなければ(抱え込み)

ではいけないのだ。

「自ら考え、行動し、他力を借りて、なんとかしてみせよう」

と決意を新たにする。


ムリ、ムチャ、ムダの定義。

そこで、「大義・大局」を考えていた。一つの本質として以下ではないか。

----------------------------------------

ムリ
 続かないことは、やらない。

ムチャ
 できないことは、やらない。

ムダ
 やらなくていいことは、やらない。
----------------------------------------

しかし、経営や仕事とは

一見ムダと見える、”点”が”線”としてつながったり、

ムチャを超えていかないと、量(面)も増えない。

ムリもしないと、
質(カサ)も上がらない。

そのあたり、いかに楽しくストレッチ(伸ばす)するか。
バランスを取りながら生きていきたい。

dinner 131231.JPG
 年末に作ったブリの粕汁、焼いた豚肉、切ったマグロ。
 静かな年越しで、発見も多かった。

楽して発見などない。発見の無い人生なんて。
今年も楽しく働き、旅に出ようと思う。


2014年度始めのご挨拶

                           株式会社レップワン
                               代表取締役
                               福田 兼児

 新年が明け、株式会社レップワンはおかげさまで11期目を迎えました。ごひ
いきを頂いている方々に改めて感謝を申し上げます。前年2013年の売上は、前
々年の2012年度比較で増収増益となりました。間接費カットなど、資源配分の
努力を行いました。また、一定規模の受託活動を行うことができ、「小さい会
社」としての 存在感を増すことができたと感じます。
 当社サービスの原価は、そのほとんどが人件費であります。利益や価値も、
人への投資から 生まれます。当社利益が、従業員への不当な評価、待遇によっ
て生まれていることがないよう目を配ります。また、顧客へのご提供品質が常
に期待以上のものであるよう、改めて社内人材への投資をおこないます。

さて、昨年度の合言葉は「共感」でした。「周囲からの共感を得るための活動」
ではなく、「我々が考える、自発自創の活動」の結果に共感していただくこと
を目指しました。顧客や市場を誤解した活動は、自己満足にすぎず、意味はあ
りません。そこで、本年度の合言葉は
 
「大義、大局」

とします。当社も10年が経ち、我々が信じて進んだ道について 一定の価値、
正しさはあったのだと感じます。次の10年を考え、「大義」「大局」という
根を再考します。事業やその推進のための本質を考えます。具体的には以下
です。  

 ・長期的に考え、必要なコトのみをする。
 ・顧客、市場が本当に、必要としているコトのみをする。
 ・仕事のための仕事はしない。創らない。

また、今年度の体制として、「執行役員制度」を設けます。今までの役職が、
一段上の役割を担う ことによって、視線が高くなり、視野が広がります。そ
の結果の品質向上、サービス提供をめざし ます。 我々は「小さい企業」だか
らこそできる成果を目指しております。

一定の規模は保ちつつ、顧客、商圏と商材を絞り、スピーディかつ正直な価値
と事実を伝えます。それが、顧客、従業員、社会に対して意義のある我々の
サービスであると信じています。 今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。


FY14 sunrise.JPG
  大阪城公園からの初日の出。 今年はくもり。


1
RSS登録