MENU

人が人を呼び、仕事が仕事を呼ぶ会社

対顧客のこだわり

売り込むより、選ばれる会社

  • 顧客の量より、顧客の質

    当社の顧客はすべて、「一流の企業」であり、
    「マナーのあるご担当者」です。
    共に長く歩むパートナーとして、
    時間効率のよい仕事をスマートに進めています。
    中間マージンを増やすだけの会社とはお取引をしません。

  • 1機能、1ブランド

    選考サンクコストが高くなるため、比較提案はしません。
    業界リーダのメーカ、ブランドのみご提案します。

  • 失注対応

    追客はしません。
    「勝ちに不思議の勝ちあり 負けに不思議の負けなし」(松浦静山)
    失注分析を行い、潔く笑顔で次回への準備をします。

  • 営業スタイル

    セールスが得意ではありません。Webのみの集客です。
    行列ができる、おいしい蕎麦屋にまず必要なことは、
    「立地」でもクーポンなど「販促」でもなく、「旨い蕎麦」を作ることです。

  • CRV重視

    CRV営業(Customer Recommend-Review Value)を重視しています。
    信用(任せる)、信頼(継続信用)、価値(対価への正しい成果)
    の無い商いは絶対にしません。

  • 接待について

    「受けた恩は一生忘れるな。施した恩はすぐに忘れろ」
    顧客と共にする消費から発生する文化があると考えています。
    ただし、岡藤正広氏(伊藤忠商事社長)が掲げたように、「110運動」飲む酒は「1」種類、「1」次会まで、 午後「10」時には切り上げる、を目指しています。
    もちろん、お酌も「1」度目だけです。