株式会社レップワン 代表取締役 福田兼児

株式会社レップワン
代表取締役 福田兼児

プロフィール


派遣から始まるトータルサポート
株式会社レップワンの専門職、派遣サービス特設サイト
レップワンの実績検索ナビ
レップワンの実績検索ナビ
株式会社レップワン
会社公式サイトにリンクしています。
企業情報システムのノンストップ運用を支える、インフラに特化したIT技術者の常駐サービスを提供しています。
Replog! 株式会社レップワン スタッフによるブログです
株式会社レップワン スタッフによる公式ブログ
鋼鉄セキュアサービス
Cisco ASAシリーズで安心の日々を。
Oneway Good Communication from Osaka Japan
大阪近郊のおすすめ情報を英語で発信しています。
カテゴリー
バックナンバー
TOPページ > 2008年12月のエントリー一覧

稼働スタッフ数が20名を超えたら社内報を創ろうと考えていて、GLMTGでも意思をもらったので、編集メンバーを選びました。それぞれのメンバーが常駐業務を持っているので兼任型プロジェクトにはなる。が、まずはやってみること、続けることが大事。最初はワードでコツコツ作れば十分でないか。先日、社内報に関する本をいくつか購入したので読みました。
 

もっと!冒険する社内報 (Nanaブックス)

もっと!冒険する社内報 福西七重 著


著者の福西七重さんは、リクルート社の社内報を創刊と同時に26年間編集長を努めた方です。社内報からの切り口となっていますが、温かい仕事の方法は、基本ともいえることがたくさん書いてありました。
 

仕事とは、自己表現を集めたアウトプットである。
社内報は、かっこうの情報発信の場ではないでしょうか。
 

また少し抜粋を。  

==
p.42
会社も人間も同じ。知れば知るほど好きになり、楽になる。


p.53
社内報は社員のものでなくてはならない。

p.24
社内報には4つの役割があると考えている。

・経営トップの方針を社員に公平に伝える(目的の共有)。
・経営に関する情報をタイムリーに伝える(情報の公開・共有)。
・社員が経営者に刺激を与え、考えさせ、学ばせる(教育、気づきの場)。
・企業文化や企業風土を育て、継承する(風通しの良い、活力ある風土づくり)。


社員はトップを、トップは社員を知りたい。

p.185
アウトソーシング先を決めるには。
「社内誌白書2007」外注している企業は70%。

p.163・224
(客観性)編集者のカラーが出過ぎないこと
===


いきなり誤解を招きそうな表現です。人間には4種類あり、
 
 
有能で怠惰
有能で勤勉
無能で怠惰
無能で勤勉
 

過激な表現ですが、どこで読んだかな〜と調べると、第二次世界大戦中に活躍した、のドイツのマンシュタインという軍人が言っていたことらしいです。
 

「人間」というより、「仕事のやり方」としましょう。


人生を変える80対20の法則

人生を変える80対20の法則



にも、マンシュタインのマトリクスとしてありました。


ここでは、有能で怠惰=スーパースター。として紹介されています。他3つをここで紹介すると誤解を招きかねないので、特に書きません。
 

怠けて働くということではなく、かんどころ、ゆるめどころの意味を分かって働くこと。ということ。
 

結局、今日は何をしたんだい?
会社は学校では無いので、カンドコロをおさえて、それをやり遂げることが大事なのです。
  

何を求められているのか。するべきか。今しなければいけないのか。しなくてよいのか。また今、一番大事なことはなにか?将来のために何が必要か。センターピンをはずすな。
 

昨日から試用しているMindManagerを購入しました。
今年の自分へのクリスマスプレゼントです。


「人を動かす人」になれ!―すぐやる、必ずやる、出来るまでやる

「人を動かす人」になれ!

社内に対して、人を動かす人間を目指せ。と常に言っていて、そのまんまタイトルの本です。本を通して、

「Oh,モーレツ!」

創業経営者の気迫が伝わってきます。読んでいる間、部下になった気持ちでした。ページをめくるのがこころなしか早かったです。「叱るとほめるの収支をゼロにする」とあったけど今は、ほめてほめての時代のような。もちろん、社内でも叱るよりか、ほめられる仕事を見たい。
 

人を動かすというより、リーダーたるもの、自分会社の経営者である。として書かれています。永守氏の日本電産株式会社が三大精神
 

「情熱・熱意・執念」
「知的ハードワーキング」
「すぐやる、必ずやる、出来るまでやる」


を徹底的にやりぬき、育てたことに驚き、まさに驚嘆しました。東京からの新幹線でよく見ていた、Nidecビル群を一代で立ち上げられたのは本当にすさまじい。
 

休まない、というのには・・・でしたが、仕事が楽しい!レベルの方はそのはず。

人生=仕事ですね。読んでいて元気をもらいました。p.18、p.94に惹かれました。やっぱり大事なのは意識だな。
率先垂範。私がやらんことには誰もやらん。少し引用を。
 

-------------------------------
p.48
人を動かす人間に土日も盆も正月もない
 

p.56
人望を得るために絶対必要な5つの条件
 ・ギブアップをしないということ
 ・陰で人の悪口、特に部下の悪口はいわない、いわせないこと
 ・ごまかさないということ
 ・正論、すなわち理詰めで部下を追いこんでいかないこと
 ・休まないこと
 

p.153
「大変な時代になったが、これだけのことをやれば大丈夫だ」という明確な指針をトップ、リーダーが示してはじめて、危機感をバネにすることができる。夢やロマン、目標や指針のない悲壮感では、人を動かすことは不可能だ。
 

p.109
トップの仕事とは、
 ・会社、すなわち私の経営ポリシーをわかりやすく社員に伝える。
 ・社員の意識を変え、高めていく
 ・中長期の経営計画を立てる
 ・経営判断、最終決断を下す
 ・適材適所を考える
 ・マスコミのインタビューなどに応じて、会社のイメージ、知名度を上げる

 
p.64
相手のキャリアによって話の内容をアレンジする。
 ・一般社員には危機意識30%、夢やロマン70%
 ・主任クラスのリーダーには危機意識50%、夢やロマン50%
 ・部課長クラスのリーダーには危機意識70%、夢やロマン30%
 ・役員クラスには90%、夢やロマン10%


p.94
求められる人材
 1.野心のある努力家
 2.プライドのある情熱家
 3.やり抜くネアカ
 4.負けず嫌いの耐心家
 5.経営感性を持つ細心家

ほとんど理想に近い。なぜなら、几帳面な人ほど融通がきかないのと同じで、大きな野心を持っている人間ほど努力をしない。プライドの高い人間ほど一つのこ とに情熱を燃やせない。また、物事に執念を持って取り組む人間ほどオタク的な性格を持っている。さらに負けず嫌いな人間ほどキレやすく、我慢することがで きない。そして、経営感性にすぐれている人間ほど大雑把で、デリカシーにも乏しい。

人を動かすというのは、強権を発動して自分の命令通りに動くロボットやイエスマンをつくることではない。本人の成長を第一に考えて、そのことと会社の発展とを絡み合わせた的確なアドバイスを行ったとき、人は自分の意思で行動を起こすようになる。


p.202
社員に3つのタイプ。ひとを動かせるのは第一のタイプだけである。
 1.自ら仕事に燃えられる自燃力のあるタイプ。
 2.他人が仕事に燃えるのを見て、刺激を受けて自分も燃えるタイプ
 3.まったく燃えない、あるいは燃えようとしないタイプ。
 

p.18
能力の差は5倍でも、意識の差は100倍まで広がる。
 

p.104
夜遅くまで残業をする人よりも、朝30分早く出社する人を重視する。
 

p.100
成績よりも、トップのポリシーに共感できる人を使え
 

p.98
仕事も人材もベストを求めずベターを追求せよ。


遅まきながら、MindManager試用版を使いだしました。第一印象として、「直感的でイケてる」。
 
とにかく早い。そしてビジュアル的、一覧的。
書き出すだけなのに、なんか楽しい。バババっと書いていって、
 
「これとこれって関連あるやん」
 
というのをドラッグして、ツリー配下への変更などが超簡単。
 

今まで、エクセルでWBSを作っていて、セルをコツコツ編集する作業がない。また、スケジュール、進捗、優先度を1コマごとに追加できるので、見やすい。また、エクセルの表からのインポート、パワポへのエクスポートもツリーごと、全体まるごとなど可能。タイマー表示機能もついていて、時間を決めたアイディア出しができる。
 

これは買いかも。
しばらく使って、買ったらまた報告します。社内にもLite版を導入しようかな。



使いだし20分程度、思いついたまま入力操作した画面。



私が現在使っているツールをご紹介します。
 
メモ:
Rhodia/ロディア ブロック No13【方眼】 cf13200
ロディア No.13


お客さんとのMTGもこちらを使用。1セッションごとにメモってちぎって保管。対応が完了したり、転記したらシュレッダー。1セッションは1時間以内に終わるように意識して、両面メモ量を超えるようであれば業務に工夫や見直しが必要と考える。
 
スケジュール管理:Group Session (社内で使っている、フリーのグループウェア)1つのみ。スケジュール帳、手帳は持たない。社内共有にも効果あり。バックアップは毎日。PCを持っていないとスケジュール確認ができない弱点あり。割り切る。

todo管理:Group Session+CMS(締切とタスクリストをGSスケジュール欄に入力、今できること、乗っていることをかたっぱしからやっていく。計画性、優先度付に難あり。)

議事録:CMS(社内MTを立ち上げてエントリー、コメント欄で確認)

社内への作業依頼:CMS(社内MTを立ち上げてエントリー、進捗管理)

だんだん増えてきました。


今、すべての社内の情報、管理ファイルのWeb化プロジェクトをスタートさせました。
(勤怠報告、出張交通費申請、週報、各種申請(稟議、予算申請)、各種報告管理、ナレッジベース)
もちろん、印刷機能もつけます。今はまだ規模は小さいですが、「大きくなったときの効率を準備するんだ。」との将来を目標に。


1234
RSS登録