株式会社レップワン 代表取締役 福田兼児

株式会社レップワン
代表取締役 福田兼児

プロフィール


派遣から始まるトータルサポート
株式会社レップワンの専門職、派遣サービス特設サイト
レップワンの実績検索ナビ
レップワンの実績検索ナビ
株式会社レップワン
会社公式サイトにリンクしています。
企業情報システムのノンストップ運用を支える、インフラに特化したIT技術者の常駐サービスを提供しています。
Replog! 株式会社レップワン スタッフによるブログです
株式会社レップワン スタッフによる公式ブログ
鋼鉄セキュアサービス
Cisco ASAシリーズで安心の日々を。
Oneway Good Communication from Osaka Japan
大阪近郊のおすすめ情報を英語で発信しています。
カテゴリー
バックナンバー
TOPページ > 2009年11月のエントリー一覧

昨日、TOEICを受けましたが準備不足でした。去年と同程度ではないか。まさに、日々の積み重ねです。準備を続けることが「その日」のためになる。


夜は、「内藤選手×亀田選手」を見ました。
亀田選手の発言やパフォーマンスとは逆の試合運び、

「距離をとり、ガードを固めてカウンター狙い」
 
というのは意外でしたが、お互いの意地とプライドが伝わるいい試合でした。この日のためにどれだけの練習、準備をしたのでしょうか。亀田選手はヒール的な逆境にもめげず、自分の芽が出る時まで、コツコツ努力を怠ってなかった。そこで、亀田選手が雑誌で言っていた深いコメントを引用します。

「今、走ったりトレーニングをしてもお金にはならない。でも、体に貯金ができると思ってやっている。」

体に貯金。私は体に脂肪。
 
継続は力なり。
 
新世界チャンピオンでさえ、一人では成しえなかったこと。周囲の助けがあったから第一声が、感謝の言葉だった。
 
助け合う仕組みがあれば、我々にもきっかけになるはずなので、社内に呼びかけてみようと思います。


最近は毎週月曜日に、「代表メルマガ」なるものを社内に発信しています。サブタイトルは、

〜当たり前を当たり前にできることが一流への第一歩〜

です。
 

日常で気づいたことや、仕事への考え方を話しかけるとともに、自分や社内に気付きが芽生えればと思っています。そのメルマガの中で毎回問いを出すのですが、前号では、
 
===
■Question
 仕事に必要なのは、
 ○の目、○の目、○の目、○の目

■Answer
 虫、鳥、魚、心
===

というあんばいです。
 

経営者は虫ではいかんと思うのですが、私は虫だ。
多少先は見えているが、ミツバチぐらい。
近く近くの仕事ばかりで、組織や事業の基本設計、見通しに乏しい。
それを形にしようと、もっと具体的にしたいのだが、時間だけが過ぎていく。焦っても仕方がないが、焦る。

■ITサービスのキーワード
 運用支援管理、構築支援、サービスデスク、資産管理
 1次切りわけまでの運用オペレーション、
 社員SE殿支援、プロジェクト単位での集合離散、
 24h365d、NNM、超CPアウトソーシング、

そういったキーワードから、サービスとして提供できる形にどうするか。虫では捕食される。


先日、

・10円を9円にすること
・100円を90円にすること
・1,000円を900円にすること

はどれが一番難しいか、というお話をいただき、
 

「10円を9円である」
 

と。1円硬貨は半分に割れない。
集まればどこかで調整がきく。スケールメリットというのだろうか。
 

ある程度の社員数がいないと、いい人材は入社してこない
リーダー層がいないと、メンバーは入れない。
メンバーはリーダーに育たてなければいけない。
 

レップワンは去年から30億以上を目指すと言っているのですが、どうにも10億超えでウダウダしている。
 

・・あ、単位は"ウォン"です。


一度、韓国が好きだと聞いた友人の結婚式にご祝儀30万と書いて30万ウォンを入れて渡したら、とっても無反応で、しばらく気まずい思いをしたことがあります。今はウォン安なので、怒られますね。当時のレート的には3万円以上の価値ではあったんですが、悪いことをしました。
 

もとい、壁を取っ払わないといけません。
3億円までいけば10億円は意外と走れて、次の壁は100億円である。と。
 

売上1億円の会社はネズミなのかな。そのネズミ感は好きなんですが、セカセカしている。前にはやった、

ゾウの時間 ネズミの時間―サイズの生物学 (中公新書)

ゾウの時間 ネズミの時間

 

によると、ゾウもネズミも心臓が15億回うったら一生を終えるらしい。
 

人間は、1分間に60〜70回鼓動
ハツカネズミは、1分間に600回鼓動
ゾウは、1分間に30回鼓動


上記の絵本版のp.24,25から引用
==
大きいことはいいことだ。大きいものはマイペースで栄養がたくわえられている。
大きいものほど、環境が少しぐらい変化してもあまり気にしないでマイペースで生きていけるのだ。

小さいことはいいことだ。対応が早く、時間の回転がはやい。
環境の影響をまともに受けるので、新しい環境にあった子孫を、すぐに作り出せる。
==


ネズミが大きくなるためにはどうすりゃいいのか。


友人が、

「エンターテイメントを超えてセラピーである。」

とあまりに勧めるので買いました。

ライヴ・イン・ブカレスト [DVD]

マイケル・ジャクソン
ライヴ・イン・ブカレスト
 
確かに格好良すぎる。そしてどこか、はかなさすら感じる。観客が感涙、卒倒しているシーンが多い。日本語訳歌詞がついているので、そういう歌だったのか、とそこでも感じるものはありました。このDVDに収録されている曲はほとんど好きな曲です。特に、

Human Nature
Smooth Criminal
Black Or White

は好きです。
でも、朝用意している時に、チラチラ見ているだけなのはマイケルファンから怒られますね。仕事のペンディングリストが減ったらゆっくり見ます。映画、「This is it 」 も気になるなぁ。


でもなんで、「失神」と書くのだろう。広辞苑を見ると、

「急激な精神感動・恐怖・驚がくなどのため、反射的に脳貧血を起こし、一時的に意識を喪失すること」

とある。
字のごとく、世界は「神」を失ったのかもしれません。


女性へのトークで、
 
「癒し系と和み系の違いて分かる?」

癒し系は、仕事で疲れた自分をなだめてくれる女性。
和み系は、仕事を忘れさせてくれる女性のことやねん。
君どっち?
なんてことをほたえつつ・・
 

先日、とある場所で朝食をとっていたら、とある女優さんが隣の隣の席になりました。その方は、80年代に一世をふうびし、今もCMやドラマで見かけます。
 
そそとしたたたずまいは中学高校生時代に見たトレンディドラマまま。しかし飾りない朝食スタイルでした。そして意外と小さいんだ。ウーム、、ヤバイ。
 

そのレストランは、欧米や中国からの旅行者の方も多く、英語や中国語が飛び交っている。観光でない方々たちは、朝食からミーティングを行っていたようです。彼らの朝は早く、終業時間できっちり帰るが、早朝からバリバリ稼働しているイメージがあります。欧米人には長い休暇があると聞きます。日本人のように、細かく休んで終了起動を繰り返すのと、どちらがいいのでしょう。
 

羽田とは違い、時折に飛び立つ飛行機を見ながら、知力体力のジェットエンジンが欲しいなぁと、私は思考OFFを試みたのでした。


12
RSS登録