株式会社レップワン 代表取締役 福田兼児

株式会社レップワン
代表取締役 福田兼児

プロフィール


派遣から始まるトータルサポート
株式会社レップワンの専門職、派遣サービス特設サイト
レップワンの実績検索ナビ
レップワンの実績検索ナビ
株式会社レップワン
会社公式サイトにリンクしています。
企業情報システムのノンストップ運用を支える、インフラに特化したIT技術者の常駐サービスを提供しています。
Replog! 株式会社レップワン スタッフによるブログです
株式会社レップワン スタッフによる公式ブログ
鋼鉄セキュアサービス
Cisco ASAシリーズで安心の日々を。
Oneway Good Communication from Osaka Japan
大阪近郊のおすすめ情報を英語で発信しています。
カテゴリー
バックナンバー
TOPページ > 2011年3月のエントリー一覧

やっとこ就業規則の整理ができました。
4月から賃金形態を変更するので、規程の変更が必要でした。
ロウキさんにも届け出ないといけない。

bunsho.pdf
当社就業規則の文書構造です。

ただ、以前も言っていたように規則があっても、会社の価値があがらなければ意味はない。
会社を守る、最低限のルール、義務ということです。
今年中に退職金規程も作らないといけない。間接な仕事も多いポジションです。

営業しないと。

"就業規則は会社のルールブック"の続きを読む »


今日は、淀川でのハーフマラソンの開催日でした。

開催かどうかわからなかったので朝、案内状に電話番号を見ると書いていない。そこで、携帯電話でネット検索すると親切な方がブログで書いていてヒットする。なるほど、便利だ。

10kmに参加です。今回はペースを落として軽く走ろうと思ったんですが、スタートに立つと

「よし、自己ベスト目標。1km4.5分でがんばってみよう。お気に入りもipodに入れてきたぞ。」

結果は、45分53秒でした。音楽の力は強い。

あいかわらず、
「折り返しはまだか。あと〜kmか」
とブルーになりながら走っています。

私はserious runner ではありません。しかしこういった、イベントに参加することやランニングには以下のような効果があります。

===
○イベント参加
 ・2,3日前からは禁酒を心がけるので、節制に気を付けれる。
 ・タイムや他参加者があるから、面白い。
 ・知らない土地を知れる

○ランニング
 ・走っている最中に、仕事などへのインスピレーションがある
  ・日頃の運動不足解消、健康への意識
===

そして、意志がちょっと強くなれたと感じ、

できるようになったら楽しい、その次が見える。

ことです。

「もうあかん、歩いてしまおう。(たいてい6kmあたり)」

と思うんですが、

「いやいやちょっと待て、もうひと頑張りや。ほかの人も頑張っているやん」

と言い聞かせながら、どこか自分に負荷をかけてゴールができることへの達成感です。小森先生のモチベーションアップの3要素そのまま、

・プライド
・チームワーク(これはチームで参加する場合)
・ライバル

の存在です。ゴール後もヘタレコムという具合でもないので、

「もっと、いけたんかな〜」

とも思いつつ、

「仕事もこれくらいガマンできればいいのに」

と思います。
 

さて、今日の10kmでまだ余裕があったときは、例の地震の対応について考えながら走っていました。スタッフやマネージャが、自分の価値観で当社発信源から意見を出してくれていることはうれしいことです。


佐藤MGの意見には賛成です。大阪は特に普通の生活です。民放メディアやネット上はこぞってあおっていますが、原発にしても東北地方にしても、

「今までは気にも留めなかった箇所に対して、結果論、推測論ばかりのやりとり」

に非常に疑問を感じます。
普段は気にもしないのに、いったん不利益が発生すると、とたんに攻撃者になる、というのは人間の性なんでしょう。
 

「対案無き批判、行動無き理念は無意味」

だと思います。本田宗一郎氏は、

「理念なき行動は凶器であり、行動なき理念は無価値である。」

と言っておられましたね。メディア各局のbias のかかった想像力豊かな報道より、
 
「緊急災害時には、NHKのみを報道機関とする。」

でいいと思います。重点放送されている以外にも被害にあった地域はたくさんあります。その規模に応じて、局を増やしたり、地域分担制にするとかは必要でしょう。もしくは、定点カメラを充実させる、などです。情報源がいくつあっても、そこに真実がないなら意味はないんではないでしょうか。


あとやはり気になったのが、

「もし大阪で起きたらどうなるか。」

ということです。今回の地震では、皆の良心もさることながら、皆それぞれの対応が必要です。私は、11日に報道を見て

「代表、法人としての対応を間違えると社内外から信用を損ないかねない」

と思いました。良心と同時に、理屈があったことは事実です。

「ボランティアに行ってくるわ!」

でもいいでしょうが、会社は聖人ではなく、利益を上げることを目的とする営利法人です。

「会社つぶしたけど、いい人だったよね〜。」

では社長として全くもって失格です。
そのため、14日に対応のための情報収集をしてから動きました。

人間は、

「忘れんぼう、さびしんぼう、なまけんぼう」

とおっしゃった方がいました。その方はサイバードの会長さんです。サンソウカンの講演で聞きました。当時のメモがブログにありました。

亡くなった人の数なら、3万人を超える年間の自殺者数のほうがOECD加盟国でもトップで一番多く、交通事故でも5,000人に近い命もなくなります。
 
災害という事実は事実。
命の大事さを問うなら一過性のものにせず、自分たちで支えているはずの日本の矛盾をすべてただすぐらいのつもりで、

Japan has changed from 11th Mar 2011 !

と言えるぐらいになるべきではないでしょうか。
その明確な目指す先があるから、「がんばろう日本」です。


起業当時に一緒に仕事をしたことがある方が、宮城県で昨日救助されました。

「ぜいたく税である、ゴルフ場利用税の廃止署名には協力しない」と、クラブハウスで支配人に言っていた新聞記者の友人が福島県で取材をしています。

スタッフにおいては、積み立ての従業員会費を義援金とすることにしたようです。

スタッフブログへのアクセスが集中していたので調べると、スタッフが喚起する呼びかけが、検索結果で総務省の次に来ていました。びっくりしました。

ヒトゴトとジブンゴトの境界が試される時かもしれません。命あるそれぞれの義のもとに、自分の目の前のことをしっかりやるときでしょう。
 

コンビニエンスストアに立ち寄った際に、普段と変わりない品ぞろえに違和感を感じました。最近は早く帰っても何か落ち着かない気もするので、昨夜は愛用ラップトップ(x61)のハードディスクをSSDに変えてみました。旧PCからの移行はせずにwindows7を入れました。肩がこってしまうぐらい、速いです。
 
気持ちもしっかり、自分ができることをしようと思います。


昨日私用で名神高速道路を走っていたところ、以西のいくつもの市町村の消防車や救急車が編隊となって東京方面に走っていました。

ボランティアで現地へ。

ということはできないので、会社の有志として、できることをしましょう。
・寄付
・衣料品
・節電
を送るとかになるんでしょうか。行為自体が自己満足ではよくない。

人々のチームワークが必要です。


ネーミングがいまいちですが、シリーズができました。今回ご紹介するのは、飲む人への

ヘパリーゼです。

初めてHPを見ました。飲むならHEPA。酒に飲まれがちな私は、これが無いと安心して飲めません。事務所に自宅にドリンクと錠剤を備蓄と言えるぐらい、購入済みです。

改めて見たら、第3類医薬品とのことです。
飲食店においてあったら便利だな、と思っていましたが、簡単にはおけないのかな。

私にとっては
ソルマック よりあいます。
 →帰宅ゲームのせつなさったら。いわゆる、ブラウザゲームですか。

しかし、こういった商品のHP。
アニメなども含め、えらくコンテンツが充実しているのはなぜなんでしょう?

お酒はコミュニケーションも含め、百薬の長?
次の日に残さないよう、楽しく飲みましょう。


12
RSS登録