株式会社レップワン 代表取締役 福田兼児

株式会社レップワン
代表取締役 福田兼児

プロフィール


派遣から始まるトータルサポート
株式会社レップワンの専門職、派遣サービス特設サイト
レップワンの実績検索ナビ
レップワンの実績検索ナビ
株式会社レップワン
会社公式サイトにリンクしています。
企業情報システムのノンストップ運用を支える、インフラに特化したIT技術者の常駐サービスを提供しています。
Replog! 株式会社レップワン スタッフによるブログです
株式会社レップワン スタッフによる公式ブログ
鋼鉄セキュアサービス
Cisco ASAシリーズで安心の日々を。
Oneway Good Communication from Osaka Japan
大阪近郊のおすすめ情報を英語で発信しています。
カテゴリー
バックナンバー
TOPページ > 2012年11月のエントリー一覧

福ちゃんさ、

・恋は、落ちるもの
・愛は、育むもの
・幸せは、感じるもの

じゃあ・・

・好き、はなんでしょうか?
 

 「へ?” 錯覚 ” じゃないの?」


・・・好きは、気づくもの。


だそうで。


だからなんやねん!!他とつながらへんやないか!
 気づいたら、その後のアクションが大事なんとちゃうんかい!


というひねくれた私に、面白い4Hがありました。
 ※後述の本、p.147より。

===
チームの発展ステップ「4つのH」
 異文化マネジメントの観点から整理したフレームワーク

===
Honeymoon (第1段階:発見の連続。この人はなんて素晴らしいんだ!)
 ↓
Hostility (第2段階:なんか違う。腹立つ!)
 ↓
Humor (第3段階:異なることをひっくるめて笑いに。もう、しようがないなぁ!)
 ↓
Home (第4段階:お互いが歩み寄り、新しい文化が生まれる。あれをアレしといて!)
===

スタッフとのアツレキに際し、自分はHostility で終わっちゃうことが多いな。
笑いにして、前に進め、

会社も Home。


まで持っていける度量が必要なんだなぁ。

と思うことしばし。


シンプルにまとまっていて、オススメの本です。

99%の人がしていない たった1%の仕事のコツ

99%の人がしていない たった1%の仕事のコツ



Nothing is too late to start.


飲み屋さんの女性について話していたのですが、

==
■事実、
 大阪では、近隣地区の実家住まいの方が多い。
 地方出身者が多い東京では、一人暮らしの方が多い。

■論理
 つまり、・・の可能性は大阪のほうが低い。
==
事実を重ねていくと、論理につながることもあるかもしれません。


日本の経済構造が世界に誇る、料飲サービスはその存在自体が疑問ではあるが、
ついついお店に行くと、

「ブブブ、エビちゃんじゃないか。どこから見つけてくるんだ」

と思うこともあり。


時給8,000円!?
最低でも月収50万円!?


仕事柄、原価構造とか、プロファイリングとか、客を呼び込む力の分析に力を割いてしまう。 


ともあれ、サービスを提供するキャストを安定して供給できるお店は強い。


もとい、我々はITインフラのエンジニアを集めたい。
どういうエンジニアが、当社に就職、転職したいか。

 稼げる
 学べる
 つながれる(あの人がいる)
 大義を感じる
 必要とされる
 触れる
  etc
 
 
我々に仕事はある。
というか業界全体で、仕事は出ている。


が、人がいない。
つまり、仕事をするヒトを確保できる会社が伸びる。
 
非常〜に悩ましい。
自分で言うのもなんだが、この会社(レップワン)には

素晴らしいスタッフ
素晴らしい顧客

がいると思う。


が、ヒトが集まらない。何がないのだろうか。

求人媒体でヒトが集まる時代は終わったかもしれない。

求人に関するファクトを集めれば、解決方法が見えてくるだろう。


現在の大きな大きな課題だ。


相変わらず、DC(データセンタ)で小さい作業をするわけです。

各DCにおける、
各DCごとの、
各自己満足的 個別検疫方法は、なんとかならんかと思います。


「入館は組織を超えてすべて一つの組織で行う。納税証明書のみを身分証とする。」


とかにすればいいのに。さて、今日の入館の際に担当者から、
 

「お待ちしておりました!」
 

と言われて、けっこう びっくりした。
英語で言ったら「Welcome Back !」
 

おいおい。ミッションイッポシブルなチームに帰ってきた凄腕エンジニアじゃないよ。
 

もしくはここはホテルか?DC受付にもそこまでサービスを日本人は要求しているのか?


と、メンバーと話していたのだが、


「そりゃDCも差別化の時代だよね。」
 

と。


近くの、リーガロイヤルホテルが運営するDCとかあったらおもしろいよね。


受付から何からみんなオールバックで、ホテルマンの格好をしている。
 

じゃあ、全員女性だったらどうなのよ。
 

ガールズバーならぬ、
 

Girls Data Center 略して、GDC。


結構お客さんつくんじゃないの?と。
などとバカ話をしながら、申請待ち時の退屈をしのいでおりました。
 

若年女性層の雇用を心配する身としてのアイディアなんです。


東京と大阪で仮想化に対応ができるエンジニアを募集しています。
東京の案件の詳細を記します。

【タイトル】VDIの導入
【採用技術】VMware View
【人数】1〜2名
【段階】設計〜構築
【規模】2,000人程度のユーザ
【必要スキル】Must:VMware viewの理解
             エンタープライズ環境でのVMware vSphereを使った構築、移行経験
         Want:VMware view設計経験
【プロジェクト期間】2012年12月〜7か月
【場所】東京都中央区
【その他】他にも、VMware製品を使ったプロジェクト(サーバ移行)があります。
【単価】応相談


いわゆるスペシャリティコーヒーは、昔はタリーズが好きだった。
松田氏が経営をされていたころだ。
大手飲料メーカの運営になってからは、あまりいっていないが、パスタを出すのにはびっくりした。

今はスターバックスによくいく。
全世界で、ほぼ変わらぬ品質をほぼ同じ値段で届けれるのは本当にすごいことだと思う。
 ※多少の差異はある。 関空での値段がちょっと高いのはなぜか。

さっき行ったときに、

・すでに、クリスマスモード
・持ち帰りのことを、「To Goで!」

??
ここは日本やろ。あんたバリバリ日本人やないか。と思うことたびたび。

アメリカ産だからいいのか。

下記良著によると、

not Coffee Business but People Business

らしいが、適度な「距離感」は我々の特色であって、必要以上のフレンドリー感はどうも苦手だ。
が、第3のゆったりした場所を求める方々に、それぞれの理由を届けているから支持されるのだろう。


スターバックス再生物語 つながりを育む経営

スターバックス再生物語 つながりを育む経営


は創業した方の想いが、ぐんと伝わる本です。
 

Onward. 前へ。
 

変なグローバル化(アメリカ化)は、必要なんだろうか。


12
RSS登録