株式会社レップワン 代表取締役 福田兼児

株式会社レップワン
代表取締役 福田兼児

プロフィール


派遣から始まるトータルサポート
株式会社レップワンの専門職、派遣サービス特設サイト
レップワンの実績検索ナビ
レップワンの実績検索ナビ
株式会社レップワン
会社公式サイトにリンクしています。
企業情報システムのノンストップ運用を支える、インフラに特化したIT技術者の常駐サービスを提供しています。
Replog! 株式会社レップワン スタッフによるブログです
株式会社レップワン スタッフによる公式ブログ
鋼鉄セキュアサービス
Cisco ASAシリーズで安心の日々を。
Oneway Good Communication from Osaka Japan
大阪近郊のおすすめ情報を英語で発信しています。
カテゴリー
バックナンバー
TOPページ > 2011年7月のエントリー一覧

かの柳田國男さんが言っておられた、

ハレ:非日常
ケ:日常

ケ、ばかりの毎日で、「これぞハレやん」を体験しました。天神祭です。
 

祭りは毎年、7月の24日・25日、自宅からすぐ近くで開催されています。
特に今までは見ることもせず過ごしていました。
今回、知己を得まして、参加者側になれる、とのことで、

「いくいく!」

と。大阪Loveなスタッフ1名とともに参加しました。

00.JPG


リアル、クールポコ。
着替えると、「祭り好きそやね〜」と言われる。顔が丸いだけで得をする。

さて、天神祭の詳細はほかに譲りますが、今回の役目は催太鼓を担ぐことです。それは、

「年に一度、道真公が市中見回りに出るから、一番に出て道々のけがれを払う。それが太鼓の役目」

ということで、太鼓中の講に入る縁をもらいました。

01.JPG

しかし、びびった。

こんなに人いるの?と。太鼓中だけで、千人はいるんじゃないか。太鼓中でも、「当屋」と13の呼ばれる、組合のようなものからどんどん分岐していく。願児、総代や役員、頭などいろいろな役職がある。

完全タテ割り社会で、その紋の浴衣を着ている者どおしが、大きな声で明るくあいさつをしあう。そして、大阪締めと呼ばれる、

「うちまーしょ!!・・」

という柏手を打つ。堂島など大阪商人のルーツを見た気がします。
さて祭りの流れとしては、多岐にわたるんですが、

天満宮から、タイコを出して、陸渡御と言われる市内を巡り、船渡御と言われる川を巡り、また戻っていくというものです。
その間、担いだり台車に載せたり。荒々しい。男祭りです。

02.JPG

ヨイヨイヨイと。宮内もまわる。

03.JPG

市中に出ていく。

04.JPG

天神橋のたもとをみると、

05.JPG

船渡御を観ようと、船に乗り込む風流な方々。
高い席で3万円以上するのに。不景気は関係ないのかな。

06.JPG

天神橋がホコテンに。風が抜けて、気持ちいい。
大阪が東京より暑いと言われるのは、緑が少ないから熱がこもるから、
というのを聞いたことがあります。今日は、風が抜けていました。

10.JPG

太鼓は吊られて船に乗る。

11.JPG

クライマックス。川から上がってお宮まですすむ。
カタと言われる担ぎ手のボルテージもMAX。

07.JPG

友人のMr.N。普段は温厚な彼が・・・

08.JPG

もう12年やっているらしい。血が騒ぐ、とはこのことだ。
私も自分なりに担いでみました。

ps
09.JPG

祭りの本尊(道真公)をまつる神輿。
宮司さんではなく、ネギさんがいたので質問をする。

「なんで天満宮で戎祭復活したの?」
「学問だけでは食ってけませんわ。少子化やしね〜」

今回の参加で、大勢の人たちと交わって、ハレ=非日常を体験することによって、普段の生活とは全然違う時間を過ごしました。

ハレがあるから、ケに生きる。

同じタイコを担ぐ仲間、その中でもさらにその仲間、仲間と細分化されていく。タテ社会の礼儀もある。やってみないとわからない、気づかない。

太鼓中の船にも乗れて、大川から市内を眺めれた。TV大阪の中継にも、呆けた顔で映っていたそうです。

12.JPG



祭りの後の天満宮。午前2時過ぎ。
誰もいない。ハレからケに戻る。
お参りしてから帰りました。

実は・・・みこしを担ぐときに、けつまづいて、みこしにしこたま頭を打って今も痛い。

祭りだ神事だ、結婚式はキリスト教だ、日本人は大変やな・・

とか思ってたから、公からバチがあたったんかな、と。
都合のいい時だけ神頼み、なんてね。

お客様こそ、神様です。


リッツ、リッツと言うが、経営は阪神電車のグループ会社です。
大阪のビルボードライブも、阪神電車のグループ会社です。

「ライセンス、知名度と言う名のブランド」がいかに大事か。
 
さて、ロイターの記事によると、

世界で住みやすい都市ランキングで大阪は12位


らしいです。英語ページを読むと

"Mid-sized cities in developed countries with relatively low population densities tend to score well by having all the cultural and infrastructural benefits on offer with fewer problems related to crime or congestion,"

「先進国の人口密度が低い中規模な都市は、文化やインフラでの便益があり、犯罪や過密などの問題が少ないために高い評価を得やすい」

との記述あり。
※ロイターのtopic, picture gallery 、とても興味深いですね。新聞は読まないが、ロイターは読みます。一緒か。

さて、大阪市の人口は約267万人

300万人都市がちょうどいいくらい、と何かで読んだことがあります。
当社は、大阪府の入札業者でもあります。もっと地元に貢献することをやっていきたいです。

「日本で一番住みやすいと言われている大阪にある会社です」


と世界に言いたい。しかし、しかしだ・・・

Sophie milman Japan tour 

を大阪に!東京集中はんたーい。


少し遅いけれど、社内では2Q四半期評価→3Q目標設定をスタッフ同士でがんばってくれています。

管理職はその意義を説明し、促してくれています。
メンバーはどう実現していくか、考えてくれていることでしょう。

当社での四半期評価は、2008年から試行錯誤しながら行っています。
いまだに完成形はありません。去年の終わりごろ、やっと気づいたことがあります。


どうなってほしいか。何をやってほしいか、なぜなのか。
未来像を明確にしないまま合意しないまま、過去を評価することは、おかしい。
 

ということです。
評価期間が始まる前に、上司と部下で同意した目標設定が必要でしょう。

目標設定とは少し異なりますが、アメリカ企業では、雇用条件とともに、Job description というものが明示されるそうです。
 
来月、スタッフが1名入社します。その者のため、今後のために、書き起こしてみます。
あまり細かく書きすぎても、マイクロマネジメントになってしまう。

期待すること、これだけはやってほしいこと。

ぐらいでしょうか。
それらの元になるのは、「会社がどうしたいのか、どうなりたいのか。」ということです。

会社の目標と、個人の目標(役割)が同じ方向を向いていればHappyへの第一歩だと思います。


先日の電話について、再度連絡がありました。

「あ〜英語でいいですか?」 いや・・・
「あなた日本語しゃべれるなら日本語がいいんですが」と言ったら、
構わず英語でしゃべりだした。

聞いたら、「ヘッドハンティングだ」とのこと。

またかい!(前回のエントリは去年5月らしい)

しかも、前回の私の解釈と全然ちゃう。前回私は、

「アメリカから大阪に進出したい。パートナーとなる会社を探している」
と解釈していました。

色めきたった自分がバカだバカだ・・。
なんだ。またTOEIC受けなあかんな・・・と。


さて、私が普段思うに、


長期的に考えた場合、転職成功率は2割

だと思っています。1年2年はいいでしょう。それがエサなんだから。
動かないからの、価値もたぶんにある。本当に今の会社で、自分はできることをすべてやったか。

エージェントは手数料を上げて、なんぼ。
人事は、優秀な人材を確保してなんぼ。

本当にやりたい仕事、
人生をかけたい会社、

の選択を他人に任せるのは、寺銭を払ってギャンブルに興じるようなもんだ、と思います。
エージェントの必殺、「シークレット求人」もあるでしょうが、エージェントに出ている時点で、隠れてない。

道が無いならつくりゃいいじゃん
 by 電気グルーヴ

同じことを過去も言っているみたいです。
懐古的経営者でも、他人とは違う道は創っていかないと。


リモートアクセス、シンプルに構築運用!

二要素認証で、なりすましを防御!
 ワンタイムパスワードもお任せください。

テレワーク=労働 労務管理もばっちり!


レップワンのIT 鋼鉄シリーズ テレワークソリューション 特設サイトはこちらから!!


123
RSS登録