株式会社レップワン 代表取締役 福田兼児

株式会社レップワン
代表取締役 福田兼児

プロフィール


派遣から始まるトータルサポート
株式会社レップワンの専門職、派遣サービス特設サイト
レップワンの実績検索ナビ
レップワンの実績検索ナビ
株式会社レップワン
会社公式サイトにリンクしています。
企業情報システムのノンストップ運用を支える、インフラに特化したIT技術者の常駐サービスを提供しています。
Replog! 株式会社レップワン スタッフによるブログです
株式会社レップワン スタッフによる公式ブログ
鋼鉄セキュアサービス
Cisco ASAシリーズで安心の日々を。
Oneway Good Communication from Osaka Japan
大阪近郊のおすすめ情報を英語で発信しています。
カテゴリー
バックナンバー
TOPページ > 006OFF・食 > ビジネス合宿(2/2):見えて、見えず。知って、知れず。
Feb
21
2016

ビジネス合宿(2/2):見えて、見えず。知って、知れず。

高松の栗林公園は有名らしく、たくさんの旅行者(大陸からの)がいた。

kagawa2.JPG  

今回の旅で、数年来行きたかったところにやっと行けた。

 

 ノグチ・イサム庭園美術館

 

世界的に有名なデザイナー。 「あかり」の作者だ。

丸み というのはその幼児性を表すらしいが、ホッコリの極地って言うんだろうね。

 

再度直島にわたってみた。このブログを見返してみると、どうも4回目らしい。

 

タイトルの

 見て、見えず。知って、知れず。

  Seen,Unseen.Known,Unknown.

はデ・マリアの有名な彫刻作品だ。

前回までとは違い、作品や場所を客観性、距離感をおけて見れた気がする。

 

・・・自分には、できない世界。

 ・・・自分とは、関わりのない世界からの訴え。

 

でも、なにか「わかる」気がした。芸術と言うのはヒトの根底に訴えかけるものなのだろう。

 

直島は高松から近いんだね。と4回めにして初めて気付いた。

 

結局、なんにも知らない、知らなかったんだよな。

それを知った時って、どうなんだろう。


2016年2月21日 コメント (0) トラックバック (0)
このエントリーのトラックバックURL



コメント投稿
※は必須項目です。(メールアドレスは公開されません)
名前※
メールアドレス※
URL
本文※

RSS登録