株式会社レップワン 代表取締役 福田兼児

株式会社レップワン
代表取締役 福田兼児

プロフィール


派遣から始まるトータルサポート
株式会社レップワンの専門職、派遣サービス特設サイト
レップワンの実績検索ナビ
レップワンの実績検索ナビ
株式会社レップワン
会社公式サイトにリンクしています。
企業情報システムのノンストップ運用を支える、インフラに特化したIT技術者の常駐サービスを提供しています。
Replog! 株式会社レップワン スタッフによるブログです
株式会社レップワン スタッフによる公式ブログ
鋼鉄セキュアサービス
Cisco ASAシリーズで安心の日々を。
Oneway Good Communication from Osaka Japan
大阪近郊のおすすめ情報を英語で発信しています。
カテゴリー
バックナンバー
TOPページ > 2012年1月のエントリー一覧

「仕事」って・・・
 「仕える事」と考えるとつらい

「私事」だとしたら・・・
 「私のための事」だよね

ってね。

from 谷町4丁目

==
言葉遊びですが、気持ちは軽くなるのではないでしょうか。


昨日のTOEICの受験会場は、とある大学のキャンパスでした。

「まじめに勉強しときゃよかったよ・・」

と悔いても遅い。

今年、セキュリティスペシャリストを取ろうと思いました。
最近、学ぶことが面白く思います。さらに考え方が偏ってきました。

経営者は、MBAなり、中小企業診断士、会計士、税理士、弁護士
を持っていたほうが「ハク」はある。

私は若い時の蓄積がないから、なんとか生きれている今やらんと、まずい。
人生半分過ぎてしまった。
頭使わないと、マジで痛い40代になりそうです。

さて、扱っているサービスへの深い知識は必要です。
先日、当社がリリースに失敗した教訓をちらっと書きます。
==
Cisco ASA+AIP(SSM搭載)には、Webトラフィック検閲するEngineで

「AIP Engine」

があります。

On にすると、パフォーマンスが下がる。ということがありました。

セキュリティTrapだ。


間が空きました。

今日はTOEICを受験しました。
毎年受けているが、特段英語が話せるようになったわけでもない。
もっと浸からないとダメだな。

昨夜は知人ご夫妻と食事をしました。
「ご懐妊」とのことで、幸せそうな二人、とても喜ばしいです。
素敵なカップルだ。ついつい飲みすぎる。最近どうも痛飲が多い。

旦那様はMBAホルダーということもあり、よく物事を知っていらっしゃる。
客観的に見ておられる。私の会話から察していただいたのだろう、

福田さん

「和して同せず」

ですよ。と。その言葉を初めて知りました。

外に結果を求めないとなぁ。
もうちょっとしなやかに、強くならないと。


古参組のスタッフが退職することになり、自分の至らなさを痛感しました。

「え?今?」

と、信頼関係の薄さを再認識しました。
彼に優しい言葉はかけなかったが、素直にやってくれているな、と期待をしていただけに今回のは、結構ショックです。
 

原因があり、結果がある。
 

私は退職について留めさせることに力は使いません。
会社はともかく、顧客にだけは迷惑がかかるのだけは避けたいのだが、
同じ原因であれば、いずれまた同じことが起きる。

とある方からの言葉を思い出しました。


「人は、他人の欠点に助けられている。」


リーダシップ、マネジメントと叫ぼうが、無い人は無い人で役割がある。
皆ががリーダシップばかり持っていたら、船頭多くして・・の船になる。


同様に・・・
ユメがある人は、無い人に助けられている
カネがある人は、無い人に。
技術がある人は、無い人に。
英語が話せる人は、話せない人に。
etcetc

ヒトには役割があります。

そんな時、顧問税理士さんのメルマガを読んでいると、本田宗一郎さんの言葉の引用がありました。
 
------------------------------------------------------------
“惚れて通えば千里も一里”という諺がある。

それくらい時間を超越し、自分の好きなものに打ち込めるよう
になったら、こんな楽しい人生はないんじゃないかな。

そうなるには、一人一人が自分の得手不得手を包み隠さずはっ
きり表明する。
石は石でいいんですよ。ダイヤはダイヤでいいんです。

そして監督は部下の得意なモノを早く掴んで伸ばしてやる。
適材適所へ配置してやる。そうなりゃ石もダイヤも、みんな本当
の宝になるよ。

企業という船にさ、宝である人間をのせてさ、舵を取るもの、櫓
(やぐら)をこぐもの順風満帆。大海原を和気あいあいと一つの
目的に向かう。こんな愉快な航海はないと思うよ。
------------------------------------------------------------

Topの器以上に会社が大きくなることはない。

少し、助けられました。


社内でよく

「自分の時間単価をあげなさい」

と言っています。稼ぐ人、稼がない人はつまり、

「自分の価値の、時間あたり単価」

が違う、ということです。その人の価値を決めるのは、知識、それを使った処理能力、人脈、仕組み、などいろいろあるでしょう。

それを上げるトレーニングをしないと、「いざ試合」というとき発揮できるわけがない。


万人平等な「時間」をどう使うか、に尽きると思います。
昨日、武庫川で行われた10kmレースに出たのですが、ネットタイム

41:18

でした。40分を切ろうと思ったのに、できなかった。超平坦なコースなのに。
自分の毎日に負けた。
タイムを狙っていたのに、スタートで最後尾に並ぶのはよくないことがわかりました。

同じことをするなら、早い、正確、安い、に越したことはない。

早いが、故障した
早いが、仕事を犠牲にした

でも意味がないです。
去年の3月に出場した10kmと、4分変わったようです。たかが4分、されど4分かな。

意識、時間の使い方の積み重ねが、
死ぬ間際、転機の時に後悔するかしないか、の違いではないでしょうか。

今年で私は37歳です。肉体的なピークは過ぎています。
となると、脳みそ、自分の価値、社会的なピークに備えて、毎日トレーニングをしないといけない。
これからでも挽回していこうと思います。


12
RSS登録