株式会社レップワン 代表取締役 福田兼児

株式会社レップワン
代表取締役 福田兼児

プロフィール


派遣から始まるトータルサポート
株式会社レップワンの専門職、派遣サービス特設サイト
レップワンの実績検索ナビ
レップワンの実績検索ナビ
株式会社レップワン
会社公式サイトにリンクしています。
企業情報システムのノンストップ運用を支える、インフラに特化したIT技術者の常駐サービスを提供しています。
Replog! 株式会社レップワン スタッフによるブログです
株式会社レップワン スタッフによる公式ブログ
鋼鉄セキュアサービス
Cisco ASAシリーズで安心の日々を。
Oneway Good Communication from Osaka Japan
大阪近郊のおすすめ情報を英語で発信しています。
カテゴリー
バックナンバー
TOPページ > 2009年6月のエントリー一覧

最近よく思うのが、
 

「社員同士で出かけたり、気の合う人間を見つけて、会社を楽しんでほしいナ」
 

です。
 

これは考えが変わりました。
事業開始2年目は、とにかく人を集める感じだったので、「まずは個人。上を目指せ」と、我ながらかっこいいことを書いています。恥ずかし。
 

さて、会社は6年目に入っています。ウチは以前のやり方で機能しているか?
航路を、ビジョンを示しているか。
その時に書いてあることは果たしているか。
 

どうでしょう。
いい空気は出てきたと思います。
第二ステージに入った気がしています。
 

そして、せっかく一緒の会社なんだから、仕事だけではない、いい仲間を見つけてくれればと思います。
 

そんな中での、昨日の飲み会。
会話中、社内の仕事術において、ま〜たいいことを教えていただきました。

 

ホウレンソウについてです。


「アウトプットを意識した仕事を考える」という話題で、
 

「アウトプットとはすなわち、上司への報告である」
 

とズバリ。そして、
 

「その観点から、 ホウレンソウ は誰にするのか?」
 

と質問です。

===
報告=縦:上司に
  ・・・上司に、報告をして判断をあおぐ
     その選択肢を考えるのが仕事。
     報告するから、指示が来る。
 

連絡=横:部下、メンバーに
  ・・・情報を共有する。
 

相談=横:メンバー、同僚に
  ・・・アイディアや選択肢の相談をする
===

縦、横、横です。
 

たくさん教えていただいたので、メモっていたんですがあと2個話題があります。
 

・免許証トーク
・整理整頓トーク
 

仕事というのは、「ちょっと考える」んではなく、「本当に考える(角度を変える、深く掘る)」ことです。いつもアドバイスをありがとうございます。


大阪本店のビルは1フロア2テナントです。

9階本店の隣が空いたので、同ビル3階に借りているアクセスセンターの移転を検討しています。先日の会議で意見を出してもらい、決をとったところ、
 

--------
・狭くなり、間仕切りもそのままではメリットが「近い」ということ程度。
・家賃削減などになれば良いが、回線新設など移転費用も必要なのであまり必要性を感じない。
・既存のデスクが設置可能?
・狭くなる+既存什器を有効に利用できないのであれば、よほど家賃が安くならない限り移転のメリットはない。
--------

 
という理由で、反対10、賛成0という結果に。
 

議事録を見て目を疑った・・
 

一人ぐらい賛成がいてもいいんでないかと思うが、これで移転主張派は私一人だ。
 

私はその会議には参加しなかったのですが、不在時の「生きた意見」ともとれなくはない。私なりに洗い出してみると、
 

--------
■メリット
1.移転することによって、フロアが隣になり行き来がしやすくなる。
2.上記による、稼働管理のしやすさと会話
3.9階ワンフロア占有によって、他テナントさんへの気兼ねなし。 
4.流用可能な什器
5.多少狭くなるので家賃が下がる

■デメリット
1.カネ:移転費用(移設のみ)、
2.時間:3階の方が地面から近い、移設に関係する手配の手間
3.ヒト:新しいフロアへの慣れ
4.インパクト:新しいビルへの移転というわけではもない
5.各種修正:名刺程度
--------
 

フロアが分かれていると、誰かが3階にいても「あれ?いたの?」という状況が多い。
それが気になっている。
 

隣の現状復帰が終わって、中に入って決断してみます。
この状況での強行はできないから説明会を開きますか。
 

個人的には、
 

朝来たら、フロアが変わっていた・・・。


ということをやってみたいが、
 

出社したら会社が閉鎖されていた・・・。
 

を、連想させるので、どちらの決断でも説明しながら進めます。


この金曜日に甲子園にお誘いいただいて、お客様と行かせていただきました。
早めに駅で集合し、プレイボールには準備完了です。
 




席はお客さまの年間シート。
グラウンドから近い!

こんな近く見るのは初めてです。ウォォアニキ!
↓写真は多分赤星選手




7回裏の風船も当日から復活。キノコフウセン。




ラッキーボーイのブラゼル、あやかってスコアを撮影。




当日は阪神が勝ちました!さて、以前はあまり気にならなかった
 

「球場のスポンサー」
 

です。見回してみると在阪企業、大阪発祥の企業がやはり多いですね。
また驚いたのが、甲子園ではアサヒビールが公式ビールということで、出歩いているビールの売り子さんは、”ドライなコ”しかいないのです。


観戦の後、ワインバーにつれていっていただき、いろいろ教えてもらいました。
ワイン美味しいっす。「右がブルゴーニュグラスに入った、ピノ・ノワールで、左がボルドーグラスに入ったカベルネソービニヨン」と教えてもらったことをそのままに。
 




その後は、ノリノリで歌ってました!お客さんと飲む、というのは「気を使う」匂いがつきます。私は礼儀を守って、本音でしゃべるようにします。「不勉強だったり」「余計なこと」を言ってしまって帰宅後にヘコむこともたくさんあります。
 

飾っても仕方ない。
いつか誘ってくれたお客さんに、「大きくなったなぁ」と言われたい。
最近は「太った?」とよく言われます。
 

飲み会のお誘い、いつでも待ってマース!!


ごぶさたしてしまいました。早い、一日が本当に早い。
 

社内で気になっていることがいろいろあるなかで、「情報の放置」があります。コーポレートサイト、ブログ、社内CMS などなど。
 

情報は大事だが、鮮度が悪く、更新もされていないようでは、見ている方々への逆効果になる。
例えば、めったに更新されていないSNSはあまり魅力ないですよね。
 

つい昨日、あたたかい指摘もいただきまして、
 

「案件情報、技術者情報のページへのバナーリンク、およびコンテンツ」
 

について、さっそく削除、非公開にしました。
言われてからでは遅いのですが感謝感謝と、アヤヤばりにズバッと削除。
 

我々知識産業に生きるものは、
 

「情報(見えないもの、見えるもの)を、どう形にするか。伝えるか。」
 

です。それが仕事の良し悪しともいえる。
 

停止したページ
期待くださいと書いています。いい方法を考え中です。


佐藤が記事を書いてくれたので、私も神戸のオススメを。
 

私は小2〜中3まで神戸におりました。神戸と言ったら響きはいいけれど、神戸のチベット、裏六甲です。標高300m。山手とは気温が違います。神戸電鉄はブレンボのブレーキがついてるんちゃうかと思えるくらいな、プチ登山鉄道です。
 

神戸という街に愛着はあります。関西弁も微妙に違うかな。
 

「なんかさ、神戸で、アパレルの仕事しててさ〜。」
 

オシャレタウンでもあるけれど、どこか陰陽があるように思えます。いつか、雑誌Meetsばりの取材をして、
 

「福田流、浮世の昼Beer@神戸」
 

をこのブログで書きたいと考えています。その前に、神戸で飲むときよく行くBarのご紹介です。
 

GarageParadice
 

Live必見。
リアルNe-Yoか!と突っ込みたくなる歌い手さん、LARRYさんがいます。


1234
RSS登録