株式会社レップワン 代表取締役 福田兼児

株式会社レップワン
代表取締役 福田兼児

プロフィール


派遣から始まるトータルサポート
株式会社レップワンの専門職、派遣サービス特設サイト
レップワンの実績検索ナビ
レップワンの実績検索ナビ
株式会社レップワン
会社公式サイトにリンクしています。
企業情報システムのノンストップ運用を支える、インフラに特化したIT技術者の常駐サービスを提供しています。
Replog! 株式会社レップワン スタッフによるブログです
株式会社レップワン スタッフによる公式ブログ
鋼鉄セキュアサービス
Cisco ASAシリーズで安心の日々を。
Oneway Good Communication from Osaka Japan
大阪近郊のおすすめ情報を英語で発信しています。
カテゴリー
バックナンバー
TOPページ > 2008年8月のエントリー一覧

旅は感性を創る。なんて言ってみたくて、1日休みを利用して
 

ベネッセアートサイト直島地中美術館などがある 直島
 

に行ってきました。ここは好きな場所で何年かに一度、訪れています。あいにくの雨模様でしたが作品を目の前にして"ナニか"を感じることができました。
 

pumpkin.jpg

有名なカボチャ :-)
 

「1枚の絵は千の言葉に匹敵する」
 

と言われることもあります。絵や彫刻などの"空間芸術"は言葉や音を発しませんが、その作品と対峙し、感じて、考えないと、意味がない。作者は作品に想いを込めている。それが何かは考えないとわからない。考えた結果を誰かに話すこともできる。今回は3回目に訪れましたが、訪れるたびに、最初に感じることが違っていることは事実です。
 

1回目:圧倒:建築物や作品、その才能のスケールの大きさにびっくりして「スゲー」で終わった。
2回目:親近感:なんとなく、言いたいことがわかるようなわからないような気がした(少し涙が出た)。
3回目:解析:素材が何でできているのか、仕組みがどうなっているのか。構図がどうなっているのか。と観察した(冷静だった)。
 

とか。
 

行くたびに自分の立場も状況も変わっています。モノのとらえ方も変わって然りでしょう。上から「円だ」と見ても、斜めから見たら「円スイ形」かもしれません。そこに気づくことができる人間になれているかどうか。
 

ともあれ、作家さんたちの才能と勇気に乾杯。また、アートスペース代表の意思は、直島自体を世界一の文化スペースにする、という壮大な目標があるそうです。
 

自分は何ができるのかなぁと大阪に考えながら帰ってきました。
 

直島、オススメです。大阪から車で4時間くらい。四国汽船のフェリーに乗ります。宇野港出港に合わせてプランを立ててみてください。昼食は、讃岐うどんの店山本うどん店がバッチリオススメです。昼どきは混む+天ぷらとかが無くなるので早めに行ってみてください。
 

pumpkin2.jpg

宮ノ浦港で迎えてくれる赤カボチャ。


先日のエントリーでお父さん、お母さんの役割分担を教えられたと書きました。その続きとなる、先日教えられたことがあります。
 

お父さん、お母さんの一人二役は難しい。
 

また、
 

お父さん役二人だと組織はつぶれる
お母さん役が二人いると組織は伸びない

  

ということも教えていただきました。つまり、
 

怒られてばかりだと、部下は委縮して何もできなくなる。
ほめてばかりだと、緊張感がなく強引さがなくなる。
 

といったところ。仕事で思い切り叱り、懇親会で慰労しても、どこかで自己矛盾があったら部下はピンと来ない。それを補完する人間が必要だ。と。
 

教えていただいた先輩は元々、楽しい情報と組織力を世に送り出すのは無敵のR社にいらっしゃった方で、人心掌握の妙を持つ剛腕部長です。
 

さて、お父さんにしても、お母さんにしても、会社に対して「ウチらは家族だ」という気持ちや、将来像の共有ができていることが大事でしょう。また、共通の目標に向かって走ることが大事。
 

右腕・・・。
社内から出てくれることを期待しています。
 

私も、目標設定、達成。設定、達成。周囲への期待へのトライ、トライ、トライ。それはそれは強い意志を持たないといけません。


最近は
 

CP
 

とかいて、コストパフォーマンス、と言いますね。
さて、CPと書いてしっくりくるのは、会社サービスも外食もしかり、ワインもしかり。
 

「私はワイン好き。」というおしゃれさんでもないのですが、たまに飲むワインは、赤、フルボディがうれしい感じです。
 

が、高いワインは手が出ない。そこはデイリーワインの中からCP高いものを。
 

マンガ「ソムリエ」を見て買っていた、「ラ・キュヴェ・ミティーク」がいつの間にか大手扱いになって高くなってらと、オススメなのが、
 
 
080827.jpg
CH マルバ from 成城石井


です。普段はビール党ですが、たまーにワインを飲んでくったり。頭も痛くならないっす。
 

ワインて確かに高いけど・・・チャンポンしたら酔う、ていうのは俗説で、基本的には摂取アルコール量の値で酔いは決まります。
 

※計算問題
 普段は、スーパードライ500ml×2で酔っぱらい。てことは1000ml×5%=50ml
 スーパードライで酔うとなると、330円×2=660円

 対してCHマルバ。
 1本あたりのアルコール量は750ml×12%=90ml
 
 酔うには50ml必要。50/90=約0.56

 750ml*0.56=420ml
 
 CHマルバ1本の6割程度飲めば、ビール1Lと同じくらいのアルコール量。
 根拠になる?ならない?
 

ともあれ、気持ちのよいお酒を。


ガーン。開きなおっている場合じゃない。
 

例のTOEIC、2回目受験の私のスコアは440点。社内で3番目でした。わーい1回目より、20点上がった。ってかっこわりぃ!
 

もとい、TOEICのスコアレベルは
 

Eランク(10〜220):コミュニケーションが出来ない。
Dランク(220〜470):通常会話で最低限の会話が可能。
Cランク(470〜730):日常生活はOK。限定された範囲内での業務上のコミュニケーションが可能。
Bランク(730〜860):どんな状況でも適切なコミュニケーションができる素養あり。
Aランク(860〜990):外国人として十分なコミュニケーションが可能。
 

らしい。
440点も、220点も一緒の扱いかいな。クジ運レベルの話か。
 
当たり! 
 

わがレップワンの成績はほぼみんながDランクに・・・
 

ア〜クセス!!!!
 

さて、レップワン受験者の平均点は・・・
 
 
 

代表として、恐ろしくてここでは言えません。
現存の契約を失注しかねない点数です。
 

英語力。
 

これからのビジネスマンに必須であることは間違いない。マニュアルやエラーメッセージを読み解くエンジニアにもあるに越したことはない。
 

ウーム。。
 

社内英語講座を考えるべきか・・。
それともあきらめ、ドメスティックオンリーで行くべきか・・。
 

フフフ。
実は、レップワンはグローバルカンパニーを目指してます。
 

真実は一つ。
理想は国境を超える。 
アリは巨象を倒す。 
 

日本国民の三大義務。
 

納税・勤労・教育
 

消費税Up?各種税金Up?
納税より、教育が一番大事だと思うなぁ。


レップワンでは1年に1回、大阪東京の全スタッフを集めて総会を行っています。主な発表内容としては、
 

・今期実績+今期見通し
・今後のビジョン+アクションプラン
・社内通知事項
・グループごとの実績発表
・表彰
など。
 

去年までは私が一人で作成、発表することが多かったのですが、今年から運営はグループリーダに任せて、アドバイスを行っていく形式にしました。
 

やってみて思ったのが、
 

「自分一人で行うより複数人であたった方が、よいものができる。」
 

というものです。意思のあるプレイヤーの人数が多いほど、アイディアもアクションも大きくなる。
今年は総勢20余名の出席でした。私はその前で発表を行うと同時に、
 

「自分はこの者たちの代表なのか。」
 

と感慨深くもなりました。しかしそんな思いにふけっている場合じゃない。まだまだ、スタートラインにも立ったか立たないかの会社です。
 

「人を動かす」
 

ことの重要さを再認識し、自分自身が大きくならねば、会社の成長は成しえない。と、決意新たな2008年度総会でした。
 

IMG_7381.JPG
↑表彰式事前の様子↑


12345
RSS登録