株式会社レップワン 代表取締役 福田兼児

株式会社レップワン
代表取締役 福田兼児

プロフィール


派遣から始まるトータルサポート
株式会社レップワンの専門職、派遣サービス特設サイト
レップワンの実績検索ナビ
レップワンの実績検索ナビ
株式会社レップワン
会社公式サイトにリンクしています。
企業情報システムのノンストップ運用を支える、インフラに特化したIT技術者の常駐サービスを提供しています。
Replog! 株式会社レップワン スタッフによるブログです
株式会社レップワン スタッフによる公式ブログ
鋼鉄セキュアサービス
Cisco ASAシリーズで安心の日々を。
Oneway Good Communication from Osaka Japan
大阪近郊のおすすめ情報を英語で発信しています。
カテゴリー
バックナンバー
TOPページ > 2006年9月のエントリー一覧

今回は”事業”について書きたいと思う。

しかし、そろそろもっと具体的な記事をエントリしていきたい。私のブログに欠けているものは、数字、現実感、時代感。だと思う。どうも概念的でいかんいかん。。評論家になっては。

事業家というものは、

あらゆる手段を使ってアイデアや思いを形にする者、顧客をHappyにする者

のことだ。

言うは易し 行うは難し である。

このブログを通して足元から見つめなおして行きたいと思う。

さて、端的・短絡的にいえば事業とは、何かを産み出し市場で売ることだ。そこには実業も虚業もあるだろう・・が、お金が関わる以上、それは事業である。

また、組織で行なうにしても、個人で行なうにしても、規模の大小は関係なく事業である。

私は

事業=歴史を変えること

と思っている。

歴史を変える。

というとたいそうに聞こえるが、なんてことはない。

町のコンビニ開店でも、世界初のソフトウェアエンジンの開発でも
歴史が変わることに変わりはない。

そこになかったものが、できるようになった。

が、事業である。
 

・新鮮野菜、品揃え豊富な食材を売るスーパーマーケットが自宅の近くにできた。
 

事業である。
 

・グッズやサービスによって仕事まみれな毎日に感動・癒しを与えられた。
 

事業である。
 

・クリック一つで買い物ができるようになった。
 

事業である。
 

つまり事業とは

顧客や時代のニーズ・ウォンツを感じ取り、満たす。

ことである。

商品
サービス
知識
経験
感動
ノウハウ
セオリー

etcetc
 

事業とは無⇒有のギャップを代価で頂くことだ。 
 

レップワンの現在のコア事業はIT技術者派遣である。本事業に関するレップワンの事業意義は・・
 

【顧客】
確かな技術者を、必要な時に必要なだけ調達することで、効率のよい売上拡大やタスク解決を図る。
 

【技術者】
現状でよろしくない条件・業務内容で稼動している技術者を、よい条件、キャリアを描ける案件に導く。
 

である。私の当面の事業目標は

・柔軟かつ高付加価値な人材集団による、顧客事業支援
・明確なビジョン・情報の共有による技術者集団の創出

である。後発会社ゆえの信念にそって、他社に負けないような結果を出していきたい。

そして、その先は

人材契約市場の歴史を変えること

を目標としている。
 

・固定レートの採用
・売価・仕入れのOpen化
・技術者協同組合の創出
・フリーランス支援
・技術者向けWebサービスの開発
etcetc
 

それらに付随した自社サービスの立ち上げもしなくてはならない。
 

無から有へ。
言葉から形へ。
挑戦を信頼へ。

 
レップワンの事業はまだまだこれからだ。
 

次回は、「東京と大阪の違いについて」書きたいと思います。


レップワンの事業・労働条件に、参画・合意することを明示している者

がレップワンのスタッフである。
 

レップワンのようにハード(工場や店舗設備)を持たない会社の場合、ソフト(人材・サービス)が重要なのである。
 
21世紀。
 
会社組織は変わっていく。転職市場は活気に満ち、ポジティブな人材、変化に適応力のある組織が生き残る。

社内はできるだけフラットにしたい。が、指揮命令系統は必要であろう。今のところ全てのプロジェクトは私の裁量・決断で進行する。つまり、レップワン=福田兼児である。この点は早く改善しなければならない。

レップワンは、立ち上げ時のクレド(信条)として、

プライド
常に前進
誠実

をあげた。レップワンは

個人商店の集まり

をイメージしている。それぞれが得意分野を持ち、活気のある商店街のような社内風土にしたい。

さてそこで、スタッフと組織の関係についてである。
スタッフが組織に所属する意思はどんな理由からであろうか。それは次の式が成り立つはずだ。

期待と依存>責任と貢献

・・私はこれだけのことを果たした。だから会社にはこれだけのことをを期待する・・

スタッフの期待と依存に応えることのできない会社は存続する理由はない。他にもスタッフが会社に所属するには理由があるはずだ。組織の過去・現在・未来で考えられる。

・過去
 会社の実績・規模・社歴

・現在
 会社の事業内容
 報酬など待遇面
 社会貢献性
 代表のカリスマ性

・未来
 将来性・先見性

Rep1には歴史はまだない。
スタッフと組織の間には、共存共栄のバランスが必要でありそのための明確な意思表示が必要である。お互いの関係において、虚偽や盲信はあってはなあらない。
 

組織という船の目的地を決めるのは、船長である経営者である。
スタッフは選ぶ。乗る船はメガキャリアか。専用船か。ヨットか。
船の船荷になるか。運転エンジンになるか。航海士か。
船長は目的地の魅力をスタッフに説かなければならない。
船長はビジョンを通して、航程をスタッフに示さなければならない。
船長・スタッフは力をあわせて航程に漕ぎ出さねばならない。
スタッフは乗った船によって、自分のポジションは決まってくる。
乗った船は鉄船?木船?泥船?
泥船であれば、船長は乗組員を逃がさなければいけない。スタッフは逃げなければならない。
順風満帆なときでも、船長はスタッフに備えを諭す必要がある。
嵐の時、攻撃を受けたときには、力をあわせて乗り切らなければならない。

組織とスタッフの関係とはそういうものである。
もちろん、スタッフが船長に魅力を感じ、力をあわせよう!と志を一つにすること。も大前提である。


今回もレップワンの IT人材派遣事業の事業分析(4P+T分類)について書きたい。

4P分類とは市場戦略のために自社サービスを以下の視点で分類することであるが、私はここに「 T 」を追加したいと思う。「 T 」とは ターゲットのTである。誰に売るか、ということにも注目したい。ウォンツ・ニーズを的確に把握・分析・反映することはマーケティングに一番大事なことである。

Target:ターゲット
Product:製品
Price:価格
Promotion:プロモーション
Place:流通

---------------------------------------
●株式会社レップワン IT人材派遣事業 4P分類
---------------------------------------
Target:ターゲット
ターゲット(サービス提供先)はSI業界とITエンジニアの2つである。

図1:SI業界とITエンジニアの橋渡しを行う
レップワンの事業ドメインはIT業界である。
が、さらに細分化し、IT(情報システム)を提供する、SIer(エスアイヤー)業界がターゲットである。
日本のSIerは常に優秀な人材を欲しがっている。そこに対して、人材サービスを提供することが一つのドメイン。
 ⇒ちなみに、SI業界は広義のIT業界であるが、その実は違う。

また、個人のITエンジニアは技術はあっても営業力や情報収集力、交渉力に乏しい場合が多い。その乏しさに対して、代行事業を行なっていくことが一つである。
これは現在社内において定型化を急いでいる(営業代行、個人事業主開業申請・各種手続き代行、その他ツール提供など)。

ターゲットの概要は、
ITエンジニアの需要供給マッチング
であろう。

そこで発生・派生するのが上記のような代行事業である。
つまり、

レップワンと契約する人材が、キャリア形成を信じて、気持ちよく、便利に稼動できる環境を創り出すこと。

また先行く道には、

同業者組合を創出して、組織を超えた活動を行い、組合構成員へのサービス提供+組合の市場影響力向上を目指す。

がある。


Product:製品
人材サービスである。
つまり、レップワンと直接契約する人材が創りだす”付加価値”のことである。IT技術者の中でもレップワンは、インフラ系(サーバ、ネットワーク)に特化している。インフラの企画・設計・構築・運用に関わるサービスを提供できる人材の提供に集中している。

もちろん、レップワンの人材は業務を問わず派遣先事業者と協調し顧客サービスの価値向上を達成することをミッションとする。


Price:価格
レップワンの課金できるサービスは人材サービスである。
人材サービスというのは非常に価格設定が難しい。提供業務や人材のキャリアによって、一意な価格付けができないのだ。
4Pの中でも非常に重要なプライシングに、一定のルールがないのは業界の特性である。同じ人間なのに、こちらでは60万円、こちらでは50万円くらいの差が平気で発生する。

また、レップワンの人材事業は後発であるため、低価格による受注に陥りやすい。業界構造(下請け・孫受け)において下位のため、価格設定を元請とリンクせざるをえないことにある。価格設定の主導権が握れない以上、市場を見据えたプライシングは難しい。だが、ダンピング受注はしないようにはしている。しかし、案件内容に魅力があれば採算をはずして考えている。

また現在、レップワンの価格設定基準はコストプラスである。

人材に対して、これくらいの年棒で抱えており、そのための経費・利益をプラスした値付けをしている。他の会社と違うことは、技術者の年棒を顧客にオープンにしていることだ。

たとえば、レップワンと技術者が、業務委託契約の場合

技術者の単価×110% =レップワンの最低受注希望額

ex)
技術者に支払う月額基本金額=60万円
レップワンの手数料=6万円
顧客(元請)提案単価=66万円(税別)

となる。
人材サービス業界に、分かりやすい課金体系を持ち込むことがレップワンの挑戦である。


Promotion:プロモーション
人材派遣におけるプロモーションとは、二つのターゲットが必要である。

1:顧客
2:人材

である。顧客アピールがないことには、案件を確保できない。人材アピールがないことには商品(人材)を仕入れられず、売ることすらできない。

その前提で、レップワンのプロモーションは

1:直接営業活動
2:インターネット(HPおよびFind-jobによる広告)

に依存している。まだまだプロモーションと呼べる段階ではない。
人材トラフィックを集めなければ勝算はない。一番力を入れなければいけない分野である。


Place:流通
人材流通という点で、その販路は間接販売である。エンドユーザ事業所にたどりつくまで、いくつかのSIerを通っているからだ。直接契約ができればいいのだが、ゼネコンと同じ、階層構造にはばかられる。
かといって階層構造が悪いのか、とは言わない。エンドユーザ、大手SIerができない人員の雇用を我々が担っている。また、そういった人材支援要請の市場があるからこそ我々の商売(人材派遣)が成り立つのだ。

よく、「受託はしないのか」という質問を受けるが、レップワンの答えはNoだ。

レップワンは、情報システムを利用したお金の儲かる仕組み+お客様に喜んでいただけるしかけ

の企画・創造・販売会社を目指している。

また、流通と言う観点では人材派遣会社は

人材(スキル)を市場に流通させる会社

と定義することができるのではないか。そこで、大手派遣会社に属する方に言いたい。

「あなたは所属会社に本当に満足していますか?」

と。

自分スキルに流通コストがあるとしたら、それは安いほうが自分の利益は増えるはず。
ただ流通させるだけではなく、より魅力的なスキルがつく会社はどんな会社だろう。

レップワンは、お客様(ユーザ企業、技術者)の喜ぶことを第一に考えている。
 
サービス拡大、魅力化はまだまだ始まったばかりだ。

次回は、「レップワンスタッフについて」書きたいと思います。


1
RSS登録