株式会社レップワン 代表取締役 福田兼児

株式会社レップワン
代表取締役 福田兼児

プロフィール


派遣から始まるトータルサポート
株式会社レップワンの専門職、派遣サービス特設サイト
レップワンの実績検索ナビ
レップワンの実績検索ナビ
株式会社レップワン
会社公式サイトにリンクしています。
企業情報システムのノンストップ運用を支える、インフラに特化したIT技術者の常駐サービスを提供しています。
Replog! 株式会社レップワン スタッフによるブログです
株式会社レップワン スタッフによる公式ブログ
鋼鉄セキュアサービス
Cisco ASAシリーズで安心の日々を。
Oneway Good Communication from Osaka Japan
大阪近郊のおすすめ情報を英語で発信しています。
カテゴリー
バックナンバー
TOPページ > 2012年12月のエントリー一覧

老いることが問題ではない。

目標を失うことが問題だ。


とは、だれが言ったか。


ここ最近、飲みの席で

 ・朝に何を食べたか、思い出せない。
 ・誰が何を言っていたか、すぐ忘れる。
 ・結構、どもる。

ので、「頭がおかしいんじゃないか。」と

「脳ドック」

に行ってきました。宇宙船の内部のような世界だった。


「このMRI装置、いくらするんですか?」

「定価で2億円。買値はもっと安いですけどね」

の、シーメンス社の機械に入った結果が、ご丁寧に、ツールと画像付きで返ってきました。


brain.jpg

一応、しわはあった。

結果「まったく異常なし」 。

なんだ、やっぱり飲み過ぎが原因だったか。


私の弟は、行政が施す、しようもない健康診断によって、病気の発見が遅れた。

1年に1回だけでも血液検査を行っていれば何かが違ったかもしれない。

医学の発展はすさまじく、彼は造血幹細胞移植によって、
A型からO型へ血液型が変わるようなことになった。
もし、早めに気づいていれば、命を落とすことはなかったかもしれない。

しかし、それは行政の責任ではなく、自己責任だと思う。


彼はそういう運命、天命だった。ということだけだ。


私は、中年のイジケ、青年のシラケには近づかないようにしている。
面白くないから。


「・・・それって、自分が選んだ道の結果でしょ?

 嫌なら止めたら?自分から変えたら?

 生きている限り、いつからでも誰でも変えれるから。」



彼のためにも、イジケル人生を迎えてはいけない。シラケルのも面白くない。


今日は投票日らしい。私はかつて、

・橋下さんが大阪府知事立候補
・郵政民営化

の時、1回だけ選挙にいってみたが、それ以外は行ったことがない。
TVショーをつければ毎日、政治がどうこう言っているが、

政治家という人たちは何がしたくて、
メディアは何を報じているのだろう。

と思う。

あれだけあおった、大阪市長選。
敗れたヒトは今いずこ?

しょせん、ニュースは ”news” に過ぎない。
TVを見るとアホになる、というのは本当だと思う。


脱・卒?原発を訴える政治家が乗る車がプリウス?
その車、電気で走ってるやんか。


しかし、とにもかくにも

日本の政治家の服装は一様にださい。


村社会特有の、嫉妬衆目を気にしてのことだろう。
おらが村の代表でもあるし、一歩日本を出たら、日本の代表でもあると思うんだが。

じゃあ、お前やれよ。

と、言われても
 
「1年じゅう休みなしで、票のために地元の冠婚葬祭やら遊説、握手に精を出す方々」

という生活をする人々には、とてもなれない。
そういった意味では、政治家というのは尊敬しうる人種だな、と思う。
 
 
衆愚になれあう政治もダメ。
再分配を適正にできない政治もダメ。
国同士のメンツを保てない政治もダメ。


二人だけなら、強弱だけだが、三人集まった瞬間から、政治は発生する。
少数派が多数派を攻撃するし、その逆もある。


小さいスケールの船頭が多すぎるから、答えが出せず、先に進まないのでは?

日本は、格差社会ではなく、連鎖社会。

終戦から3世代も過ぎれば、富の蓄積が偏って当然。

生活保護?公共事業?

強い円を活かして、
海外で稼ごうとする会社、家族、ヒトにもっと投資をする。
 

などにしたほうがよいのではないか、と、私は思う。
私も、人生半分を過ぎた。
 

いまだ

「オラに政治は関係ない。」

 と思ってしまうのは悪いことなのだろうか。


でも、橋下さん「個人」には期待をしています。が、政治は、個人ではできないんだよなぁ。


Topは粗利益の再分配を行い、将来を創ること。

です。最近わかったことがあります。商いとは


・ないものは、創る、仕入れて売る。
・あるものは、安く、易くして売る。

ということです。


と。あとはアイディアか・・・。
社内に向けては下のようなメッセージ、取組みを発動したりします。

==
FY13の職員予算化の件
==

当社にスーパーマンはいないです。皆が意見を出し合い、行動する会社にしたいです。
皆が強みを持ちあう会社にしたいです。

以下を皆で考えてください。

--------------------------------------------------------------------------
@主議題
 来期(FY13)、職員(正社員のみ)全体に「100万円」の予算を渡した場合
 自分たちでしっかりと差配できるか?
--------------------------------------------------------------------------
  @賃金/手当には使わないこと。
  @差配の結果、仕事への動機づけや成果アップにつながるか?
  @しっかりとルールを定めて使う。
   ex)現場との昼食、夕食会の自発的な開催
     自己投資や、セミナー代など
--------------------------------------------------------------------------
@理由3点
 1. あらかじめ、「職員分配=職員投資の予算化」をすることで、
    福田の判断 / 行動に依存する経費を少なくする。

   ・FY12で、交際費などを過剰に使ったこと。
    → 必要経費もあったが、経費超過分は賃金に転嫁する経営もできた。
    → FY11は、福田賃金から出していた。

 2. 職員全員が現在の職分にとらわれることなく、高い視点から、
   自ら考え、行動し、成果をだせる社員であること。

   →福田onlyの差配では情報量、判断に限界がある。

  上記100万円とは別に、FY13の賃金アップは1%〜5%行う。
   →経営としてのコミットメント

    ・企業は常に成長せねばならない。
     → 成長 =売上、利益Up→賃金Up
   
   →ただし、成果なきベースアップはない。
    →メトリクス、評価による見える化。

  売り5億を目指すために、ソフト(=人材)の精鋭化がさらに必要。

   ・人材の質=・仕事の量
           ・仕事の質
           ・やりがい、やる気、意義
   ・人材の量 = 当社の志に共感・共有できる人材を集める


 3. 福田から、佐藤GMを主とした職員への権限移譲の開始
   →佐藤さんにはFY14をめどに、
    「取締役」or「執行役員=COO」
    になってもらう予定。現場もフル常駐からは上がってもらいたい。

   →本日、顧客忘年会で現場の皆さんにも公開し、お願いする予定。
--------------------------------------------------------------------------

Rep1は

「皆さん一人一人が、顧客ニーズのフロントマン」

であってほしいです。
アホ企業のように、現場の皆さんのがんばりを搾取する管理者層、経営層の会社にはしたくありません。


===

かっこよく言っていますが、平たく言えば、

飲みすぎちゃった
sign03
ゴルフ行き過ぎちゃったsign03
ゴメンsign03

なんですわ。

売上、利益が上がっていないのに、
役員報酬が上がるのはおかしいわね。


au のCMがブッチギリにかっこいいですね。

一瞬、au に変えようかと思いました。 ダフトパンク。なつかしく、かっこいい。


FULL CONTROL/Xmas 驚きを、常識に


さて・・・私は以前より


歩き(チャリ)喫煙、をする人間はアホ

と思っております。


香港との違いは、

街中の道が、タバコ臭い。吸い殻が落ち過ぎ!

まで思います。

だいたい、

喫煙自体、百害あって一利なし。

喫煙者と非喫煙者の収入比較をすると、
低層にいくにしたがって喫煙率は増えるのは間違いないらしい。

しかし、我々団塊ジュニア、ポスト団塊ジュニアの上の世代にしたら、

喫煙は当たり前

なわけです。オフィスなどはモクモクだった。

では今度、我々団塊ジュニア、ポスト団塊ジュニアの下の世代を見てみましょう。
当社新人スタッフの世代です。

・PC、ゲームが当たり前。
・飲酒?はぁ?


なわけで、


深酒、夜のネオンにカネを落とす人間はアホ


なわけでしょう。

今後、アルコールの摂取量と収入比較をすると、
低層にいくにしたがって酒の摂取率は増えるかもしれない。



Time is Changing !!



団塊層・・・喫煙、飲酒が当たり前
 〜
団塊ジュニア層・・・飲酒が当たり前
 〜
その下層・・・前時代的なそれらにはかかわらなくて、当たり前


かもしれません。

PC、ゲームなし、人口増、所得増 で育った団塊層が、
その下の世代を理解することは難しいでしょう。
背景が全く違う。逆もしかり。


だから、彼ら世代に酒を強要する必要はない。背景を理解して、

個ではなく、時代を理解する。

が必要だと思います。

まさに、

驚きが、常識に

なのです。

日本という国の常識は、内外的な環境や国民によって作り出される。


今世代の幸せ、常識とも歩んでいかないといけないな、と思いつつ、
いまだスマホではありません。


1.自分の考えていることは、思うほど伝わらない。

2.自分の当たり前は、年代によって違う。


と、思うことがありました。

先日、ジムのトレーナーさんに

魚といえばなんだと思う?

と聞いたら、

サーモンですかね。

と。

なんでやねん!サーモン苦手やし。

と。


じゃあ、太刀魚。


なんでやねん!マイナー好きか!

と。

私は、「魚といえばマグロ」と思っていたのですが。

人はその価値観によって、感情も言動も異なる。
伝える相手は、まずそれを理解するべきなんでしょう。


2.はまた次回に。喫煙、飲酒について、です。


12
RSS登録