株式会社レップワン 代表取締役 福田兼児

株式会社レップワン
代表取締役 福田兼児

プロフィール


派遣から始まるトータルサポート
株式会社レップワンの専門職、派遣サービス特設サイト
レップワンの実績検索ナビ
レップワンの実績検索ナビ
株式会社レップワン
会社公式サイトにリンクしています。
企業情報システムのノンストップ運用を支える、インフラに特化したIT技術者の常駐サービスを提供しています。
Replog! 株式会社レップワン スタッフによるブログです
株式会社レップワン スタッフによる公式ブログ
鋼鉄セキュアサービス
Cisco ASAシリーズで安心の日々を。
Oneway Good Communication from Osaka Japan
大阪近郊のおすすめ情報を英語で発信しています。
カテゴリー
バックナンバー
TOPページ > 2013年8月のエントリー一覧

双方、面従腹背である

まず最初に言っておきたいのが、従事側だけではなく、会社にも落ち度はある。
採用した以上、

「適材適所」

を行うべきであり、そこのポジションを用意できないというのは会社のスケールの問題だ。
どちらだけが悪い、というものではないが。

「期待して入った会社と現実のギャップ」

 が、

「会社が悪い!」

 という、

「一方的な被害者意識」

が、ンコチャンを別の方向に走らせる。
別の努力をすればいいのに。

また、個人的な恨みもあるのだろう。
感情と理屈がセットで動くタイプの私は(攻撃を)必要以上に買ってしまうタイプだ。

双方がよりよい方向に向かうために

 早期発見、早期解決、対話。

のチェックポイントを書きたいと思う。

どんな人間を見極めるか。

 ・ロウキに行く人(これって残業代でてないジャン)
 ・労働局に行く人(これって偽装請負ジャン)

いわゆる、会社の「手間と費用を増やしてくれる人」。

当然、法律は守らなければいけないのだが。

労働局は手が足りていないので、自ら監査で指導することはほぼない。
「定期指導」はある。

つまり、「チクリ」が彼ら(労働局)の初動の大部分である。チクリは

・申告
・公益通報
・情報提供

という分類となる。

↓コンサルティング、相談、いつでも承ります!

bana_lp01.gif



ンコチャン に共通する傾向、プロファイリング

私の経験と、事実の収集から以下を挙げておこう。

 ■環境
 ・中流家庭でそれなりの教育を受けている。

  もしくは、

 ・環境に恵まれている。幼少、特に、小中程度までの学歴、育ちはよい。

 ・が、高校大学になると、

  ・大学中退
  ・いい高校から専門へ
   
と、「コンプレックス」を抱えがちな経歴となる。

 ■キャリア、資格
  ・転職回数が多い
   保険業界の採用基準
   「20代なら2社まで、30代なら3社まで、40代なら4社まで」
   を超えている。
   つまり、なんらかの問題が起きるから転職を繰り返しているわけだ。

   MKタクシーなどは、「他会社にいた運転手は採用しない」
   という明確な基準がある。IT業界ではなかなか難しい。

  ・資格
   会社の主業と関係ない資格をいくつか持っている。
   「知的探究心」が、「義侠心」に変わりがち。

   特に、「行政書士」などは危険。
    会社の主業に関係ない資格は、
評価する必要はない。

 ■つまり、

  「オレはもっとできるが、なんでかハケン社員」
 
  という人間は、恒常的に不満を抱いており、典型的である。

 ・学歴弱者は「そういうもんだ」という割り切り、あきらめ?があるから
  あまり問題にはしてこない。

 ■仕事において
  それなりの教養、経験を持っているので、「ハケン程度」の仕事なら
  
短い時間で一定の成果をソツなくこなす。一定の評価を得た後、
  

  ・静かに弱く、ただ確かに、権利主張をする。

    むしろ声高に言うものは、その場で対応するから安心である。

    「これって、?では」
   
    という言葉を発する者に要注意。

    会社側が「静かだな」と後回しにして、忘却をすると
    どんどん地下で大きくなっていく。

  ・自己判断、自分の周りにだけ了解を取り付けた行動

    「〜さんに許可をもらいましたので。」
    「以前、こういわれました。」

    と、会社側が及ばない範囲、過去の言った言わないを主張する。
    会社はそこまで構っていられないので、黙認しがちとなる。

    言質を取ること。証跡は逐一、資料で整理していこう!!

    

  ・勤怠時間、交通費の申請が自己都合(虚偽の可能性)

    チェック機能が働いていないと、黙認状態となる。
    黙認=その字のとおり、「認めた」ということになる。

    目を光らせること!
    
手間でも確認し、間違いは文書で指摘しよう!
    口頭では証拠にならない。
    「注意をした」という明確な実績が大事である。


  ・低レベルな事への謝罪、改心の口上はうまいが、
   都合の悪いことには、返事/返信なし。

    いったん張ったレッテルは、はがすな。信じるな!

    低レベルとは、勤怠や、会社からの指摘注意事項ということ。
    普通の人間は、謝罪しなければいけないようなことはしない。
    その時点で、何かがおかしい。
 
    見せかけの謝罪の間にも、彼らの準備は進んでいる。

    「会社と共に」など、美辞麗句を謝罪と共に言い出したら
    ますます疑え。

    罪人が、刑の軽減のためになりふり構わないのと同じだ。
    本当に悪くないなら、主張を最後までするだろう。
    ところが、どこかでコロリと態度を変える。

    負ける、負けたとわかったら、方針を変えるのだ。

    「本当に悪い」と思っていたら、必要以上に声にはしない。
     サギ師ほど、口上が多いのと同じだ。
    
    また、都合が悪いことには返信をしない。
    反論できるほどの知能は持っていないから、

    「法律という印ろう、トラの威」

   
を借りだす。

    現場とかい離したトラの一例
    ・派遣法
   
事前面談の禁止:どうやってヒトを判別する?
              派遣先経歴書だけでカネ払えるか?


    ・請負
   
指揮命令の禁止:指揮命令=派遣とみなす
              どうやって品質管理するの?


私の結論
 日本の商慣習の中では、人だしは突っ込みどころ満載。

 喜々とした、人権派監督省庁が突っ込む。法律創る。
 で、仕事が停滞する。

 実態を取り締まるより、不当な手数料をせしめんとする
 業者、商流はいかがなものか?

 人権うんぬんより、従事者の能力をあげる必要性。

 本来は、有期労働者の賃金は無期労働者より、
 「その期間の賃金」は高くないとおかしいはず。

 「同一労働、同一賃金」などの制度化。


  とか。前向きな制度を作ってほしいものだ。



  ・で、退職。一通の封書、電話が届く。

    後ろ向き活動の開始、となる。


大事なことは、つっこまれるようなことを会社として、しない。

戦い以前の問題で、防御は固めたうえで戦場に赴くべきである。
 ・法令に反していないか
 ・就業規則で、緩いところはないか。

対話は必要か?

あなたが夜回り先生、情熱野郎なら、対話も必要だし、好きでやる分には止めない。

が、
 ・三つ子の魂、百まで。
 ・他人と過去は変えられない。

のも事実。変えれるのは自分自身なのだ。ンコチャンだとわかったら徹頭徹尾、

 「ハレモノに触る扱い」

でよいのではないだろうか。

爆発物=キケン。

連帯、ユニオン etc いつどこから、新たな竹やりを持ち出してくるかわからない。


==
ノウハウを書いたが、

私の本音はもちろん、労使双方が、共通の目的のためによく働くことだ。
でないと、共倒れになる。「怒り」などではない。

従業者は会社を使って、自分を高めるべきだし、会社も同様だ。
人材こそ、貴重な経営資源だ。

しかし、一定のDQNのために、健全な他スタッフの時間や、カネがかかる
ことに非常に憤りを感じる。
そのンコチャンを守るための、低レベルな争いをさせる法律設定にも問題がある。

彼らがいなくなることは、絶対にない。
が、なにかいい方法はないものだろうか。

↓コンサルティング、相談、いつでも承ります!

bana_lp01.gif


うんざり!これが私の仕事か?でも今はやる、しかない。

もう、本音で書くことにする。3回シリーズ。

当社は2005年から、人材屋を業とし満8年。多少のエンドユーザ直の
受託案件はあるが、いまだ、

・現場にいっていません(メール de 退職します!)
・これって残業代では?(Go!ロウキ)
・これって偽装請負?(Go!労働局)
・それってどうやって報告するんですか?(Go!小学校)
 etcetc

かぁ!!!!!!

よそでやれ!
もしくは よそにいけ!

当たり前だが・・

一人で会社を、やっていた時が一番気楽で、
自分で現場に入り、10人まででやっていた時が一番利益率が高かった。

今期十期目、いまだになにやってんだ。と。
”負け犬”の尻拭いのための人生か、会社か?

企業の8割の利益は2割の人材が叩き出す。とはよく言われる。
国も同じだろう。
2割の価値しか出さない、8割の労働者のための人生か?

が、しょせん、この会社はその程度なんだろう。

その程度のビジネスモデル、人材の厚み、カネ、情報、モノ。
ナイナイ言っていても仕方がないし、それで進む。

君たちはレバレッジ(テコ)のかけ先を間違えている。

派遣先でもし、本当に活躍して、本当に必要とされれば、

あなたの、
”超”チープな環境、学歴、経歴ではまっとうに採用されない

(相手にもされない)会社への”裏道”が開ける。

そのチャンスが、ハケンスタイルにはあるかもしれないのに、
焦点を当てるところ、アピールするところが違っている。
派遣元、派遣先への不満だったり、条件だったり。

また、本当にやりがいを見つけたいなら、
ハケンなどで中途半端な安定を求めずに、必死に勉強して、働け。

それもしないで、派遣元先企業に自らの人生をゆだねておいて

「権利を!」

だぁ?

派遣先が悪い?派遣元がピンハネ?

いいえ、あなたの努力が圧倒的に、足りません。

だって、正しい人材はココ(ハケンの土俵)にはいないよ。

「自分は違うんだ」
と誤解し続け、環境に依存し、努力を怠った人生の行先は、ない

私の知る限りでも、本当に必要とされる人間はハケン→社員になっている。
もしくは、派遣先の顧客から声がかかっている。
成長企業に派遣で入った方は、1年もせずに正社員として迎え入れられている。

正しい実績をどんどん出して、ただしい企業に行ってほしい。

ブラック企業?

メディアは、世間受けをよくするために強弱、善悪を2極化し、ゲームの弱者をたたくことで、世間の関心を買う。おろかにもメディアの情報に乗ってしまう弱者は、それだけが真実だと思いこむ。

ブラック企業ランキング?何百万社分のジュウやねん。

それをピックアップして得意げになり、耳目を集め、何になるのか。

こういう結果には、原因がある。

高度成長期、またその後の時代、

カイシャに注力し、教育を怠ったツケ

が、今の結果であり、結果に対して騒ぎ立て、
理屈を後付して、コメントするのは誰でもできる。

本来であれば、家庭、学校、最初の会社で習得すべき
常識、知識、価値、行動基準をつけるのがなぜ雇用先なのか?

ブラック企業と言われる会社の経営者はどのような教育を受けたのか?

ヨーイドンで走りだし、セーノでゴールすることをよしとし、

自ら判断せず、

成長からサボり、

競争から逃げ、

ルールが悪い、

と、のたまう。

という、共産主義者?社会主義者?を増やしたのはなぜだ?

国がやるべきは、負け犬の増産、陳腐のポピュリズム、ヒューマニズムによる弱者救済
ではない。

個々の歴史、努力を認めながらも、富の偏在を解消しつつ、成熟社会、知識社会に適応した、効率的で和進的な社会を創ることではないか?

TPPで農民が大変?農業の価値を下げたのは国の策だ。
移民を受け入れるなりして、ボケっとした人間を一掃し、この国を活気づかせることだ。

「女性を活用している企業の割合、国比較」

という記事があった。雇用側として興味深くは見たが、意味がない。

イデオロギーも生活スタイルも、通貨価値も価値観も違う中で、
他人の芝は青いからマネしましょう?

役所は相当ヒマらしい。しっかり、前提条件を設定しろっつの。


それを報道するメディア、「そうか、女性の時代か?」に転換する経営者も「ハァ?」だ。

「女性男性じゃなくて、能力で正しく見ればいいだけ
。」



確かに、「うわぁ」な企業はたくさんある。
だったら、辞めればいいだけじゃないか。

あちゃ!な人材を採用した会社が、そんな人間、仕組みの落とし子の
リスクを負うべきなのか?採用は「ババヌキ」か?


ビジネスの実態にそぐわない法令のもとで行うビジネス。
それを盾に、権利を主張する労働者。あおるメディア。



この国の民がやるべきことは、もっと他にあるはずだ。



自らの努力不足を棚に上げ、環境依存の社会人は、社会主義国にでも行け。


もっと、大変だから。


一部のまっとうな方々がたゆまぬ努力で作り出した、技術、もてなし、
で世界一心地よい国の環境で、努力できないのだから。


とあるバブル世代の女性の妄言 / 放言


ハゲでも、チビでも、デブでもいい。

ケチはいや!



おおらかに賛成。

よく仕事をし、よく遊んでいる世代。
フレンチは平らげるが、定食は残す女性たち。


日本人は宗教的にこだわりがない割に、雇用はあんまり流動化しない

新居にはオーブンが据え付けられている。
前の週末に、エビトリグラタンをつくってみた。
本を見ながら、ホワイトソースから作った。

gratin.JPG

意外と簡単だった。本を買いだめしたので、コツコツ読んでいく。

池上彰の宗教がわかれば世界が見える (文春新書)
池上彰の宗教がわかれば世界が見える (文春新書)



日本人は無宗教だ、とよく言われる。

生まれたらお宮参りをし、
バレンタインを食らい、
クリスマスを祝い、
新年お参りをし、
結婚式は、教会とウェディングドレスにあこがれ、
死ぬときは、寺に頼む。

これらが成立するのは、それぞれのイベントについて、
「強い宗教色」を意識することが無いからだろう。

宗教というより、「ちょっと色の濃い、業者」というような感覚だろうか。

なんで離婚のときは宗教色が無いんだ?
それこそ、新たな人生の旅立ちだと思うが。

JRさんとか、(離)婚活ツアーでもすれば、
それなりに集客できるんではないだろうか。

「こちら1号車は、バツ1のみです。経験からの理解力があります。たぶん。」
「2号車には、2号経験者が乗っております。耐え忍び、気立てよしです。」
 ・・・
「食堂車もご用意しました。えり好みしない方は、ブッフェスタイルでどうぞ。」
「パノラマシートは、多国籍シートとなっております。
 ・・・

「グリーン車、サルーンには、年収-千万円以上の、エグゼクティブしか乗って
 おりません。特別料金がかかります。」

と。ありえないか。

 ザ・少子化

の原因には、出会いの少なさがあるわけで、ツリショを乗車券代わりに、


「婚活新幹線。愛ある未来へGO。

 東京で乗って、名古屋で出会って、大阪で恋をして、博多で式を挙げた。」


など、いいと思うんだが。新婚旅行も取り込めるし。



話は変わるが、以前会合の中で、韓国と日本の違いを聴いた。

===
韓国には、天災がほとんど無い。
災害は人災がほとんどであるからして、「人が原因」。
ヒトがらみ、恨みの文化が生まれやすい。

日本では、天災が多い。つまり、人を恨んでも仕方がない。
ヒトとは和するべき。自然を尊び、「無常の文化」が生まれる。
===

日本人は、
極東でポツンと平和に繁栄してきたからこそなしえる文化を創ってきた。

「八百万の神とか、なんでも祭ってみたり。」
「宗教も、たくさん
作っちゃえ、認めちゃえ。」

わかる気がする。日本では、そこいらじゅうに神様がいる。

これが外国なら、神もしくは類のアイコンは、
キリスト教やイスラム教など、かなり出自が限られるのではないか。

地続きの国同士であれば、いつ隣が攻めてくるかわからない。
そこでは強力な一つの

「イデオロギー、アイデンティティのための宗教」
「統治のための、レトリックとしての宗教」

が必要なんだろう。

jinbeisame.JPG
 ジンベイザメ。あー旅、行きたい。

さて、私は宗教については、肯定も否定もしないが、
「関わりたくない」とは強く思う。

先人の知恵、学問、物語としては面白いと思う。

が、儀礼による拘束時間が多すぎる。
解釈が、それぞれ手前味噌すぎる。
政党と同じようなもんだ。私がよく思うこととして、


チープな起業家と、新興宗教の宗主は似ている。



どっちも山師。もちろん私も前者の一人かもしれない。
言葉巧みに人心を操る。前述を読み替えればいい。

「イデオロギー、アイデンティティのための会社」
「統治のための、レトリックとしての
会社

こわ。

私が会社運営で意識するのが、

宗教的な盲信集団にはしたくない。


ということだ。だから「辞めるのは、どうぞ自由」と言っている。
会社でも宗教でも、

「みんなの正義」

なんてあるわけない。そんなの誰かの都合だ。疑ってかかれ。

自己否定ができなくなったら、終わり。


宗教は自己否定ができない。たいがい、根拠のないむちゃな話なのに。
また、現在当社が掲げている、

「よりよく生きる」

がウサーン臭い。

2012年2月にたまたま思いついた文章なのだが、あぁ、ウサン臭い。
上記本で、池上さんは

「よりよく死ぬとは、よりよく生きることでもあります。」

と書いてあり、結構びっくりした。いっしょやん。
しかも私のほうが遅い。また、ベネッセさんの企業理念も

「よく生きる」

である。
それを見た瞬間に、「変えなアカンわ」と判断したが、まだ代案が思いつかない。


たまに、「福田教め。」とか言われる。が、

「ビジネスの当たり前」

を言っているだけで、それ以上の押し付けはしていない。と、思う。



宗教も会社も、集団化によって利益を求める。

集うことによって、共通の目的を感じる集団ができる。

「真理がないことが真理」

であることは、これだけ宗教が乱立していることを見ればわかるのに、群れる。
帰属欲求。安心するからだろう。


求人活動は、折伏。
セールス活動は、布教。
利益からのピンハネは、お布施。
賃金は、福音。
見せてくれるのは、極楽浄土か。


会社、社会、家庭というハコが安心できないとなると、
帰属を他に求めるのは当然かもしれない。


戒律嫌いで、儀礼好きの日本人

上記本にも

「戒律嫌いの、儀礼好きな日本人。」

とあった。まさにその通りだと思う。

先日、祖母が亡くなった。
祖母方は「天理教」らしく、どえらく長い儀礼に付き合わされた。
しかも2日に分けて行われた。

「オイオイ!
 どんだけおがんでも泣いても死人はよみがえってこんがな。
 何言っているかさっぱりわからんし。
 行ったり来たりしているあんたら、誰やねん。」

と、居眠りをしそうになった。

確かに、故人にはとても恩義がある。が、宗教に全く恩義はない。
しきたりはわかるが、今後はちょっと付き合えないね。
親族の近況を知っても、あまり意味ないし。


結婚式も同じ。前回の友人へ式の参列を最後に

「結婚式、披露宴は、死ぬまで二度と行かない。」

と決めている。もちろん自分がすることもない。
前回の参列も非常に逡巡した。

もちろん、祝う気持ちはある。幸せになってほしい。が、

「は?
 結婚の足元を見る、ビジネスモデルが意味不明。
 祝うのに
なんでそんなにカネがかかるねん。
 拘束時間も長い。長すぎる。
 その宣誓はホンマか?絶対ウソやと思う。
 で、なんで泣くねん。お前まで泣くな!!」

また、国内最大手の証券会社に勤める知人の結婚式に出たときは、

「新郎新婦の上司同士が、スピーチでライバル宣言」


という恐ろしい光景を目にした。あんたら、ゲスト違うのか。
と。さすが、”ムラ社会”。怖いわ。


確かに、個別に祝ってもらったり、偲んでもらうのでは手間が毎度かかる。

だから、式にて一気に集まってもらおう、やってしまおう、というのもわかる。

私が帰属する集団に、幸せ、悲しみおすそ分け。

まとまらなくなったので、

長ったらしい儀礼は、ムダ。

と、切り捨てたい。

儀礼は、長ったらしいからこそ、うやうやしく、価値がありそうなわけだが。

昨今は、

「PC上ではない、現実の、本当のつながり」

が少なくなったのは事実。また、現在の現実社会の住人がそれを求めていないのは事実。
ただそれは、以前とは違う環境、教育の結果である。

本でも述べていたが、

「既成宗教のがんばり」
 寺や神社など、儀礼や観光だけではない、
 身近なコミュニティや教育の場としての活用。

は必要なのだと思う。

もっとも、私は行かないが。


神?仏?尊敬はするが、頼れる、行うのは自分のみである。


個の時代?

先日、2大商社御用達のお店でご相伴にあずかった。

「ウーロン茶!」

で乗り切るトレーニング。

飲酒時と変わらず、いけるじゃないか。
ホステスさんに、軽口をたたけるじゃないか。
決して、得意でも好きでもないカラオケも、照れながら歌えるじゃないか。

アルコール抜きでもいけるということがわかった。気の持ちようだ。

そして、お店はさすがの格。
オーナーママさんが挨拶に来られ、話せてラッキーだった。
そんじょのホステスさんとは、オーラがちゃう。

顔に艶。笑顔は福。

どう見ても、ン百万の腕時計、えぇ?な。帯、着物だ。

 ・30年ほど前は、1,200万円のピアジェがプレゼントで飛び交った。
 ・人事は、すべて夜に決まった。
 ・インサイダーかどうか、話している情報で株を買い、
  ホステスさんも何千万も儲かった。
 ・今は、そんな人いない。

 ・以前は、「会社の脈を守る」という意味で連綿と店を使ってもらったが、
  現在は、「先代、先輩の店はイヤ」ということで、
  自分の店、他の店に行きたがる。

  etc

最後の「自分への傾向」が気になった。

私より1世代上、団塊の一世代下から始まる、「個」の時代の象徴だろうか。
「個」の時代が、不連続を創る。とは言われる。

精神科医の和田秀樹さんの著書で人間を

シゾブレ / メランコ

の2種に分けておられた。
今の50代前半以下は、「団塊の世代」の「集」とはまた違う文化がある。

「オレは他とは違うんだ」


という価値。そういえばよく聞く、

「ウチの会社(チーム)って、個性的なメンツが多くてさぁ」

というテイのいい表現がある。私からすれば、

「そりゃ、当たり前でしょうが。」

と、シラけてしまう。なぜなら、自分以外はすべて異質、異物だから。

「個性的だよね。」

というのは、きれいな言い訳に過ぎない。

自分と他人が、それまでの環境、教育によって、表現方法や価値観が違うのは当たり前であり、100%マッチなどありえない。

「個性的」と、まるく納めるのはよいが、つまるところ

と違う」

だけのことである。

たとえば、原宿には「ゴスロリファッション」なる人たちがたくさんいる。
田舎で見たらキワ者だが、たくさんの中でいれば、私も、皆と同じ。
それが普通。となるわけだ。会社でも同じ。


個性も集えば、没個性。


である。
そして、私が考えるのは、個性「単に、自分と違う」ではなく、

「独創性(その人だからできる)」


を尊重すべきだと思う。

同質性
、異質性、独創性をどうまとめるか、進めるかが重要なことで長の役目だ。

独創性を尊重し、個(異質性)の集合に、ルール(同質性)と役割
を与え、目的/目標達成させてこそ組織。

だ。

右向け右。は当たり前(右半分は180度もある)。
右に、「何度向く」のかを示す、させてこそ組織。


「ボクは、私はこうだから」

という、個性をはき違えた

どうでもいい主張
につきあい、
時間あたり価値の少ない、なれあい集合
の長

にはなりたくない、と私は本当に思う。
また、そんな会社にはしたくない。


ということは、連続を創ればよい。


さて、商売というものは「不」を解決することから始まる。

・不足
・不安
・不眠
・不明
・不可能

・不合致
・不満足
・不思議
・不衛生
・不完全
・不機嫌
・不自然
・不整合
・不似合
・不格好
・不細工
etc

今、

「不連続の時代」

だとしたら、「連続」を創ることはキーになるのだと思う。

「ストーリー戦略」とも似るかもしれない。点を、線でつなぐ。

たとえば、e-commerce。

今まで、「買い物に行く」というバラバラに行われていた、
不連続な行為が、すべてネット上で完遂できる。


・比較(品質、価格、競合品)
・購買決定/発注
・決済
・引き渡し

を、一気につなげるものではなかろうか。

そしてそれぞれ、第一人者の業者さんがいる。
不連続の時代に主導権を握るのは誰か?


また、SNSも「個と個の連続性」を創っている。

「いいね!」「リツイート」など。

が、そこで主張されている「個性」というのは、

「他人と違う、わたし」
「他人に賛成する、わたし」

というのみであり、そこに価値があるかないか、は別物だ。

価値=行動

だ。

もちろん、
「個を集めることができる。」というのも、当然価値だ。
そして、「行動させる」までいかないと意味がないわけだ。

会社も自分も、顧客の”不”を解決できる、

真の個性(=独創性)

ということにこだわっていきたい。


12
RSS登録