株式会社レップワン 代表取締役 福田兼児

株式会社レップワン
代表取締役 福田兼児

プロフィール


派遣から始まるトータルサポート
株式会社レップワンの専門職、派遣サービス特設サイト
レップワンの実績検索ナビ
レップワンの実績検索ナビ
株式会社レップワン
会社公式サイトにリンクしています。
企業情報システムのノンストップ運用を支える、インフラに特化したIT技術者の常駐サービスを提供しています。
Replog! 株式会社レップワン スタッフによるブログです
株式会社レップワン スタッフによる公式ブログ
鋼鉄セキュアサービス
Cisco ASAシリーズで安心の日々を。
Oneway Good Communication from Osaka Japan
大阪近郊のおすすめ情報を英語で発信しています。
カテゴリー
バックナンバー
TOPページ > 2008年11月のエントリー一覧

先日社内GLに受験を指示した、pwaについて今日受験しました。大阪会場でも400名以上の受験者がおり、取りくんでいる方の多さにびっくりしたとともに、改めて知識を得た部分もあり、効果を感じました。
 

今回は私を含め、社内で5名に受験命令を出しています。私は言いだしっぺとして、「合格必須」です。直近の帰社日では、山澤君が書いているようにプレッシャーをかけました。オッズの結果を見たときは
 

ショック!!
 

でしたねsmile。帰社日MTGで私が行った30分のプレゼンの説得力て!? 


さて、今回新たな意識がありました。突貫・・の勉強中、試験中に、
 

「他のメンバーはしっかり勉強しているだろうか、合格するだろうか」
 

と、他受験者のことを考えていたのは初めてでした。これがマネージャというもの。
 

今、事務所に戻って今回の取り組みの再確認+GLが答え合わせ(えらく盛り上がっている)を行っています。もちろん、全員合格を目指しています。結果はまた社内MTG、ブログで発表します。 
 

受験を通して、皆の基礎知識・意識が共通化されれば、必ずよいスパイラルを生むはずです。pwa、とっかかりとしてオススメです。試験結果は、2009/1/8に郵送されるようです。


今日のMTGでは、GLに今年の実績や反省を簡潔にアピールしてもらいました。そこでは、

「今からも、来期もゼロベースからやっていくということ。」

ちょっとした実績もあるかもしれないが、本当に変わらないと、厳しい状況は乗り切れない。今までの私の甘えの部分もありますから、他人がどうこうといえるモノではない。来期のためのゼロベース思考を取り入れていきます。テンション上げていきます。

移動中に聞いてオォッシ!となるような曲は、アップテンポなマイナー調。歌モノハウスもムンムン聞きます。


踊れ

Micro 踊れ!



J-POPでは、SING LIKE TALKING とか、SEAMO、Bennie-K を聞くことが多いです。


11月4日の厚生労働省発表資料、
 

「労働者派遣事業の適正な運営の確保及び派遣労働者の就業条件の整備等に関する法律等の一部を改正する法律案」について
 

によると、
 

別紙1 ページ4
 単価情報を公開せよ、教育制度などを整備せよ
 

と、あります。派遣事業者に対する、文書指導実施件数は年々増加しています。
(平成15年度約1,000件→平成19年度約6,500件)
 

こちらの法案の施行は来年の10/1〜らしいです。さぁ、レップワンの半歩先が当たり前の時代になってきました。ウチも教育制度などの弱点がありますが、課題は克服します。
 

ピンチの時こそ、実はチャンスに違いない。


先週末はGL合宿を行い、会社運営の課題の明確化、棚卸や年棒設定、来期目標設定、活動スローガンの決定などなどを行いました。初の試みで、非常に効果がありました。
 

さて、経営者としても一番気になるのは年棒設定・・・。つまり、人件費について、従来では各個人と交渉を行うことはほとんどありませんでした。交渉力のある人間が有利になってしまうのでは、という懸念から一発提示を行っています。しかし、対話をもっともっとしなければいけないことを改めて認識しました。人の給料というものに絶対的な答えはないです。
 

当然、無い袖はふれませんがあまりに世間的な評価とかけ離れてもいけない。比べる先にもよりますが、同業、同列他社に比べると”まだ”高いという評価はもらっています。世間的な絶対評価や相対評価、条件(会社制度や将来性、家族関係など)は加味しないといけない。同じような金額でも「もらっている」という人間と「少ない」という人間、いろいろな感じ方があるようです。
 

昨年度の国税庁の資料では、平均給与は437万円。となっています。これってほんまかいな。偏差すら発表していないので実態を表しているとは思えない。しかも平均給与は年々下がっている!下がっていること自体は即悪いことでは無いとは思います。同じ1円当たりの価値が上がっていれば得られる対価も同じということになる。ただ、日本にあるお金が一定だとすると、給与水準が業界ごとに偏り過ぎているなぁ。体力<知力というのはわからないでもないけど・・。オカネや経済は不思議だ。
 

さて、レップワンでは平均給与の傾向にはめげることなく来期もベースアップを達成します。正直、来期の見通しは明るいものではなく、今年より厳しい状況になるでしょう。人件費の上昇はできれば、避けたい。しかしこの時期だからこそ、ベースアップによって皆の奮起、変化を促したいと思い決断しました。皆の結果によってベースアップ分をまかなえば、結果としては成功です。
 

結果は誰もわからない。だからやらねばならぬ。毎年そうですが、2009年度はググっと行くか、勝負の年です。
 



今日、今年度まで助かっていた”大きな売り上げ”が、来期失注することが決定しました。
 
来年”もしこのままいけば”、年間2000万円以上の売上、粗利益で400万円以上が吹っ飛ぶことになります。
 

下請けの悲哀。元請けさんからの一言に、
 

何も言えねぇ!!
 

立ち上げ当初からお世話になったお客さんですし、何か言うどころか、「今までありがとうございました。」と感謝をしています。さ〜〜来たるべき時がきた、と言う感じ。
 

イッツグルーヴィ!notesshine
 

こういう状況は、楽しみながら、絶対に打開する。そして次は歓喜の
 

屁の突っ張りでもないですから!!
 

を。サーバ構築・運用チームが丸ごと空きました。いかがです??


1234
RSS登録