株式会社レップワン 代表取締役 福田兼児

株式会社レップワン
代表取締役 福田兼児

プロフィール


派遣から始まるトータルサポート
株式会社レップワンの専門職、派遣サービス特設サイト
レップワンの実績検索ナビ
レップワンの実績検索ナビ
株式会社レップワン
会社公式サイトにリンクしています。
企業情報システムのノンストップ運用を支える、インフラに特化したIT技術者の常駐サービスを提供しています。
Replog! 株式会社レップワン スタッフによるブログです
株式会社レップワン スタッフによる公式ブログ
鋼鉄セキュアサービス
Cisco ASAシリーズで安心の日々を。
Oneway Good Communication from Osaka Japan
大阪近郊のおすすめ情報を英語で発信しています。
カテゴリー
バックナンバー
TOPページ > 001仕事日記 > 2018年度始めのご挨拶
Jan
01
2018

2018年度始めのご挨拶

2018年度始めのご挨拶

                           株式会社レップワン
                               代表取締役
                               福田 兼児

 新年が明け、株式会社レップワンはおかげさまで15期目を迎えました。ごひ
いきを頂いている方々に改めて感謝を申し上げます。前年の売上も過去最高の
売上となりました。

昨年11月に「IT派遣の特設サイト、キャリマッチ」を運営開始、当社の情報
公開手段として活用していきます。サイトのスローガンとして、

 「人が人を呼び、仕事が仕事を呼ぶ会社」

を設定しました。当該サイトで数字を明らかにしているように、当社はある程度
効率的な運営ができているのではないかとは思います。が、それは同業同列他社
への相対的な優位性であり、将来への成長や拡大にはまだまだ課題が残ります。
 
さて、昨年度の合言葉は「自知」として一定の知見を得ました。アメリカ人の某
が言ったそうです。

 「人間は、競争、税金と死からは逃げられない。」

と。確かにビジネスは勝負であり、数字です。その人間には必ず序列があり、

 ・自意識(他人とは違う)
 ・自尊心(それが他人より優れている)
 ・自己主張(それを知らせ、わからせたい)

といった私欲私権で社会は動いていると、改めて感じます。「キレイゴト」の
裏には必ず「下心」があるものです。

そこで、今年の標語は「脱力」とします。

 手を抜くのではなく、力を抜く。

相対化(他人や他社との比較優位を目的 / 目標にしてしまう)や前例主義のワナ
に陥ることなく、自らの価値観を大事に、当社を買ってくれるお客様と健やかに
進んでまいります。

脱力した立ち位置から、少し新しいことをやってみようと、ユルリと参ります。


2018年1月 1日 コメント (0) トラックバック (0)
このエントリーのトラックバックURL



コメント投稿
※は必須項目です。(メールアドレスは公開されません)
名前※
メールアドレス※
URL
本文※

RSS登録