株式会社レップワン 代表取締役 福田兼児

株式会社レップワン
代表取締役 福田兼児

プロフィール


派遣から始まるトータルサポート
株式会社レップワンの専門職、派遣サービス特設サイト
レップワンの実績検索ナビ
レップワンの実績検索ナビ
株式会社レップワン
会社公式サイトにリンクしています。
企業情報システムのノンストップ運用を支える、インフラに特化したIT技術者の常駐サービスを提供しています。
Replog! 株式会社レップワン スタッフによるブログです
株式会社レップワン スタッフによる公式ブログ
鋼鉄セキュアサービス
Cisco ASAシリーズで安心の日々を。
Oneway Good Communication from Osaka Japan
大阪近郊のおすすめ情報を英語で発信しています。
カテゴリー
バックナンバー
TOPページ > 003会社運営

今年の年頭あいさつで、「当事者意識」に言及した。

 

(私は大苦手な)好感度抜群タレントが謝罪会見をしていたようで、

 

 「そんな騒ぐことなの?関係ないじゃん。」

 

と、他人事に思っていて、2名の女性にインタビューしてみた。

 Stevie Wonder   Part Time Lovers

 不倫の歌なんだよね。妙に観客も盛り上がってるような・・。

 

1人は花街の方、1人はex-wife だ。花街で働く1人の女性は、

 

 「ダメだよ。 芸能界じゃ」

 

と言う。

 

花街やTVの向こうに夢と祭りを見ていた者にとって、信じていた理想像がその価値を覆す「裏切り者」となった場合の仕打ちたるや。フェイクの世界。人気稼業は大変だネ。 

 

そもそも、「法律」はなんのためにあるか?

 

 害の対立する両者の落とし所」を見つけるための人類の知恵

 

だと定義できる。だとしたら、「婚姻」という法律は

 

 「本来、利害が一致するはずがない男と女」を守るための傑作前例集

 

というわけだ。

 

形のないフワっとした恋愛から、結婚式、指輪という儀式 / 儀礼をめでたく通過し、契約締結によって即ち法の保護下、拘束下におかれる。

 

で、不倫というのは、

 

 「スタートから法律違反というのはアカンやろ!」

 

という世間の道徳+法の論理である。相手国の主権侵害みたいなもの。戦争のきっかけだ!でも、

 

 「自由という権利」に対して、世間は「未熟というレッテル」を貼って自己正当性を保つ。 

 

はて?

 

我々は成熟社会の落とし子。 自由恋愛党、美人派所属 で何が悪いのさ。

※(not only ルックス、but also 才能) スカウターなんてとっくに壊れたんだ。

 

 

さて、もう一人はex-wife 。ちょうど話す機会があったので聞いてみる。

 

 「ダメなわけ?」

 

 「ダメよ。」

 

 「なんでLINEのやり取りが表に出るわけ?」

 

 「あれは妻に違いない。抜き取って出版社にリークしたんだヨ。」

 

 とってもワルい笑顔で目の前の肉を切っている。

 

 「あなたもしてたじゃない。奥さんの行動、わかるわ~。まだまだあるよ。言おうか?」

 

 「・・・(忘れてた。アカン話題。) いや、おいしい食事中なのでもういいです。」

 

 

これこそ「当事者意識」でなくして何だろう。

 

 

自分がしたら、されたら。か。

よくわかった。

 

 

私は、仕事へは当事者意識120%だが、プライベートでは当事者意識をさっぱり持てない。

 

 

世に出ない醜聞など星の数ほどあるだろう。 だいたいは他人事なんだが、たまに自分事になる。

 

他人事であれば、ダメだよね~(総論)となるが、

自分事であれば、しょうがないか(各論)となる。

 

逆もしかり。

 

また、売れっ子タレントの謝罪は、「世間の道徳」にではなく「当事者の利害」に向けられているのだ。虚像タレントは、世間の消費、ムダな広告費によって実際は「億」を稼いでいる。そこには目をつぶって世間は応援していたのに、許せんというわけだ。
 

 

当事者にならないのが一番の処世術でもあったりするが、そんな人生はつまらないと思う。

 

 

スタッフの「当事者意識」を書きたかったんだが。自分の当事者意識の無さのお披露目となった。

 

 

これをまさに、「下衆」というのかな。

人間は生来オスとメス。 それらが営む人生なんてしょせん喜劇なんだよ。

 

 

「やっちゃった、テヘ。」じゃいかないんだろうけど。


社内ではあまり活用が無かったビルボードライブの法人契約を、今年で終了する予定だ。

お接待にもあまり使えなかった。音楽好きな人が少なく、あまり汎用的ではないらしい。

銀行担当者にも、「社長の趣味ですか」と言われる始末。

 

アーティストと呼ばれる方々を生で見ることで、琴線に触れることもあるはずなのだがなぁ。

利益から費用を出している以上、差配は意見を反映したい。が、意見が無いんだよなぁ。

 

昨夜、リシャール・ガリアーノ (Richard Galliano )という人のライブに言った。

知らない人だったのだが、ムチャかっこよかった。

実はボタン式アコーディオンを操る世界的にとても有名な人らしい。 タンゴ。

 Tango pour Claude クロードの為のタンゴ

 

やっぱり、賃金に反映するのが一番いいのだろうか。

そもそも、個人の嗜好にまでカイシャが首を突っ込むのは成長時代の遺産か。

悩ましタンゴ。


昨日私用で名神高速道路を走っていたところ、以西のいくつもの市町村の消防車や救急車が編隊となって東京方面に走っていました。

ボランティアで現地へ。

ということはできないので、会社の有志として、できることをしましょう。
・寄付
・衣料品
・節電
を送るとかになるんでしょうか。行為自体が自己満足ではよくない。

人々のチームワークが必要です。


今日は少し、シリアスな話をしたいと思います。
 

私は派遣会社・ITサービス会社の代表です。しかし、私には持論があります。それは、
 

「人材派遣会社は、必要ない」
 

という、のっけから自らの存在価値を否定するような発言です。
 

なぜか。
 

そもそも、派遣会社のような形態は今に始まったことではなく、江戸時代よりも前から人足手配師のような商売は存在しています。
 

人を必要としている案件に対して、仕事を探している人をアサインする。
 

立派な結果だとは思います。しかし現代日本では、そこで終わってはだめなんです。派遣として、現場で働く人の不安は、とうていぬぐえません。
 

マズローの法則(欲求の5段階説)によると、
�@生理的欲求・・生きること
�A安全性欲求・・・安全を確保したい
�B社会的欲求・・・だれかとshareしたい
�C自我の欲求・・・認めてほしい
�D自己実現欲求・・・生きがい、明確なライフワーク

です。
 

派遣で働く人にとって、「働く場所ができた」ということは、まず第2段階の安全は得たということでしょう。incomeがあれば生きることはできる。
 

しかし、派遣先で働いていて、責任のある仕事もあんまりない。自社の人間もよく知らない。何のために働いているのか。結局、
 

自分が誰だかわからない
 

こう思っている人は多いのではないでしょうか?
 

私は社内外の派遣スタイルで働く方によく以下を聞きます。
 

・派遣元も信じられない
・派遣先も信じられない
・信じられるのは自分だけ
・でも、将来に不安をとても感じる
・・・だから、いてもたってもいられない。
 

私はこの状態を自分で、「ロスト アイデンティティー」と呼んでいます。
「アイデンティティークライシス」という単語はあるようですね。
 

自分が誰だかわからねー!
 

それは不安なことでしょう。絶対に不安です。もがいても、もがいても出れないジレンマ。解決策も見つからない。でも・・・
 

将来への不安?
 

そんなことはみんな持っているんです。
 

前述のとおり、理想としては派遣会社など必要はない。と思っています。じゃあなぜ、自分で必要のないと思うそんな事業を行っているのか。
 

それは、
 

我々が理想を追わなければ、他社が時代に甘えたサービスでのしていく。
だから私は人材サービスに挑戦する。

 

自分自身も派遣社員でしたし、個人事業主でした。月収10万円程度のワンコールワーカーを経験したこともあります。本当に悩んでいました。仕組みを知り、ひょんなことから派遣される側から派遣する側にまわって、業界を変えたい。と思ったから、今があります。
 

話はそれますが、レップワンの顧客様で、ソフトウェア製品を扱う会社の方がいらっしゃいます。しかしその方ははっきりと言っていました。
 

「ウチの製品はあんまりオススメしないよ。」
 

これです!この感覚は持っていなければいけません。会社というものはともすれば情報が閉鎖的になります。働いている自分たちが主役となって、客観的に見つめる必要があります。
 

まーた、ドコモ(ついに呼び捨て)の話ですが、トップベンダーしか相手にしないはずのApple社のiphoneをソフトバンクに譲った彼らの敗因は、
 

自らを見ていない
 

です。
 

「ウチが勝てるだろう。こういうの作っておけばユーザは買ってくれるだろう。チャレンジャーの真似しときゃいいじゃん。」
 

そんな時代はとっくに終わっています。自浄作用の無い会社は滅んでいきます。私は、NW品質がよくなければとっくにドコモから乗り換えています。最近またドコモが意味不明なCM打ち出したんで、


な〜にが「Answer」じゃい!その前に「Question」やろ!
 

と。
 

もとい、また話がそれました。孫正義さんよろしく、既成をかえてやろやないか!と、人材派遣業界の巨人に立ち向かう姿勢だけは絶対に持ち続けているから、めっちゃ不安だけど会社をやっているのです。
 

さぁ、世の派遣スタイルの悩める諸氏へメッセージを送りたいと思います。


まず、自分を見て、自分を好きになってください。
そして、もっともっと周囲に自分を打ち明けてください。
自分が何をするべきなのか、そこからヒントを得てください。
そして、コツコツ始めてください。打たれてもめげないでください。
何もしないのに手を差し伸べてくれる人、いきなり自分がヒーローになれることはありません。
 

難しいでしょうが、千里の道も一歩から。です。
他人と過去は変えれないけど、今からの自分は変えれます。
 

ロスト アイデンティティからの復帰こそ、今、求められていることだと思います。
 

私もつい4年前まで参った参ったの時期もありました。でも、私ができるなら、皆さんもできるはずです。
 

ここに私が人材派遣を始めたときに作った資料をUpしました。ちょっと内容が硬いですが、今日の話とリンクしている感じです。


大阪から小一時間も電車に乗れば、こういうローカル線に乗る機会があります。姫新線と言います。

20080419123359.jpg

営業の面白さとして、新しいお客さんにお会いすることももちろん、知らない土地や交通を利用することも楽しいです。

また、普段オフィス街やディスプレーの前で仕事をすることが多い私にとって、自然や田舎というのは違う感覚を与えてくれる景色です。
 

確かにITというのは、一つの道具、時代のトレンドであります。しかし、その活用度は、大阪と”兵庫県のちょっとはずれ”でも全然異なる。
 

ITというのは詰まる所、
 

「いろいろな情報を、いかにして処理するか」
 

という一言に尽きると思います。
今日行ったところでは、人の量や、情報量が圧倒的に違う。そういう土地に対して、
 

「ITを活用すればもっと便利になる!」
 


 

「ITの文化がない。必要ない!」
 

というアプローチをするかは考え方次第だと思います。播磨地方によくある、にっぽん昔話のアニメのような光景はとてもゆったりしていて、スピード重視の昨今とはまた違った感覚を与えてくれます。
 

私の事業創出目標として、
 

「業界に依存しない、一定の人々が必要とすることの商いを作る」
 

ということが一つあります。一定の人々というのは、その方たちの、環境でもし好でも特にこだわりはないです。
 

もちろんあくまで長期的目標であって、いますぐ仕掛るものではありませんから少し先の話です。そんな中、レップワンで最近お問い合わせが多いのが、
 

個人事業主支援事業
 

です。このサービスをやろうと思ったのは、私自身が”図らずも”、個人事業主という労働契約になったとき、税金や社会保険のことがチンプンカンプンだったので、他の方のせめて力になれれば、と思ったことがきっかけです。
 

また最近、私の周囲の方の傾向として、
  

「勤めていた会社を辞めて、LLPを立ち上げたり、独立する」
「すぐに転職するのではなく、準備、休息期間を設けて自分の将来を考え直す。」
 

を、お見かけする機会が多くなりました。
 

世間ではよく、独立者(事業所得者)とサラリーマン(給与所得者)、と言うのを区別したがる傾向があるようです。そもそも和製英語である、「サラリーマン」。こちらの語源の一つとしては、
 

昔、(たしか兵士)に支払われる給料は塩であった。
塩はラテン語で「サラリウム」という。
「サラリー」というのはそこから来ている。
 

ということがあると記憶しています。
日本では、
 

・給与所得者は源泉徴収や年末調整
・事業所得者は確定申告
 

によって税金を納めることが慣例となっています。しかし私は、そこに「雇用形態」をリンクさせるから解釈がおかしくなるのだと思っています。
 

つまり、「納税形態」と「雇用形態」は切り離して考えるべきなんです。


です!
 

アメリカでは確定申告は個人の義務です。でもこのトピックの意見は長くなる+敏感な話題なのでまた別の機会に。
 

そこで、ホームページには取りかかっていると書いている、個人事業主支援システムです。実はまだ超超超ラフスケッチ(pdfファイル)なんです。
 

しかし、事業を立ち上げるにあたってそのサービスが
 

「誰もやってないから、やる」
 

のか
 

「誰もやらないが、それはやる必要がない、ニーズウォンツがない。」
 

からか。その仮説をいくつも考え、
 

「それが何であれ、実現する」
 

していくことこそ、仕事の醍醐味かな。このシステムは今後どう進むか、私も楽しみです。ほんま仕事たくさんあるわ〜(^−^)v ありがたや。もちろん、手を貸してくれる人をもっともっと募集中〜!



12345
RSS登録